物を大切にする日本人

本日、海南の朝は-2度でした。

寒いわけだ。

何年かぶりにしもやけになったのもわかるな。
あー春が待遠しい。

はーるよ来い♪はーやく来い♪

唄になるのもわかるような気がしますね。


最近、島安で多くなってきたのが修理の依頼。

漆器を大切に使いたいと思うお客様の気持ちが伝わります。

大抵修理は高くつくので、
「買い替えた方が長い目で見ると安上がりですよ」って言っても、
「思い出の物だから」、「代々受け継がれてきたものだから」など、
漆器に対する思入れは日本人は強いですね。

修理の内容は色々ですね。

お椀お膳お盆重箱が多いでしょうか。

でもねーどうしても修理のきかない物もあるんですよね。
その時に、お客様に残念な顔されるのが辛いんですよ。

「ごめんね、ごめんね」と心の中で叫びます。

ですので修理の依頼が来ると緊張しちゃうんですよね。

「なんでも直りますよ。ノープロブレムですよ」って言えれば最高なんだがな。

でも、物を大切にする気持ちは日本人の良いところだなーと
改めて思う今日この頃なのであります。








Facebook コメント)
Twitter
comments

伝統の根来塗、モダン漆器の白うるし、世界遺産「熊野」ヒノキのエコ漆器など、うるしの枠を超えたテーブルウェアやインテリア家具を創造し続けています!

島 平
つくり手
島 平
しま たいら
プロフィール
創業1916年「島安」4代目の島 平(しま たいら)です。漆の世界に飛び込み、20年、まだまだ未熟者ですが、漆への情熱は誰にも負けないと思っています。

「I LOVE うるし」の精神で、普段使いからギフトまで数百種類のラインナップをご用意し、世界遺産「熊野」のエコ漆器、白うるしのモダン漆器、伝統の根来塗など、現代生活にゆとりを与え、なおかつ刺激を与える商品を提案していきたいと常に考えております。

島安の新たな取り組み”うるわしうるし”プロジェクト(https://www.uruwashi-urushi.com/)も是非楽しみにしてみてください!
ピックアップ商品
正角切溜三入子 オフホワイト
和洋両方に合うカジュアルに使える漆のお重
関連商品