デスクやダイニングテーブルの上で、
結構なスペースをとるティッシュケース。
邪魔だなあと思ったことがある人は
少なくないと思うのですが、
近くにあってすぐに使える、という
利便性も捨てられない・・・

ecoroof_02

そんなもやもやを解消してくれるのが
「ecoroof(エコルーフ)」。
上に物を置けて、限られたスペースを
最大限有効活用できる
ティッシュケースです。

ふたつの理由で「エコ」なケース

ecoroof_05

ecoroofは、その名の通り
roof(屋根)がついていて、
ecoなティッシュケース。
なにがエコかというと、環境に
やさしい「箱なしティッシュ用」の
ケースなんです。

ecoroof_11

箱なしティッシュ用なので、
ecoroof自体がボックスティッシュ
よりもコンパクトなサイズです。

ecoroof_13

トレイ部分の大きさは
23×8cm、深さおよそ1cmなので
スマートフォンがちょうどおさまる幅。
一般的なテレビのリモコンなども
置くことができます。

ecoroof_06

洗面所なら、アクセサリーや
コンタクトなどを一旦置く場所にしたり、
デスク上ならペンを置いたり・・・と
ばらばらと置いているものを
まとめてこの上に乗せてしまえば
より広々とスペースが使えます。

「エコティッシュ用」というだけではなく
スペースもエコに使える、という
わけなんですね。

横からとれるってこんなに便利

ecoroofは上に物を置ける、ということで
自然とティッシュが横から出る仕様に
なっています。
もちろん、ティッシュがとりづらいと
いったこともないのですが、
上から引きだせるティッシュケース
よりも便利なことがあるんです。

ecoroof_03

それは「高い位置に置いても使える」
ということ。
洗面所やキッチンの吊戸棚などに
収納する、なんて使い方もできます。

ecoroof_14

高い位置にある棚、というのは
ティッシュ置き場所の新たな選択肢。
ご自宅でも、意外なところに
使い勝手の良いティッシュ置き場が
見つかるかもしれません。

ecoroof_16

 

ecoroof_12

裏蓋は開けやすいように
穴があいていたり、四辺にぐるりと
滑り止めのゴムが埋め込まれていたりと
使い勝手の面でもきちんと
考えられています。

ecoroof_10

・買い物の時にかさばらない
・自宅保管にも場所を取らない
・外装の廃棄が楽
・価格がボックスティッシュより安い

と、何かと便利な箱なしティッシュと、
環境にもスペースにもエコに、
賢くティッシュを使うためのケース。
ティッシュの見た目を隠す、普通の
「ティッシュケース」以上の役割も
引き受けてくれるecoroofは、きっと
どんなお部屋でも役に立つと思います。