坂口 利勝 米/パン/麺 記事一覧

65件中 37-48件
  • きりんのつばさ

    2012/02/17 21:25
    映画 麒麟の翼を鑑賞。感化され早速に日本橋に行ってきました。父であり息子である現在の私に、また過去の学生の頃の不器用な自分が思い出され私にはとても気づきの多い映画でした。優先順位から趣味には細切れの時間。いろんな方のお話が短時間に何本も読める文藝春秋が私の愛読…
  • 御破裂山に行ってきました。

    2012/02/08 09:19
    天気すこぶる不良の上、携帯カメラではまったくもってそのステキさが出ていませんが、大和が見渡せるよい場所です。ここにはかの有名な談山神社があります。そうですそうです、藤原鎌足と中大兄皇子が大化の改新を相談したところであります。今回はめずらしく日曜に一人ということ…
  • 和麺とパスタのゆがき方のチガイ

    2010/04/09 09:45
    パスタをゆでる時のように和麺も芯を残す感じでゆがいている。 それは、麺=コシ(硬さ)にとらわれすぎて ゆで伸びを嫌うがあまりの行動ともリンクしている。 麺のコシは、麺の製造方法、使う原材料の質 料理方法など食文化によってさまざまだ。 また、コメでも「たっている」「ち…
  • 登山

    2009/11/09 16:09
    ちょっと前に軽い登山に行ってきました。 川のせせらぎ、風が木をゆらす音。 土のにおい、木のにおい、鳥の声、空、緑 自身の息の音、体の疲れ、機械音のない静寂 そして山頂からの奈良盆地の景色。 五感を取り戻したような感覚になりました。 紅葉のきれいなこの時期、オススメで…
  • 天然生活

    2009/08/29 15:51
    天然生活2009.10月号に出ております。 料理家のワタナベマキさんが来られて、おそうめんの美味しいゆがき方などを取材いただきました。是非、ご覧下さいぃ。 ご紹介ページ(半分)
  • 6月7日までですので

    2009/05/29 11:24
    奈良の仏像はいろいろなところに出張するのですが、 今、興福寺の国宝「阿修羅」が東京の上野におでかけしています。 普段は絶対に見れない後姿も見れる貴重な機会です。 (奈良からわざわざ見に行きたいほどです(笑)) 6月7日までですので、在京の方でご興味のある方は お急ぎく…
  • 麺をゆがくコツ

    2007/10/29 14:47
    当たり前に麺を湯がいているので考えもしなかったのですが、 いくつかコツがあります。今日はそれをご紹介します。 <事前準備> 麺はどんな麺でも湯がきたてが一番美味しいに決まっています。 まず、つゆや薬味などは麺をゆでる前に準備しておきましょう。 <麺をゆがくことのり・…
  • 小さなお客さん

    2007/10/24 17:55
    先週末、お祭りに参加して自慢のうどんをゆがいて 試食販売していました。 小学校4,5年生と思われる2人の男の子が 「この葛うどんください」と小銭を差し出してきました。 あまりに小さいお客さんだったことにビックリして 「本当に買うの?」と聞いてしまったところ 「うん、ぼ…
  • 法隆寺

    2007/10/23 16:15
    「この時期、奈良のお寺はどこがお薦めですか?」と聞かれると まず「法隆寺」をお薦めしたいですね。 だって、正岡子規が詠んだ句の通り 「柿くえば 鐘が鳴るなり 法隆寺」!!! さらに 秘仏の救世観音の公開時期に合わせて(10月22より1ヶ月間) 百済観音、五重塔の塑像郡、金…
  • 華麗なる下宿生活!?

    2007/10/05 09:20
    私は大学時代、片道2時間の通学を4年間続けました。 2時間もかかると当然のごとく「下宿したい」と思うに決まっています。 往復で毎日4時間も電車に乗ることなどアホらしいと思い 「下宿するわぁ」 と住む場所などをだいたい決めて親に話ました。 頭の中はばら色の下宿生活を想…
  • ニッポンの食

    2007/09/26 15:50
    ↓2004年秋に自分でHPを作るために作った文章です。 日本の農業はいま、壊れつつあります。 荒れている田圃、休んでいる畑。。。 農産物は日本の再生可能な資源の一つです。 本来であれば、工業製品だけでなく日本のとても品質の高い農産物を 輸出するぐらい農業大国になれる力が…
  • 悠麺塾(ゆうめんじゅく)

    2007/09/17 11:50
    吉野の山、山村は今、荒廃の道を辿りつつあります。  また、将来の働き手の問題が農山間部には横たわっております。  そこで、弊社では本年9月より「悠麺塾」を立ち上げました。   何か動いて何かを変えてゆかなければなりません。 二日間で小麦粉から完成した素麺を作る喜び…
65件中 37-48件

坂口 利勝
つくり手
坂口 利勝
さかぐち としかつ
プロフィール
昭和59年にお素麺を作りはじめた母は「美味しい麺とは何か」をひたすらに追求してきました。一緒に仕事をするようになってやっと母がどれだけ頑張ってきたのか、知りました。平凡に見えるものに、大きな気持ちがこもっていることを教えてもらいました。この味を守ってこれからも頑張って行きます。