四季の味ならぬ四季の家具 玄関スツール「リリー」板座タイプ

今朝、大阪は曇り空。

それでも気温は高くて、もう半袖のシャツで快適に

過ごせるようになりました。

そろそろ冷たいスイーツが恋しい、そんな季節です。

 

先日、家族で出かけた和食のお店で、

グラマラッカ というデザートをいただきました。

ココナッツミルクを使った、マレーシアのスィーツらしいのですが、

それを少し和風にアレンジしたもの。

とてもおいしかったです。

毎日いただく食事には、旬の食材を使うことで、

季節を感じることができます。和食は目でも楽しめて、

器にも季節感がありますよね。

住まいやインテリアの中でも、その季節に合わせて

模様替えや、設えを変えることで快適な毎日を過ごすことができます。

 


 

先日、納品した玄関スツール「リリー」はチェリー材の板座タイプです。

定番の布座ではなく、座面は無垢の木。

つるっとした手触りのチェリーは、これからの季節気持ちよく座ることができます。

見た目もすっきりとした感じになっています。

 

玄関は特に、人の出入りがあり、インテリアの印象を左右する場所。

季節感のあるものを飾ると、ぐっと暮らしが楽しくなると思います。

衣替えのシーズンには、お部屋のインテリアに少し変化を加えるのもお勧めです。

家具は、なかなか季節ごとに変えるのは難しいかもしれませんが、

小物や、インテリアアクセサリー、グリーンなどをうまく取り入れて

季節の設えを楽しむのはいかがでしょうか。

 

 

 

 


Facebook コメント)
Twitter
comments

うたたねは木の温もりを大切にした、生活道具を作っています。

杉島 郁子
つくり手
杉島 郁子
すぎしま ふみこ
プロフィール
うたたねは、大阪を拠点に活動するプロダクトブランドです。オリジナリティーのある木製家具やインテリア小物を、デザイン、製作、販売まで一貫して行い、産み出しています。「手を動かして考える」、「コミュニケーションを大切にする」そんなうたたねの活動をスタッフの杉島がご紹介します。
関連商品