Vol 25. Simple Knitting

突然ですが、編み物が好きです。
冬になって寒くなると、毛糸玉みるたびにうずうずしてしまいます。
もちろん、もけもけさんほどすごいものは編めないものの、
編み始めると完璧にはまってしまい、途中呼ばれても
「ん・・・わかってる。きりがいいところでやめるから・・」などと
返事をしつつ一日没頭してしまいます。


いまふう共通言語で言うと、新しいゲームソフトを買ってしまったりして
攻略するまでやめられない止まらない。仕事してても、外出してても、
戻るとゲームの前・・・などという感じでしょうか?
どちらも「きり」なんてものは、すぐやってこないものなんです(笑)


という感じでさすがに生活を脅かされる危険があるため、
今年はこものを編むことにしました。
「こもの」とは、もうすっかりブームも落ち着いた感のある
「アクリルたわし」
かぎ針編みのアクリルたわしレシピはもうたくさんあるようなので、
棒針編みでシンプルに作ってみました。
(ちなみにかぎ針編みのレシピはAll Aboutさんの記事にあります↓)
http://allabout.co.jp/family/ecokaji/closeup/CU20050525A/
http://allabout.co.jp/family/ecokaji/closeup/CU20061030A/


私が棒針でつくろうと思ったのには実は理由があって、
これはいつもゲージを測らず突然編み始めてしまう横着者として、
模様編みのゲージを測るついでにたわしを作ってしまおうという
なまけものな考えなわけです。
安い100円アクリル毛糸と言っても並太も極太もありますから、
編み癖や目のつまりでサイズを見たりすることが充分できます。


今回使った毛糸はアクリル毛糸100%の極太(105円です)
(並太なら2本どりで編むとこのサイズになります)
棒針は8号です。相応のかぎ針も必要。
これで9センチ×16センチの長方形型タワシが出来ます。
簡単な手書きですみません。簡単な手書きですみません。


①まず、21目つくり目で編み始め、36段まで編みます。
②これを中表にして最初の段と編み終わりの段を合わせ、
かぎ針で伏せていきます。ここで筒状になったものを外表に裏返し、
模様が表にきちんと見える状態にします。
ちょうど19-20段目の編地部分が、このたわしの中心幅になり
厚みがでます。この段階で薄いスポンジなどいれることもできます。
③次に両サイドの開いているところをかぎ針で拾い目し、
細編みで伏せてしまえば出来上がりです。

4~5枚あると使いでがあります。4~5枚あると使いでがあります。



ロット番号の違いで色が揃わない!なんてことがないように、
シンプルな白で編んでみましたが・・・こうして何枚かまとめてみると、
家庭用やバザーだけでなく、ウエデイングシャワーの台所用品の
ひとつに加えることができそうな感じです!?

編地は表目と裏目のみの簡単なものですから、
よければぜひ作ってみてくださいね。





かとう しの 新着記事

年始のご挨拶
年始のご挨拶
2014/01/07 10:00
謹賀新年
謹賀新年
2013/01/07 14:48
年始のごあいさつ
年始のごあいさつ
2012/01/09 08:00
★ Happy Easter ! ★
★ Happy Easter ! ★
2011/04/24 17:18
★ ぴょんっ ★
★ ぴょんっ ★
2011/01/07 09:56
Facebook コメント)
Twitter
comments

アートのもつ力とアイデアを融合させた新しいエコクラフト

プロフィール
レフト‐ライトブレイン代表。リユースペットボトル・エッグシェルカードの特許権を取得しギャラリーショップでの委託をきっかけに本格的なクラフト活動を開始しました