ラグジュアリーマガジン「Precious.jp(小学館)」にて「まな板」と「カッティングボード」の違いを取材していただきました。



ラグジュアリーマガジン「Precious(プレシャス)」のWEBサイト「Precious.jp」にて「まな板」と「カッティングボード」の違いを取材していただきました。https://precious.jp/articles/-/9737
 

普段お客様とお話しをしていると「まな板」と「カッティングボード」この二つは一体何が違うのか?とご質問いただくことがあります。woodpeckerでは「まな板」には「いちょう」を、カッティングボードには「山桜」を用いて製作しています。


いちょうの木のまな板:毎日の料理には「包丁」の刃に優しいやわらかな「いちょうの木のまな板」がおすすめ。 

「まな板」用に選んだ素材「いちょう」は適度にやわらかいため、「包丁」の刃を痛めません。
また弾力性があるため、手に優しく表面が凹みづらいという特徴があります。


 


山桜のカッティングボード:ギザギザ刃の「ナイフ」を使ってカットする時には堅くて頑丈な「山桜のカッティングボード」がおすすめ。

「いちょう」に比べ「山桜」は硬い樹種のため、包丁の刃を痛めてしまいます。

硬くて丈夫な「山桜」はパンやチーズなどをカットとする「ブレッドナイフ」に適しています。
 

まな板、カッティングボードの違いや選び方、お手入れ方法なども、お話しさせていただきました。
下記ページにてご覧いただけます。
 

たくさんの方に読んでいただけましたら幸いです。

Precious.jp(小学館)https://precious.jp/articles/-/9737




この記事に関する商品
woodpecker/桜のカッティングボード 小
プレートとしても活躍する、桜のカッティングボード
woodpecker/桜のカッティングボード 小
生活のスパイスとなるような木製の道具たちを手掛けるブランド「woodpecker(ウッドペッカー)」のカッティングボードです。熟練職人が1点1点仕上げる丁寧な工程を経て作られるこちらのカッティングボードは、まるでアンティークのような雰囲気をもち、食卓の主役にもなる存在感です。桜のボードは、いちょう製のまな板とは違って堅いのが特徴の1つであり、食卓でパンなどを切り分けたりするのにも適した製品です。また、カッティングボードとして優れているだけではなく、ドライフルーツやチーズなどをのせてプレートのように使えば、食卓にカフェのようなオシャレな雰囲気を演出してくれます。食卓に置くだけで、料理を美味しそうにランクアップさせてくれるカッティングボードですから、おもてなしやホームパーティ好きな方への引っ越し祝いにおすすめです。
購入ページへ
  • woodpecker/桜のカッティングボード ロング
  • woodpecker/桜のカッティングボード 角
  • woodpecker/桜のカッティングボード 丸
  • woodpecker/いちょうのまな板 とんがり中
  • woodpecker/いちょうのまな板 まる大
  • woodpecker/いちょうのまな板 とんがり小
  • woodpecker/いちょうのまな板 まる 小
  • woodpecker/いちょうのまな板 とんがり ロング
  • woodpecker/いちょうのまな板 まる中
  • woodpecker/いちょうのまな板 まる 大と中の間
  • woodpecker/いちょうのまな板 とんがり大
  • woodpecker/いちょうの木のこどもまな板(両利き対応)
Facebook コメント)
Twitter
comments

木工業が盛んな岐阜県にて、「木のある暮らしの心地良さ」をテーマに、天然木を使った­自社オリジナルの木製品の製作、様々な分野で­活躍する専門家達とのコラボレート商品­の製作を­しています。
使い手の方の暮らしに寄添う木のものを心を込めてお届けします。

福井 賢治
つくり手
福井 賢治
ふくい けんじ
プロフィール
woodpecker(ウッドペッカー)代表:

自然の木が持つ五感に働きかける力をより多くの方にお伝えしたいとの思いでスタートしました。
日常の中でふと手にしてホッと寛げるような、そんな暮らしの道具を作り続けていきたいと思います。

www.hello-woodpecker.com
www.facebook.com/hello.woodpecker
www.instagram.com/woodpecker2007/

関連商品