肚茶原の手間を楽しむこと

肚茶原、夏向けに引戸を全て外してフルオープンにしました。

 


 

風が吹けば気持いいです。


ほんと心も洗い流される感じです。


店内ディスプレイはお洒落な骨董屋さんをイメージしました。

 


 


 


まあそれなりに上手くいったと思います。


ミラノで購入した、おまじない系の壁掛けもピッタリマッチしました。

 


 


逆光で見えずらいですが「SOGNA」と書いてあります。


イタリア語で夢とか白昼夢の意味だそうです。


ご来店頂いたお客様に夢心地になってもらえればと思い飾りました。


肚茶原の営業は、ほんと手間がかかります。


掃除に草刈りに剪定に、楽しんでやらないと体がもちません。


ただお客様に「気持ちいい場所ですね」と言われると


「そうでしょ」と思い、力が湧いてきます。


最近古民家体験民泊などのテレビを見ると、

 

肚茶原もいつかは体験民泊したいなと思います。


へっついさんを修復して、かまどで米を炊くとか、

 

五右衛門風呂を設置して薪割りから体験するとか、

 

畑のとれたて野菜で料理するとか・・・


どうです楽しそうでしょ。


未だ未だ先の話でしょうけど、夢は膨らむのです。


その前に、私も体験民泊したいなー。


紀美野町にも幾つか農家民泊あるんですよ。


今年の夏か秋にでも予約しようかな。


人数揃えないといけないそうなので、友達も誘わないと。


久しぶりに懐かしい友達にメールでもしようと思う本日なのです。
 


【民藝雑貨&cafe 肚茶原】
https://www.facebook.com/harachabara/

 

 



Facebook コメント)
Twitter
comments

伝統の根来塗、モダン漆器の白うるし、世界遺産「熊野」ヒノキのエコ漆器など、うるしの枠を超えたテーブルウェアやインテリア家具を創造し続けています!

島 平
つくり手
島 平
しま たいら
プロフィール
創業1916年「島安」4代目の島 平(しま たいら)です。漆の世界に飛び込み、20年、まだまだ未熟者ですが、漆への情熱は誰にも負けないと思っています。

「I LOVE うるし」の精神で、普段使いからギフトまで数百種類のラインナップをご用意し、世界遺産「熊野」のエコ漆器、白うるしのモダン漆器、伝統の根来塗など、現代生活にゆとりを与え、なおかつ刺激を与える商品を提案していきたいと常に考えております。

島安の新たな取り組み”うるわしうるし”プロジェクト(https://www.uruwashi-urushi.com/)も是非楽しみにしてみてください!
ピックアップ商品
正角切溜三入子 オフホワイト
和洋両方に合うカジュアルに使える漆のお重
関連商品