-玄米初心者- ごはんと家具/2回目

日常に何気なくある「お米(ごはん)」と「家具」について
アンコメ(安東米店)マルミヤ
「ごはんと家具」と題したコラムを
月1回(たぶん)のコラムをゆるやかに発信しています。

前回の記事は、こちら 「-丸が多めです- ごはんと家具/1回目」

——————————————————————————————————————-

今回は、のお米「静岡県森町産にこまる」の「玄米」と
テーブルは「CONTE:ダイニングテーブル」での
「ごはん と 家具」です。

 

前回食べたお米は、同じ「にこまる」の「白米」でした。

アンコメは、お米を買う際に
「玄米」「部づき米」「白米」と
好みに合わせてその場で精米してくれます。


 

使用したテーブルは、「CONTE:ダイニングテーブル(2本脚)」

変わった形のテーブルが多いマルミヤの中で、シンプルな「長方形」
素材のウォールナットは、高級感と落着きのある色合いで
とても人気の木材です。


しかし、人気がゆえに値上がりや良質なモノが減ってきているのも事実です。
「少しでも良い木材を」と、いつも仕入れには一苦労。。。

マルミヤの太田も

「材料全部見たけど、良いのがなかった。」と
結局仕入れずに帰ってくる事もあるんです。

 

 

 

用意した玄米は、白米に比べて「浸水浸漬(しんすいしんせき)時間」
(簡単に言えば、お米に水を浸しておく時間)が掛かるので、
事前にアンコメで炊いてきたモノです。

 

こんな事をいうとハードルが上がってしまいそうですが、
炊飯器に「玄米モード」が付いていれば、
「白米」と同様に炊飯器でお任せでOK!
(炊飯器によっても異なりますが、炊き上がるまでに約1~2時間)

 

玄米のプチプチとした食感や
米ぬかの香りは、好みも分かれるみたいです。


「玄米は栄養価が高そう」

と思いますよね?

これは、

もちろん正解です!

 

でも、、、

 

白米に比べると消化し難く、
胃が弱っていたり、病気の時には
「お粥」にして食べた方が良いんです。

お米の種類や食べ方、
体調に合わせて「白米」にしたり
「玄米」にしたりと
いろいろな基準や価値の中で
自分にあったお米選びをするのも素敵だと思います。

 

「玄米」に付け合わせした
「ドライトマトのオリーブ漬け」


味が濃いので、ちょっとだけ乗せれば大丈夫。
写真だと梅干しみたいです。


玄米は、香辛料の強いお食事やお肉との相性も◎

前回の反省もしつつ、

「色んな人を呼んで、みんなで食べたらもっと楽しそうじゃない?」
「場所もマルミヤに限らず、アンコメに行くのもいいよね。」

などなど、
これからの「ごはんと家具」でやりたい事も話しながら
2回目はここでおしまい。

次回もご覧頂けたら嬉しいです。
全ての「ごはんと家具」のコラムはこちら

 

 

マルミヤ工房SHOP & ショールーム
静岡市駿河区八幡3丁目14-28
TEL:054-282-5500
OPEN 10:30~ / CLOSE 17:00
定休日:祝日
駐車場:4台ほど
*配達などで土日にお休みになる場合も御座います。
事前にお電話にてご確認頂けますと安心です。*





Facebook コメント)
Twitter
comments

~静岡の家具屋「マルミヤ」~
マルミヤは、静岡で無垢のダイニングテーブルを中心に製作しています。
リビング・ダイニングのレイアウトの中から考えた家具と、木の温もりが感じられるコーディネイト提案をしています。

太田 江美
つくり手
太田 江美
おおた えみ
プロフィール
株式会社マルミヤは「本当の意味でのオーダーメイド家具とは」を追求し、お客様のご要望に応えられるようデザイナー・職人ともに日々研鑽しております。
今まで培ってきた家具の伝統を継承しつつ、現在のライフスタイルに合った家具をお客様とともに作り上げていきます。

関連商品