珍しい塗りの末広皿がアウトレット!

先日、石川に行ったついでに、長男のアパートも訪問。
長男は山中で轆轤引きの修行中なのであります。

ただ今基礎コース2年を終了して、専門コースの1年目。
職人さんのいわゆる丁稚奉公なのであります。

「最近作った作品はないの?」って聞くと、
「ない」って即答されました。

「うーん。そうかーじゃーこれちょうだい」と
前から欲しいと思っていた、木彫りで漆塗りの仏手をおねだりすると、
あっさり「いいよ」と言ってくれました。













ラッキーです。でも何に使おうかなー。

ペンダントトップにするほど若くないしなー。
ただのオブジェとして置いてみるかな・・・

あーグッドアイデア。
島安茶道具研究所の研究材料にしよう。

どうだろう水指の蓋のツマミにでも使ってみようかな?
うーん斬新。

色々と構想と妄想が膨らむ、息子からのプレゼントなのであります。


さて、好評のまま進んでいる今年最後のアウトレット大週間
今日も商品紹介致しますよ。

昨日に引き続き、末広皿のご紹介です。




溜紫と言う珍しい塗で、霞根来紫根の元となった手法です。

迎春やお祝い事にうってつけの末広皿

この秋は、お値打ちなアウトレットで、
和風なコーディネートを楽しんでみては如何ですか。








Facebook コメント)
Twitter
comments

伝統の根来塗、モダン漆器の白うるし、世界遺産「熊野」ヒノキのエコ漆器など、うるしの枠を超えたテーブルウェアやインテリア家具を創造し続けています!

島 平
つくり手
島 平
しま たいら
プロフィール
創業1916年「島安」4代目の島 平(しま たいら)です。漆の世界に飛び込み、20年、まだまだ未熟者ですが、漆への情熱は誰にも負けないと思っています。

「I LOVE うるし」の精神で、普段使いからギフトまで数百種類のラインナップをご用意し、世界遺産「熊野」のエコ漆器、白うるしのモダン漆器、伝統の根来塗など、現代生活にゆとりを与え、なおかつ刺激を与える商品を提案していきたいと常に考えております。

島安の新たな取り組み”うるわしうるし”プロジェクト(https://www.uruwashi-urushi.com/)も是非楽しみにしてみてください!
ピックアップ商品
正角切溜三入子 オフホワイト
和洋両方に合うカジュアルに使える漆のお重
関連商品