「てのひらに」05.17

晴れ(相模原)

お伝えしておりました、第二回 銀座・暮らしの商店街 終了しました。

affordanceは後半4日間の出店でしたが、魅力的な物と出店者さんに囲まれて、

おかげさまで良い機会となりました。

お越し頂いた皆々様、どうもありがとうございました!

 


そして、本日からクラフトフェアまつもと企画展「てのひらに」に参加しております。

affordanceではなく小川弘記 名義になってます。表記は違えど中身は一緒です。

下記企画展詳細です。

 


クラフトフェアまつもと企画「てのひらに」
日程|2019.5.17[金]- 5.26[日]
時間|9:00-18:00
※ 休業日|5.20[月]
会場|栞日分室[List2F] 長野県松本市大手5-4-24
―
「てのひらに」は、その年の「クラフトフェアまつもと」出展作家が、

「てのひらに」をテーマにつくった作品を、フェア開催に先立ち展示販売する企画展。

毎年、〈クラフトフェアまつもと実行員会〉が自ら開催している本部企画で、今年は栞日分室が会場です。

それぞれの作家が「てのひらを見つめた先に広がる世界」とは。
―
◎ 出展作家(五十音順・敬称略)
會田竜也 / 朝倉綱大 / 浅田真理子 / 有永浩太 / 石川理恵 / 梅川茜 / 太田良子 / 小川弘記 / 川村友美 / 城崎月甫 / 久保田由貴 / 倉田篤志 / 近藤健一 / 佐藤久志 / 中川紀夫 / 中村奈津美 / 中村智美 / 橋本瞳 / 松島しづ / 山野直子 / 山田憲栄

お近くにお出掛けの際は是非!

 

 

affordance  革鞄と革小物と、味のある暮らし 

 

 

余談

 


 

先日(13日)放送のnews every.(日テレ)で
tongue(コンパクト財布)紹介して頂きました。



有難いことに反響も頂いております。

謙遜ではなく、TVに出たからと言って凄いわけではないです。

それ以前も以降も中身は一緒です。

大いに威張りたいとこですが、オモテに出てない人で凄い人を知ってるので

恥ずかしさしかないわけです。。。

 

昨日あたりから落ち着いてきています。

今日も制作、明日も制作。

制作のなかで自分を見てます。理想とは程遠い。

 

ps

家族には自慢しましたけど...少しだけ。

 

 


Facebook コメント)
Twitter
comments

affordance = 心理学者J・J・ギブソンが作った言葉。
物事・環境が動物の行為を促している。という意味です。

何気ない日常の中で生まれる様々な行為
affordanceはその一つのきっかけになりたいと考えます

小川 弘記
つくり手
小川 弘記
おがわ ひろき
プロフィール
展示/卸し販売をして活動しています。
日本で作っているオリジナルの革で裁断から仕上げまでの全行程を一人で行っています。

http://www.affordance-play.com
関連商品