モチモチの木

昨夜こどもにせがまれた絵本が
「モチモチの木」でした。

私達はしばしば頭で考えたことをコンコンと子供に
押し付けることがよくあります。
技術や勉強はそれでいいのだろうと思います。
でも人間の本質である本当のやさしさや勇気
というのは理屈や訓練ではどうにもならない
ということがこの絵本でよく分かります。

豆太が出した勇気
その力はなんだったんだろう。
と問いかけるとき
それぞれに感じることがあると思います。
とてもよい絵本です。
Facebook コメント)
Twitter
comments

坂口 利勝
つくり手
坂口 利勝
さかぐち としかつ
プロフィール
昭和59年にお素麺を作りはじめた母は「美味しい麺とは何か」をひたすらに追求してきました。一緒に仕事をするようになってやっと母がどれだけ頑張ってきたのか、知りました。平凡に見えるものに、大きな気持ちがこもっていることを教えてもらいました。この味を守ってこれからも頑張って行きます。