「森のめぐみの子ども博」の様子

11月5・6日に新宿区四谷にある東京おもちゃ美術館で「森のめぐみの子ども博」が行われました。全国から木でおもちゃをつくる職人が集まるイベントで、昨年に続き2度目の開催です。

私は北海道代表として、同じく「旭川ガイドブック」でブログを掲載中のクラフト ブラウンボックスさんと一緒に旭川のクラフトを集めて販売してきました。
こちらはtekの商品。右端に写っているのはコサインさんの小物商品です。

こちらはブラウンボックスさんで扱っている旭川クラフトの品々。子どもはもちろん、大人たちにも「かわいい!」と人気のコーナーでした。

こちらはおもちゃ美術館内に展示された「グッドトイ」と呼ばれる優れたおもちゃの数々。

開催前にNHKで報道されたこともあって、2日ともかなりの混雑がありました。会場のどこに行っても縁日のような賑わいで、あちこちで歓声が聞こえました。

旭川のクラフトはイベント期間中のみの販売でしたが、この美術館では常時たくさんの素敵なおもちゃの展示や販売を行っています。子どもだけでなく、大人でも楽しめる内容です。お近くの方はぜひ遊びに行ってみてくださいね。
Facebook コメント)
Twitter
comments

精密な木工職人とデザイナー夫婦でつくる、大切に使いたいもの

丹野 ゆり
つくり手
丹野 ゆり
たんの ゆり
プロフィール
精密な木工製作を得意とする丹野雅景と、デザインや受注を担当する丹野ゆり、夫婦でものづくりをしています。
自宅と工房は田んぼや林に囲まれたのどかな地域にあり、四季ごとの移ろいを肌で感じ、家族と暮らす時間も大切にしながら仕事をしています。
そうした日々から生まれたものは手にした人にもホッとしてもらえるのではと考えています。
つくり手がつくるGuideBook 旭川ガイドブック
関連商品