ビングデザインセンターOZONEにて第14回椅子塾展



本日より「第14回椅子塾展」に出品します。

この展覧会は椅子デザイナーの井上昇先生が
1999年に設立した「椅子塾」の塾生とそのOBによる展覧会。

椅子塾は現在80期を迎え、国内外で活躍中のデザイナーを含め卒業生は314人とのこと。
今回、m4もOBとして参加させていただき、下記3点の家具を展示いたします。


1点目は季刊誌「住む。」61号にて紹介していただいたダイニングチェア"md401"。

掲載時からフレームの形状、座板、背板、全て少しずつブラッシュアップして
より掛け心地よく、より洗練された椅子を目指しています。



2点目は昨年発表したテーブル専門のブランドpaddleからラウンドテーブル。
八ヶ岳山麓で育ったカラマツの天板とステンレスロッドのフレームのダイニングテーブルです。

paddleは「名作(椅子に似合う)テーブル」。木製脚やスクエア形状の天板、
さらにエクステンションテーブルもラインナップしています。
ぜひ詳細は下記のurlよりご覧いただきたいと思います。
>https://www.paddle-finetables.com/



3点目は今年5月に家具メーカー同士が集ったブランド"intermaker"の小さなスツール。

"furnituremakers stool"と名付けたこのスツールは、友人で家具職人仲間の前澤さん(block atelier furniture)と制作したもの。前田がデザインを、前澤さんが製作を担当しています。旭川で修行した前澤さんの精緻な技をぜひご覧いただきたいと思います。

intermakerは、手仕事の家具をいろいろな視点で、広い視野で作りたいと立ち上げたブランド。
ここ数年の仕事も掲載されていますので、ぜひ下記のwebページもご覧ください。
>https://intermaker-furniture.jimdo.com/


▼第14回椅子塾展(入場無料)
▽2017年9月7日[木]-19日[火] 水曜休館
▽10:30-19:00
▽リビングデザインセンターOZONE 6F ロードサイドスクエア・パークサイドスクエア(163-1062東京都新宿区西新宿3-7-1)


また、9日には椅子塾セミナー「椅子デザインの現場から」と題したトークイベントが開催され、前田大作も登壇させていただきます。

▼椅子塾セミナー「椅子デザインの現場から」
講師:清水慶太(プロダクトデザイナー)、河東梨香(テキスタイルデザイナー)、前田大作(木工家)
聞き手:井上昇(椅子塾塾長)
▽日時:9月9日[土]15:00-17:00
▽会場:8Fセミナールーム
▽定員:50名(申込不要)

こちらにも合わせてご参加いただければ幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します。



Facebook コメント)
Twitter
comments

美しい暮らし。日本の生活様式を考え続ける前田木藝工房です。

前田 大作
つくり手
前田 大作
まえだ だいさく
プロフィール
工芸家。家業の「指物」に、今の暮らしの視点で取組んでます。…最近立ち上げたブランド「atelier m4」では工芸品とも工業製品とも違う新しい物作りを展開中。