冬あそび2・だれの足跡?

もうすぐ3月。まだまだ氷点下の旭川にも、日中は春の到来を感じさせるような、あたたかい陽が射すようになってきました。
ここは旭川郊外、一面の雪景色。丘にふわふわの雪が降り積もって不思議な、ゆるやかな稜線になっています。

あれ?遠くに何か見えます。
わかるでしょうか?点点点、と均等についた跡。

人の足くらいの大きさに見えますが、深い雪の中をこんなに整然と歩くのは至難の業。
まさか小熊?? …なんてことはなく、キタキツネが歩いた後に風で雪が盛り上がってできた跡なんだそうです。


長い長い冬ももう終盤。春が来るのが待ち遠しいですが、冬のうちにしかできないことも今のうちに楽しみたいと思います。

例えば、冬限定のストーブ料理。ストーブの上に鍋やヤカンを置いておくだけで、煮込みもお茶用のお湯もいい具合にできちゃいます。らくちん。
Facebook コメント)
Twitter
comments

精密な木工職人とデザイナー夫婦でつくる、大切に使いたいもの

丹野 ゆり
つくり手
丹野 ゆり
たんの ゆり
プロフィール
精密な木工製作を得意とする丹野雅景と、デザインや受注を担当する丹野ゆり、夫婦でものづくりをしています。
自宅と工房は田んぼや林に囲まれたのどかな地域にあり、四季ごとの移ろいを肌で感じ、家族と暮らす時間も大切にしながら仕事をしています。
そうした日々から生まれたものは手にした人にもホッとしてもらえるのではと考えています。
つくり手がつくるGuideBook 旭川ガイドブック
関連商品