会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの愛用品

前屈マイナス20cmの人間が感激した爪切りのこと

2017年08月23日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

GC427-83-0000-B285_use12

小さい頃から体が硬くて、
学生時代の体力測定では
前屈マイナス20cmだったわたくし。

それゆえに、昔から足の爪を切る時は
プルプルしながら、時には息を止めつつ
取り組んできました。

GC427-83-0000-B285_use11

そんな私ですが、今年に入って
爪切りの時間がこの上なく快適に
なりました。

ネイルクリッパー Griff」と出会ったのです!

楽に爪を切ることができる理由とは?

GC427-83-0000-B285_use06

Griffは、一般的な爪切りと比べて
持ち手が長いという特徴があります。

握力の弱い方でも軽い力で
爪を切ることが
できるよう、
どの面も指がかりが良くて、
フィット感も抜群。

GC427-83-0000-B285_use05

持ち手のおしりの、ちょうど人差し指があたる部分。ギザギザしているので、指をかけた時に滑りにくいところも魅力。

0608-069

持った時に安定感があり、
お母さんがお子さんの爪を切ってあげる、
というような「自分以外の人の爪を切る」
時にも使いやすいデザインです。

kopf_use1

左が回転刃、右が固定刃。

回転刃と固定刃の2タイプありまして、
個人的に楽に切れるなと感じたのは
回転刃タイプでした。

固定刃も安定感があるところが魅力
ですが、体が硬い方や前屈みの体勢を
とりにくい方、お腹の大きい妊婦さんは、
ヘッドを切りやすい角度に変更できる
回転刃が使いやすいのではないかと
思います。

足の爪を切り比べて実験してみました

GC427-83-0000-B285_use07

今回は回転刃と、回転刃をしまった状態の
2パターンで爪を切り比べてみました。

上の画像は回転刃をしまった状態。
爪切り自体は握りやすくて力を
入れやすいのですが、体が硬いせいか
この体勢がつらい・・・!

GC427-83-0000-B285_use08

そして、今度は刃を回転させてみました。
これが腕を伸ばさずに済むからか、
格段に指先が近くなって切りやすいこと!

親指の爪の左側も、刃の角度を
変えてあげるだけで、とっても楽な姿勢
のまま切ることができました。

回転刃は、切りにくい角度がない

GC427-83-0000-B285_use03

足の爪と比べると、指の爪を切る時は
回転刃の活躍度合いが減るかな
なんて思っていましたが、
ここでも回転刃は大活躍でした。

GC427-83-0000-B285_use04

ちょっと爪が隠れてしまっていますが、
固定刃だと切りにくい箇所でも、
体の向きを変えることなく
ヘッドを回転させるだけで
楽に切ることができます。

GC427-83-0000-B285_use01

GC427-83-0000-B285_use02

ちなみに親指はどちらでも切りやすいので、
人差指以降の爪を切る時の方が
回転刃の実力が発揮されるなと
思いました。

自然と脇を締めた状態になり、力が伝わりやすい

手の爪を切っていてもうひとつ気づきが
ありまして、それは「回転刃だと力が
伝わりやすくて楽に切れる」ということ。

どうしてかと考えてみた時、
「脇が自然と締まるからかも」
という考えに至りました。

GC427-83-0000-B285_use10

もともと切りやすいデザインだから
固定刃でも十分切りやすいのですが、
ここで注目なのが、脇が開いていること。

GC427-83-0000-B285_use09

次に刃を回転させて切ってみたら、
自然と脇が締まった体勢になり、
力が楽に伝わりやすくなったことに
気づきました。

この時ふと思い出したのが、高校時代に
スパルタのバスケ部で叩き込まれた
「シュートの時は、脇をしめないと
力がうまく伝わらなくてゴールできない」
ということ・・・!

爪切りからあんな暗黒時代を思い出す
なんて、という感じではありますが。

もともとは、リュウマチによる痛みで
爪を切るのが苦痛、
というお客さんの声を
受けて、握力が弱い
とか、手先に力が
入らないという方でも
使いやすいものを
という思いで開発された爪切り。

さまざまな方に、ぜひこの快適さを
体感していただけたらなと思います。

著者

中井明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧