お客様のレビューにおこたえします。「Papagenaの開閉について」

11月も最終週となりました。
寒くなってきましたが、風邪を召されてはいませんか?

もうすぐ今年も終わりだなあと思いながら、
今日はお客様からバッグにいただいた全てのご意見を、
もう一度読み返していました。

商品ページのレビューやメール、
お手紙などお客様からいただいた言葉は、
創業時からすべて大切に保管しています。

ご愛用いただいている様子をお知らせいただけると、
この仕事を選んでよかったなあと思います。

使っていてココが気になる等のご意見は、
改めて気づかされることも多くとても勉強になります。 

例えば、
先日いただいたレビューの中に、
Papagenaについてこんなご相談がありました。


(前略)
見た目の素敵さは想像通り、収納も思ったよりも入りました。
一つだけ気になったのは、バッグ開閉時のぎこちない動き… 

持ち手がリングなのと独特な形状の為とは思いますが、片手だとガバッとは開かず、
両手でガバッと開けると今度は閉める時に膨らみすぎた両面がどちらか片方に寄り添うようにペシャーっと凹みます。 

可愛らしいフォルムに戻す一手間が必要なのは新品のせいでしょうか… 
皮が柔らかく馴染んでくれば使いやすくなるのか不明なのでその分星マイナス1にしました。 



「ガバッと開ける」という言葉から察すると,
こんな感じでバッグを開閉されているのかと思います。

ガバッと開ける

上の写真はバッグの中身が見えるように撮影の都合で大きく広げていますが、
持ち手リングを「ガバッ」と外側に向けて広げてしまうと、
開閉のたびに手間取りますし、
バッグは形崩れしてしまいます。


持ち手リングは下の写真のように、
バッグが形崩れしない範囲で開閉してみてください。




持ち手リングを利き手と反対の腕に通した状態で、
利き手でリングを左右に開くと、
片手でスムーズに開閉いただけると思いますし、
バッグの形も開閉のたびに崩れることはありません。



実物を手にとっていただけないネット販売ですので、
わかりにくい点もあるかと思います。

ご購入前でもご購入された後でも、
気になったことは小さなことでもお気軽に、
ご意見やご質問お寄せいただけるとありがたいです。

この記事に関する商品
sunao/ハンドメイドバッグ Papagena black
大好評バッグが定番化!大粒スワロフスキーが輝きます
sunao/ハンドメイドバッグ Papagena black
数量限定で発売し、大好評だったsunaoの「black mosaic no.8」がついに定番化、フォルムや裏地に推敲を重ねて誕生した新バージョン「Papagena(パパゲーナ)」。国産なめしの高級皮革を立体的に編みこみ、手編みならではのやわらかなフォルムと、シックなBLACKがとても上品な仕上がりです。さらに留め具に使用した直径約25mmという大粒のスワロフスキーが、迫力すら感じさせるゴージャスさ。またねじり加工したアンティークゴールドのリングも上品です。バッグ裏地は、リバティ社のタナローンプリント「Strawberry Thief(ストロベリーシーフ)」。ウィリアム・モリスが1883年にデザインした、歴史を感じさせるプリントです。パーティーなどフォーマルな場はもちろん、お食事会などの普段のお出かけにもぴったり。
購入ページへ
  • sunao/ハンドメイドバッグ Papagena ivory
  • sunao/ハンドメイドバッグ Papagena blue
Facebook コメント)
Twitter
comments

ハンドメイドで生み出される『物語のある品々』

河本 静香
つくり手
河本 静香
こうもと しずか
プロフィール
スナオはバッグデザイナー+職人・河本静香が個人運営するブランドです。ほとんどのバッグは革の裁断や縫製、メッシュの編み込みなど、すべての制作工程を自らの手で手がけています。量産メーカーでは扱えない手間のかかる技法や素材を積極的に採用。失われゆく伝統的な皮革工芸の素材や技法に着目するとともに、現代的なフォルムや感覚と自在にリミックスすることで、独自の世界観を生み出しています。
sunao公式サイト http://www.sunaobag.com
関連商品