会員登録 ログイン ショッピングカート

スタイルストアまとめ

おしゃれで温かいブランケットで始める冬支度

2017年11月12日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

ブランケットは冬が長い北欧の定番アイテム

寒い冬を快適に過ごすためのブランケット

肌寒い季節になると、恋しくなるのがブランケット。いつものお布団の上に重ねて冬支度をはじめる方も多いのではないでしょうか。冬が長い北欧の国々では、防寒のために羊毛を使ったさまざまな毛織物が発達してきました。ブランケットもその1つ。いくつものブランドが美しく使い勝手のいいブランケットを販売しています。

インテリア上級者はブランケットをこう使う

ブランケットは、防寒具としてだけでなくおしゃれなインテリアアイテムにもなります。海外インテリアでよく見かけるのが、ソファに掛けたブランケット。実際にひざ掛けとして使うこともできますが、ぬくもりを感じさせるデコレーションアイテムとしても活躍してくれます。見せる収納としてくるくる巻いてかごに入れて置いたりと、アレンジも楽しめそうです。

北欧を代表するテキスタイルメーカー「KLIPPAN」

安全度100%のブランケットを

まず初めにご紹介したいのは、北欧スウェーデンのテキスタイルブランド「KLIPPAN(クリッパン)」。こちらの「ウールブランケット ベビーシャンスンド ミニ 」は、ブランドが誇る「エコウール」製品。羊の飼育から徹底して化学薬品を排除し、安心して使うことができる安全な毛糸を素材にしたものです。

大判のスローケットはベッドでもソファでもOK

「クリッパン」の「スロー シャーンスンド」は、ヨコ130cm×タテ200cmの大判サイズ。寝具としてはもちろん、ソファカバーにしてもいいですね。頭からすっぽり被って暖を取ることもできます。こちらはウール70%とリネン30%の混紡素材。北欧らしいシンプルでおしゃれなクロス柄がインテリアのアクセントにもなってくれるでしょう。

ソファでのくつろぎタイムのお供に

こちらは、ヨコ90cm×タテ130cmの「ハーフブランケット」。 ひざ掛けにぴったりのサイズ感です。お子さん用のブランケットとして使っている方も多いとか。ネイビーと白の組み合わせで、可愛いしろくまがデザインされています。色違いでライトグレーもあります。

フィンランド生まれの「LAPUAN KANKURIT」

くつろぎタイムはブランケットで温かく

フィンランドを代表するテキスタイルメーカー「LAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)」では、さまざまなデザインのブランケットが生み出されています。こちらはおひさまの光を集めたような色合いの「KAARNAブランケット 」。フィンランドに多く自生している白樺をモチーフにしたデザインです。カラーバリエーションはほかにブルーグレーとグレーローズの3色です。

寒くなったら布団に重ねて

こちらはリバーシブルなデザインが楽しめる「ESKIMO (エスキモー)ブランケット ブルーベリー」。「エスキモー」はフィンランドで愛されているアイスの銘柄で、その棒をスキャンしてデザインした柄になっています。ウール100%の温かなブランケットは、寒い季節の心強い味方です。

日本を代表するテキスタイルデザイナーとのコラボ

こちらは「JAAKARHU (ヤーカルフ)コットン ブランケット 」。日本を代表するテキスタイルデザイナーの鈴木マサルさんがデザインを手がけたブランケットです。鮮やかな色づかいがインテリアのアクセントになってくれることでしょう。よりぬくもりのあるウール100%のブランケットも展開しています。

人気陶芸家・鹿児島睦さんとのコラボデザインも

こちらは「ラプアン カンクリ」と陶芸家の鹿児島睦さんがコラボしたVILLIKUKKA コットンブランケット 」。淡いピンク地にたくさんのお花がデザインされています。フェミニンでおしゃれな雰囲気ですね。

リトアニアウールを使ったあったかブランケット

「LHOME」のブランケットはナチュラルカラー

人気リネンブランド「Lino e Lina(リーノエリーナ)」を運営している会社がスタートさせたブランケットブランドが「LHOME(ロメ)」。リトアニアの良質なウールを素材にした「ブランケット LUCIANO 」は、ブラウンやベージュといったナチュラルカラーが中心。見た目からもほっこり感が伝わってきます。

ストライプとチェックの2柄

「ロメ」のウールブランケットは、幅広のストライプと大きめのチェックの2柄。どちらもシンプルなデザインですので、男性のお部屋にもなじみます。さりげなくソファに掛けておくだけで、ぬくもりを感じさせてくれるでしょう。

草木染オーガニックコットン製の国産ブランケット

おしゃれでポップな南天柄

続いて国産のブランケットをご紹介していきましょう。「MAITO(マイト)」では、オーガニックコットンを素材にした「ニットジャガードブランケット」を作っています。こちらはイエロー×グレー。おしゃれでポップな柄は南天がモチーフになっています。やわらかくあたたかなブランケットです。

オフィスでも活躍してくれる軽いブランケット

「マイト」の「ニットジャガードブランケット」は2色展開。こちらはブルー×グレーです。リバーシブルなデザインは、屋久杉や矢車附子、藍染めなどの草木染で染められた糸によって表現されています。手洗い可能なコットンニットは、ヨコ85cm×タテ130cmの手ごろなサイズ。オフィスでもひざ掛けとして活躍してくれそうですね。

毛布専用メーカーのシルク100%国産ブランケット

軽くて温かなブランケット

シルク100%の国産ブランケット シングルサイズ」は、国産シルクを100%使った贅沢な一品。製造元は毛布専門のメーカー「三井毛織」です。吸湿性と放湿性が高いシルクは、肌触りの良さと共にさらりとしたテクスチャーが魅力的。心地よい睡眠が期待できそうです。

ハーフサイズはひざ掛けにも最適

こちらは「シルク100%の国産ブランケット ハーフサイズ」。ヨコ70cm×タテ100cmのサイズ感は、ソファなどで使うひざ掛けに最適です。お子さん用のブランケットとしても活躍してくれそうですね。ほかに、ダブルサイズもあります。

「ブリュムブランケット」は使い方自由自在!

肩から羽織って温かに

続いてご紹介するのは、ちょっと変わったブランケット。その名も「プリュムブランケット」です。 発熱綿が入っているので、羽織ったり掛けたりするとすぐに体が温まります。端にスナップボタンがついているので、形がいろいろ変えられる点も魅力的です。

Sサイズはスカート風にも

プリュムブランケット ニット S

Sサイズの「プリュムブランケット ニット S」は、ヨコ140cm×タテ60cmのサイズ感。ご覧のように巻きスカート風に着用することもできます。デザインは、こちらのニットをはじめ、上でご紹介しているハウンドトゥース(千鳥格子)、カウチン、チェックなどバリエーション豊かです。

ひざ掛けとしても頼りにできる

こちらは「プリュムブランケット チェック L」。スナップボタンを留めず広げた状態にすると、ヨコ140cm×タテ90cmのまさにブランケット。ひざ掛けとしても頼りにしたくなる温かさです。Lサイズはポケッタブル仕様なので、使わないときはくるくると折りたたんで小さくまとめることができます。

冬支度はブランケットから始めよう

寒い季節に活躍してくれる温かみのあるブランケットをご紹介しました。寒さの厳しい北欧のブランドと、国産の原料にこだわったブランケットづくりをしている日本のブランドからのセレクトです。寝具としてだけでなく、ひざ掛けや肩掛けとしてリビングやオフィスでも活躍できるものばかりです。おしゃれで温かいブランケットから冬支度をはじめてみませんか。

著者

ヘリオット麻耶

インテリアをはじめ、雑貨やファッション、アートなど美しいものが大好きです。夫と二人の息子、犬と猫と一緒に暮らしています。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧