旭川駅グランドオープンイベント「木工の市」

今日、11月23日に新旭川駅がグランドオープンしました。駅舎は以前より広くなり、木のまち旭川らしい温かみを感じるデザインになりました。その記念として23〜27日に行われるイベントのうち、26・27日に開催される「木工の市」に参加します。

「木工の市」には地元のクラフトやおもちゃを扱う作家やショップが集まり、販売やワークショップが行われます。
私はtekのアイテムのほか、to・mo・niさん、丹野雅景さん、Leaf Styleさんの商品を持ってイベントに参加してきます。その一部をちょっとだけご紹介しますね。

まずはLeaf Styleさんの乳歯入れ。家具の端材を活用してつくられています。レーザー(焼き印のように焦げたような跡ができます)で名前と誕生日を入れられるオーダー品です。
続いて、「旭川ガイドブック」の書き手でもある丹野雅景さんの名刺ケース。これはボタンを押すと引き出しが飛び出す仕組みのワンプッシュシリーズです。
 こちらも同じく「旭川ガイドブック」に参加している to・mo・niさんのコードマネージャー。今回のイベント限定で稀少な樹種も登場します!

tekとしては通常製品の販売のほか、工作感覚で簡単にできるクリスマスオーナメントのワークショップを行います。厚手のフェルトを切ってカラフルな紐をつけるだけ。お好みでデコレーションしてもOKです。tekオリジナルの型があるので絵が苦手な方やお子さまでもつくれます。(予約不要)

ほかにも、当日は「陶芸の市」や大道芸フェスティバル、地元の食材を使用した食べ物の販売も企画されていますよ。


旭川駅グランドオープンイベント
日時 11月26日(土) 10:00 - 17:00
   11月27日(日) 10:00 - 15:00
場所 旭川駅南側通路

Facebook コメント)
Twitter
comments

精密な木工職人とデザイナー夫婦でつくる、大切に使いたいもの

丹野 ゆり
つくり手
丹野 ゆり
たんの ゆり
プロフィール
精密な木工製作を得意とする丹野雅景と、デザインや受注を担当する丹野ゆり、夫婦でものづくりをしています。
自宅と工房は田んぼや林に囲まれたのどかな地域にあり、四季ごとの移ろいを肌で感じ、家族と暮らす時間も大切にしながら仕事をしています。
そうした日々から生まれたものは手にした人にもホッとしてもらえるのではと考えています。
つくり手がつくるGuideBook 旭川ガイドブック
関連商品