会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの愛用品

6歳の息子が塗りたくったシェイビングクリーム

2015年12月01日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

IMG_9106-535x357

こんにちは。
三度の飯より子供が大好きな秋吉です。

最近、不意をついて
娘のほっぺたにチューしたら
「おヒゲ、痛っ!くっさっ!」
と言われ、全力で
拭き取られたのを目の当たりし
ショックを受けております。

本当、子供の成長には、
喜びと寂しさは同居するもんですね。

さて、今回のコラムは
昨年から愛用し始めた
「シェイビングクリーム」について
書かせて頂きました。

今回は、この「シェイビングクリーム」を
家族に「ハンドクリーム」として
プレントしたお話です。

元々、手荒れのひどい妻へのプレゼントでした

クリームを大事そうにもつ子供たち

妻は、付き合い当初から
手荒れがひどい人でした。

1年中、常に荒れているわけではなく
何らかの理由で手が荒れると
しばらくは、荒れた状態が続くようです。

寝ているときも、夢遊病のように
手をポリポリ掻いてしまうため
一旦、荒れてしまうと
良くなるには時間がかかっています。

現在も愛用している
「シェイビングクリーム」
の取扱いが、スタイルストアで
始まったのは 昨年の冬。

本商品をメルマガで紹介したところ
またたく間に売れたことで、
私がこのクリームを知ることになりました。

その後、「在庫がやばい…」
というバイヤーさんの言葉を聞き
ちょうどその時、少し手が荒れていた妻へ
急遽、購入&プレゼントしました。

なぜ、手荒れのひどい妻へ
「シェイビングクリーム」を
「ハンドクリーム」として
プレゼントしたのかは
きちんとした理由があるんです。

妻に感想を聞くと、意外な言葉が返ってきた

クリームを伸ばす前の子どもたちの手

数日後に届いたクリームを
妻は早速、使ってくれていました。

さらに数日後、クリームの
感想を聞いてみると
「今まで、数百ものクリームを使ってきた私に聞いてる?」
「香りもいいし、手がスベスベになるよ!」
妻の肌にも合っていたようで
気に入ってくれた様子でした。

そして、その後に意外な言葉が続きました。

「でも、◯◯(息子の名前)の方が、よく使ってるよー」

と。

どうやら、妻が毎日手に塗っている様子を見て
自分も使いたくなったようです。

そんな息子に、私から
「このクリーム、ハチミツが入っているよ」
と教えてあげると
「えっ、ハチミツ?食べられるの?」
と、色めきだった様子。

IMG_9136

その後、食べられないことを
説明しましたが、クリームを
手にとったときの滑らかな感触や
手に塗ったときにうっすらと香る匂いを
「ドーナツみたい」と言いながら
ますます気に入ったようで、
毎日のように塗りたくっていました。
※実際には、「ドーナツ」の香りはしません。

クリームを手にヌリヌリ

結局、2つ購入していたクリームは
あっという間になくなってしましました。

今年も、当然のようにプレゼント

鼻にクリーム

このコラムを書くにあたって、妻に
「今年もあのクリームいる?」と聞くと
「いつでも待ってるよ♪」との返答。

(自分で買えばいいのに…)

と心の中で思いつつも、
今年もプレゼントしてみました。

早速、息子と一緒に使い始めているようです!

「シェイビングクリーム」をプレゼントした理由

私自身、このクリームが
お気に入りの理由があります。

本商品の紹介ページに記載のある
以下のエピソードが
そのお気に入りの理由です。


開発当時の時代は、シェイビィングクリームという名前の方が税などの関係から販売価格を抑えることができたそう。良い品質の商品をできるだけお求めやすい価格でお客様にお届けしたい、という思いが伝わってくるエピソードです。

このエピソードを
バイヤーさんから初めて聞いた時には
ちょっとした感動でした。

シェイビングクリーム

良いものを安く購入できるのは
なんとも嬉しい話ですし、
つくり手の思いも
詰まっている気がして
とても気に入ってしまいました。

また、このクリームの原料には
天然素材が使われており
手荒れのひどい妻や
小さな子供にも、
安心して使ってもらえます。

ちなみに、名前の通り
「シェイビングクリーム」
としても利用できますので、
私も一緒に使ったりしています。

「くっさっ!」

なんて娘に言われないように、
私も顔に塗りたくっている今日このごろです。

著者

秋吉 健

Webエンジニア。
STYLES STORE では主にシステム構築・保守を担当しています。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧