会員登録 ログイン ショッピングカート

スタイルストアまとめ

見たら絶対欲しくなる「野田琺瑯」の白いアイテム

2017年09月27日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

ホウロウ一筋!日本を代表する琺瑯ブランド

見たら絶対欲しくなる!

キッチンや冷蔵庫、パントリーの紹介記事などで、ホウロウ製の白い容器を目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。白い琺瑯の容器といえば、日本を代表する琺瑯ブランド「野田琺瑯」の定番アイテム「ホワイトシリーズ」です。今回は、見たら絶対欲しくなる野田琺瑯の魅力についてまとめてみました。

野田琺瑯の創業は昭和9年

野田琺瑯の歴史は長く、その創業は昭和9年。以来80年以上もの間ホウロウ一筋にさまざまなアイテムを作り続けている野田琺瑯。日常生活で使い勝手のいい野田琺瑯のホウロウ製品は、職人さんの丁寧な仕事ぶりとシンプルなデザインが人気を集めています。

ホウロウの魅力

なぜホウロウなのか

そもそもホウロウ製品の魅力は、どこにあるのでしょう。ホウロウは、金属にガラス質の釉薬をかけて高温で焼きつけて作ります。ガラス質が鉄やアルミなどをコーティングしているというわけです。英語ではEnamel(エナメル)と呼ばれています。

金属とガラスのハーモニー

ホウロウの最大の魅力は、金属とガラスがお互いのデメリットを補い合ってメリットとなっている点。金属質のさびやすい性質をガラス質の表面が防ぎ、割れやすいガラス質を金属質のベースがカバーするといった具合です。

衛生的なホウロウはキッチン用品に最適

また、ホウロウは菌の繁殖を防ぎ、匂いがつきにくいという特徴もあります。食材の味を変化させることなく保存できる点も人気の理由。バットや保尊容器などにホウロウ製品がよく使われているのも、見た目の美しさだけでなくホウロウのこうした特性によるものなのです。

保温性と冷却性

野田琺瑯の製品のベースは、熱伝導率が高い鉄。そのため、保温性と冷却性に定評があります。熱に強いホウロウは、直火に掛けることもできますし、オーブンも使うことができます。ただし、電子レンジには使えませんので、要注意です。

きれいを保てるホウロウ製品

ガラス質で表面がコーディングされているホウロウ製品は、汚れを洗い流すのも簡単にできます。つるつるしたガラス質は、さっと洗うだけでも汚れが落ち、傷もつきにくいので常に清潔な状態をキープできるのです。野田琺瑯は、こうしたホウロウの特質を知り抜いた老舗ブランド。だからこそ、野田琺瑯のアイテムは多くの支持を得ているのでしょう。

本体にペンでラベリングも可能

野田琺瑯の「ホワイトシリーズ」は、冷蔵庫の中に積み重ねておくと中が見えない時がありますね。そんな時は、本体に油性ペンでラベリングできます。食器用の洗剤で簡単に洗い流すことができるので、安心です。

作り置きブームの到来とともに

家事の時短として注目された作り置き

長くホウロウ製品を作り続けてきた野田琺瑯の名前が再び脚光を浴びたのは、作り置きブームと重なります。毎日のお仕事や勉強で忙しい現代人が、家事の時短アイデアとして昔ながらの作り置きや常備菜を今風にアレンジした作り置きは、共働きの方を中心に瞬く間に大ブームとなりました。作り置きをテーマにした本や雑誌も数多く出版されています。

色鮮やかな作り置きのおかずたち

新しい作り置きブームの特徴の1つは、色どりの美しい常備菜。昔ながらの和のお惣菜以外に、キャロットラペや紫キャベツのナムル、トマトのハニーマリネのように色鮮やかなメニューが並びます。その理由の1つに、作り置きブームの発信源がInstagramなどのSNSだったということがあげられるでしょう。写真を共有できるSNSでは、見た目にも美しい常備菜が人気を集めているのです。

写真写りのいい野田琺瑯の保存容器

さらに、作った常備菜をより美しく見せるために保存容器にこだわる人も続出。野田琺瑯の「ホワイトシリーズ」が選ばれたのは、そうした理由もあるようです。真っ白で何の飾りもないシンプルな保存容器に、色どりの美しいおかずをつめると見た目にもおいしさが倍増しそうですね。

最大の理由は衛生的であること

けれど、作り置きしたおかずを保存する容器に野田琺瑯の製品が選ばれる理由は、見た目だけではありません。最大の理由は衛生的であること。週末などにまとめて作り、お弁当や夜ごはんの1品にする作り置きは、傷ませずに保存することが重要。その点、上述のように菌の繁殖を防ぎ、におい移りもしにくく洗いやすいホウロウは、保存容器として最適です。

下ごしらえにも野田琺瑯を

野田琺瑯のホワイトシリーズは、下ごしらえの容器としても活躍してくれます。浅型の容器はバットとしてお肉やお魚を漬け込むのに適しています。

野田琺瑯のホワイトシリーズさまざまな使い方

ゼリーの型として

野田琺瑯/ホワイトシリーズ レクタングル 浅型 S シール蓋付き

野田琺瑯のホワイトシリーズは、食材や常備菜の保存容器として以外にもさまざまな使い方ができます。たとえば、こちらの「ホワイトシリーズレクタングル浅型S」は、ゼリーなどの型としてもおすすめ。冷蔵庫で冷やし固めた後、そのままテーブルに出すこともできて便利ですね。

ランチボックスとして

野田琺瑯の「ホワイトシリーズ」は、お弁当を入れるランチボックスとしても使うことができます。大きさと深さのサイズも色々あるので、食べる人に合わせて選びましょう。

バターケースとして

ホワイトシリーズ レクタングル 深型 S 」は、バターケースとして使うこともできます。シンプルなデザインなので、テーブルにもそのまま出せるのが便利です。

お鍋として

野田琺瑯の「ホワイトシリーズ レクタングル 深型 LL」は、ヨコ25.5cm×タテ16cm×高さ12cm。3.2Lの大容量です。直火にかけて使うこともできるので、お鍋として使っている方もいらっしゃいます。袋入りのインスタントラーメンなら4つ分も楽々です。

糠漬け用の「ぬか漬け美人」

野田琺瑯では、におい移りしにくいホウロウの特性を生かした糠漬け用の容器も製造しています。その名も「ぬか漬け美人」。乾燥ぬかが1㎏入る容量3.2L。サイズはヨコ25.5cm×タテ16cm×高さ12cmと深めのデザインに。容器の中には磁器で作られた水取器もついています。

いろいろ使える野田琺瑯

野田琺瑯の「ホワイトシリーズ」についてまとめました。再人気のきっかけが作り置きブームであることや、食材の保存以外にも使うことができるなど魅力がいっぱいです。衛生的で丈夫なホウロウの特質を活かしたシンプルで使いやすいデザインの野田琺瑯は、見たら絶対欲しくなるキッチンの新定番といえますね。

著者

ヘリオット麻耶

インテリアをはじめ、雑貨やファッション、アートなど美しいものが大好きです。夫と二人の息子、犬と猫と一緒に暮らしています。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧