かとう しの 2006年08月 記事一覧

3件中 1-3件
  • Vol 4 まわりを見る余裕

    2006/08/31 13:21
    SHINOです。 まだまだ残暑が厳しいですね。 本当なら前回の続きを書くつもりだったのですが、3回目のブログアップ にしてやっとゆっくりまわりをみる余裕がでてきました(笑) とは言ってもたくさんいらっしゃる「つくり手さん」のブログを すべて見ることもできませんから自分自身が興味ある作品のつくり手ブログ をランダムに読み、「ほお~」とため息をついておりました。 特にガラス作家の橋村さんのブログを読み、懐かしい宙吹きガラス時代に 思いを馳せ、後ろに目がついていないと危険なポンテ持ちが何人も うろうろする狭く暑い工房での日々を懐かしく思っていました。 橋村さん、ガラス歴10…
  • Vol 3 初心忘るべからず

    2006/08/19 12:25
    「学び始めた当時の未熟さや経験を忘れてはならない。 常に志した時の意気込みと謙虚さをもって事に当らねばならない」 広辞苑より これって・・・・なんか演歌みたいですね(笑) でも、この気持と共に私は思うんです。 初めてのことって1度きりなんですよね。だから最初の感動や感激って 2度目や3度目には起きません。 だから・・その瞬間、その時のことは覚えておかないといけない。 これは直感した時のその瞬間みたいなもので、「後でまた・・」なんてことは 絶対ない!断言してもいいです。 最初は最初であって、2度目でも3度目でも絶対無い。 そして逆を言えば、最初の感動がなければ2度目も3度目…
  • Vol 2 旧同潤会アパートでの出逢い

    2006/08/02 16:55
    さて、「エッグシェルカード」 このへんてこなもの、いったいどこからやってきたのか説明しますね。 カードのもととなる卵の殻との出会いは、今や表参道ヒルズとして名高い 旧同潤会アパートの一角でした。 数年に及ぶ陶絵付けのレッスンの帰り道、もちろん同潤会時代のアパートには エレベーターなんかなくて、木製のふるぼけた階段の先をふと見上げると そこに妖精の住みかのような別世界が広がっていました。 そう、エッグアートです。 実はエッグアートは中世以前の頃から歴史があって、割れやすくもろい卵の殻 を精巧に細工し(昔は本物の)宝飾品などで美しくきらびやかに装飾した ものすごい価値…
3件中 1-3件

アートのもつ力とアイデアを融合させた新しいエコクラフト

プロフィール
レフト‐ライトブレイン代表。リユースペットボトル・エッグシェルカードの特許権を取得しギャラリーショップでの委託をきっかけに本格的なクラフト活動を開始しました