キャンプグッズ思案中

新型コロナウイルスの影響か、キャンプ場が賑わっているそうですが


そうなると、キャンプグッズも売上好調なようですね。


常務とも話しているのですが、

 

何か島安でも作れるキャンプグッズはないかなと模索中です。


木のマグカップなどは、売れてるみたいですけどね。


アウトドアのカップと言えばステンレスとか金属製なんでしょうけど


金属アレルギーとか、こだわりのある人は木製の物を選ぶようです。


ただ、木製だけでは難しいそうで、

 

何かアウトドアに適した機能の付いてるっていう方が


キャンプグッズとしてはうけるみたいです。


私はアウトドアテーブルとかどうかなって思いますけどね。


ソロキャンプでは、ミニマムに道具を選ぶでしょうけど、

 

グランピングなんかだったら、本格的な物も置くんじゃないかな・・・


グランピングはやった事ないんで、いまいちイメージが湧かないんですよね。


「グランピング」でネット検索した画像なんかを見ると、

 

高級なベッドが”どかっと”置かれていて

 

インテリアショップ顔負けのディスプレイなので、おしゃれって思いますけど、
 

これはホテルの敷地内でおしゃれなコテージが

 

大きなテントに変わったって感じなので、

 

その場所からあまり移動しない感じがしますから
 

私のイメージするグランピングとは、ちょっと違うかなって思っちゃうんですよね。
 

じゃー、テメーの思っているグランピングって何よ?って聞かれたら


やっぱ、撤収、収納しやすくてオシャレなアイテムって事になるのかと思うのです。
 

でも、今までのキャンプ道具とは違ってラグジュアリーな感じかなー。
 

島安が今まで考えた事の無いコンセプトなのでとっても難しい課題ですけど
 

何か1アイテムでもトライしてみたいなと思う今日この頃なのです。

 


【民藝雑貨&cafe 肚茶原】
https://www.facebook.com/harachabara/

 

 



Facebook コメント)
Twitter
comments

伝統の根来塗、モダン漆器の白うるし、世界遺産「熊野」ヒノキのエコ漆器など、うるしの枠を超えたテーブルウェアやインテリア家具を創造し続けています!

島 平
つくり手
島 平
しま たいら
プロフィール
創業1916年「島安」4代目の島 平(しま たいら)です。漆の世界に飛び込み、20年、まだまだ未熟者ですが、漆への情熱は誰にも負けないと思っています。

「I LOVE うるし」の精神で、普段使いからギフトまで数百種類のラインナップをご用意し、世界遺産「熊野」のエコ漆器、白うるしのモダン漆器、伝統の根来塗など、現代生活にゆとりを与え、なおかつ刺激を与える商品を提案していきたいと常に考えております。

島安の新たな取り組み”うるわしうるし”プロジェクト(https://www.uruwashi-urushi.com/)も是非楽しみにしてみてください!
ピックアップ商品
正角切溜三入子 オフホワイト
和洋両方に合うカジュアルに使える漆のお重
関連商品