★ ご挨拶 ★



寒中見舞い申し上げます。
今年最初のご挨拶となります。今年も一年よろしくお願いします。



さて、のんびりと過ごしていた今年の元旦のことです。
目線の先で、やけにいそいそうれしそうに愛犬がハウスと
違う部屋を行き来していたのを不審に思い後をつけていくと・・・


「が~ん」


冷蔵庫に入れずに涼しい北向きの部屋に置いておいたおせちのフタが
しっかりと開けられ、愛犬がお重を食べてしまった後でした。
・・しかし問題はそれだけではなく、
楊枝ほどの長さの竹串についたおせちまで飲み込んでしまったのです。



もう・・飼い主、真っ青!


それからというもの正月3が日の夜をまんじりとしないまま過ごし、
4日から診療をしてくださる動物病院に駆け込みました。
バリュームを飲ませレントゲンをかけたところ・・
・・・竹串がしっかり腸のなかでナイフのようにとんがっていました。
先生は「このまま便ででてくれば開腹しなくても大丈夫ですよ」と
おっしゃってくださったので、ひとまず安心したものの、
それからは毎日愛犬の竹串ウン○待ちでした。
新年早々運のつく話で恐縮ですが、結局2週間近くかかりました。


ところで昨今、犬やネコを飼っている方はとても多いことと思います。
驚くべきことに誤飲するものとして竹串はナンバーワンなのだそうです。
(いや、こんなことにナンバーワンもないだろうに・・・)
そして今回私自身飼い主として経験してみたわかったのですが、
竹串を頭で知っている人間にとって飲み込んだ竹串は、
いつまでもナイフのようにとがって、危険で、突き刺さる鋭利なものと
いうイメージがあり、心配で私は愛犬を抱きかかえることさえ
できなかったのですが、生きている植物がもつ天然の素質は素晴らしく、
竹串の竹は胃腸を通りやわいでいき、幾層にもなった材質がはがれ
分離したり、ふやけて排出されるのです。
楊枝などは木なので、同じようではないと思いますし、誤飲の
状態はそれぞれ違うとは思いますが、もし同じように竹串の
誤飲を愛犬がしてしまった場合など、どうか慌てすぎないようにして
下さい。


慌てた愛犬家のひとりとして、ネットで検索した様子によると
現在は人間の救急車のように動物レスキュー車として搬送中にも
車内で治療が施せる車があるようですし、
年中無休の動物病院、夜間のみの救急動物病院など対応が充実しています。
愛犬家の方は、事前にチェックしておくと安心だと思います。



そんなこんなで、やっと一安心。
我が家にとっての2009年がやっと始まったような気持ちの今日です。

かとう しの 新着記事

年始のご挨拶
年始のご挨拶
2014/01/07 10:00
謹賀新年
謹賀新年
2013/01/07 14:48
年始のごあいさつ
年始のごあいさつ
2012/01/09 08:00
★ Happy Easter ! ★
★ Happy Easter ! ★
2011/04/24 17:18
★ ぴょんっ ★
★ ぴょんっ ★
2011/01/07 09:56
Facebook コメント)
Twitter
comments

アートのもつ力とアイデアを融合させた新しいエコクラフト

プロフィール
レフト‐ライトブレイン代表。リユースペットボトル・エッグシェルカードの特許権を取得しギャラリーショップでの委託をきっかけに本格的なクラフト活動を開始しました