「岐阜まつり」で神輿を担ぎました

私の暮らす岐阜市では、毎年4月の第一土日に、春の楽しみの一つとして岐阜まつりが催されます。
  


今年は天気も良く、満開の桜のもと、最高の祭り日和でした。


私は毎年、昼の部は
金神社奉賛会「岐阜睦」にて神輿を担がせていただいています。


岐阜市の中心部で開催される「道三まつり」にて、約
30基の神輿(みこし)約2,000人が参加する華やかな神輿パレード”に参加しました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

夕方からの宵宮では、毎年、生まれ育った地元 木造町の『町神輿』を地域の方々や友人達と一緒に担がせていただいています。

木造町の『町神輿』は、天保年間(1830-1843)に造られた本神輿で、総漆塗りでくぎが使われていないので、担ぐと神輿がリズム良くゆれるのが特徴です。

昭和63年に町の奉芸委員会が蔵で眠っている神輿を復活させ、平成9年に岐阜市の「重要有形民俗文化財」に指定され、平成23年に父親が大修理を依頼され、僅かながら僕も修理の手伝いをせていただきました。

神輿を担ぐ時の掛け声の”わっしょい”は「和す」や「和して」などのように、一緒に力を合わせる意味があるそうです。
 
 
桜並木の参道を練り歩く姿に、担ぎ手だけでなく、神輿見ている周りの人たちも一つになって楽しんでいる様子でした。

毎年たくさんの仲間たちや近所の人たちと神輿に肩を入れられる事、祭りがある町に生まれ育った事をとてもありがたく、嬉しく思います。
 

後世に残し伝えていきたい大切な行事です。

Facebook コメント)
Twitter
comments

木工業が盛んな岐阜県にて、「木のある暮らしの心地良さ」をテーマに、天然木を使った­自社オリジナルの木製品の製作、様々な分野で­活躍する専門家達とのコラボレート商品­の製作を­しています。
使い手の方の暮らしに寄添う木のものを心を込めてお届けします。

福井 賢治
つくり手
福井 賢治
ふくい けんじ
プロフィール
woodpecker(ウッドペッカー)代表:

自然の木が持つ五感に働きかける力をより多くの方にお伝えしたいとの思いでスタートしました。
日常の中でふと手にしてホッと寛げるような、そんな暮らしの道具を作り続けていきたいと思います。

www.hello-woodpecker.com
www.facebook.com/hello.woodpecker
www.instagram.com/woodpecker2007/

関連商品