風合いも手づくり

2017-03-05 09.56.45.jpg
ひよどりが、みかんの木に遊びに来る春の日。
ポカポカ陽気で、お洗濯日和。
そんな日は、生地の洗濯加工をします。

生地とくに麻は、繊維の太さや織りの細かさによって、
風合いが様々。
肌に触れる部分には、なるべくやわらかなものを…で、風合いも手づくりします。

調達した麻の生地を、まず洗濯機でお洗濯。パリッとさせていた洗濯のりを落とします。
続いて手洗い。たらいで、ゴシゴシゴシゴシ…
これでもか!というぐらいにもみほぐして、繊維のゴワゴワ感を取ります。最後に柔軟剤ですすいで脱水。
風通しのいい木陰で干して…ふぅ…

ひと手間かけた風合い、思った通りのやわらかさに仕上がった!
この生地、さぁ、どんな帽子に生まれ変わるかな?

吉岡 久美子 新着記事

髪飾りの標本展
髪飾りの標本展
2018/01/15 10:33
大晦日に咲く花
大晦日に咲く花
2017/12/31 16:16
冬の絵日記
冬の絵日記
2017/12/12 13:24
変な帽子…Vol.16
変な帽子…Vol.16
2017/12/11 15:16
ジャズ or ジャジュ?
ジャズ or ジャジュ?
2017/10/11 16:09
変な帽子…Vol.15
変な帽子…Vol.15
2017/10/10 12:55
Facebook コメント)
Twitter
comments

哲学する帽子職人

吉岡 久美子
つくり手
吉岡 久美子
よしおか くみこ
プロフィール
広告のコピーライターから帽子作家に転身。現在は、レディースを中心に制作中。家やクルマ、時計のように、ムダのない機能美を追求しています。
展示会・イベント
髪飾りの標本展
日程
2018/02/02(金)~2018/03/25(日)
場所
295-0024 千葉県南房総市千倉町平磯1301-1 安房暮らしの研究所内 gallery2×2