新作。2019.04.16


晴れ(相模原)

昨年に形にしていたコンパクト財布。

(写真は自分で使っている物。右が1つ目、左が今使っている財布。)

自分で使ってみて。

あとは、展示などでご覧頂いたお客様のお声もあって、

いくつか改善できそうだったのでより良い形を探っていましたが、ようやく完成です。

 


tongue (コンパクト財布) 

 

品番:C-035 
価格14000円(15120円)
10×7,5×2,5(cm)

 


収納部屋は全部で4つ
(カード入れ2部屋/小銭入れ/お札)

 


カードも30枚ほどは収納可能です。

(以前の形はカードポケット1部屋で部屋いっぱいにカードを入れると取り出しにくさもありましたが、

2部屋にした事で容量が増えたのはもちろん、カードを取り出しやすいようにそれぞれくり抜きました。

ここが大きく見直した点です)

 


ぎゅっとまとめましたが、
大きく見渡せてそれぞれ取り出しやすい作りにしています

 


くり抜き(V字にえぐったのでカードを取り出しやすくなってます)

 

 



 

こちらは旧型。(私はカードをあまり持っていないのでこのタイプでも十分でした)

完成品はカード部屋の他にも小銭ポケットとお札ポケットそれぞれ形を整えてます。

 

 


サイズは以前とほぼ同じ、手の平サイズ。(厚みが2ミリほど増してます。縦幅/横幅は同じ)

 


写真:上が今使っている財布。

3ヶ月ほど使っていますが結構味が出てきてます。

 


 

HPにも近々掲載予定です。

何かご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

info@affordance-play.com

 

 

    affordance  革鞄と革小物と、味のある暮らし  

 


Facebook コメント)
Twitter
comments

affordance = 心理学者J・J・ギブソンが作った言葉。
物事・環境が動物の行為を促している。という意味です。

何気ない日常の中で生まれる様々な行為
affordanceはその一つのきっかけになりたいと考えます

小川 弘記
つくり手
小川 弘記
おがわ ひろき
プロフィール
展示/卸し販売をして活動しています。
日本で作っているオリジナルの革で裁断から仕上げまでの全行程を一人で行っています。

http://www.affordance-play.com
関連商品