会員登録 ログイン ショッピングカート

スタイルストアまとめ

保存容器をつかった「食中毒防止」から「保存食の楽しみ方」まで

2017年08月08日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

EI455-01-0000-B432_use8

昔からキッチンで重宝される保存容器。密閉性の優れた容器や、形や大きさによってアレンジができるもの。おしゃれなキッチンインテリアとしても活躍してくれるアイテムなど、最近ではたくさんの種類があります。 これから暑くなる夏に向けて、食中毒も気になりますよね。安全に美味しく食材をいただくためにも、食材それぞれに合う保存容器を使いたいものです。夏の食中毒防止に大活躍、そして保存食を最適に保ってくれる保存容器をご紹介します。

パスタもグラノーラもおしゃれに保存できるアイテム「Pot」

「Mokuneji(モクネジ)」のPotは、パスタやグラノーラ、コーヒー豆などを並べて保存できるアイテムです。 パスタは、袋を空けてしまうと保存に困る食材のひとつですよね。大家族でない限り一度に使い切れる量ではないので、立てて置けるPotのパスタ用容器はとても便利です。プラスチック系が多い保存容器ですが、これは食品用ガラス瓶とケヤキのフタの手触りがよく、さりげなくおしゃれ。 パスタ用のほかは、乾物や粉もの保存用のS、M、Lの3サイズです。Lサイズはグラノーラやショートパスタなどにおすすめ。Mサイズはコーヒー豆やクッキーなどの保存に。Sサイズは香辛料やナッツ、ハーブなどにちょうどいいサイズです。 口が広めのデザインでお手入れもしやすく、密閉力を高めるためのシールキャップもあります。止水機能はないので水分ものには向きません。湿気を避けたい食材の保存にぴったりです。

バターもジャムも陶器の保存容器で食卓へ

つづいてご紹介するのは、シンプルで上品な「白山陶器」のBLOOM(ブルーム)シリーズ。バターケースの鮮やかな瑠璃色は、バターやジャムのほか、お漬物や佃煮など和食にもぴったりです。こんな保存容器があれば冷蔵庫から出して、いつでもそのまま食卓を彩ってくれますね。 バターケースは200gのバターをそのまま入れられるサイズ。同じシリーズのジャムケースには手作りジャムの保存にもいいですね。ふたをすればスタッキングができるのも便利で、結婚祝いや引き出物などの贈り物にも喜ばれます。 陶器づくり400年という長崎県波佐見町で、白山陶器は1779(安永8)年よりデザインから製造までを行っていて、その美しさはグッドデザイン賞やロングデザイン賞など数多くの受賞作品があります。

持ち歩きにうれしいスリムで軽いステンレス水筒

先にご紹介したMokunejiからは、スリムな水筒もおすすめです。ボトルやコップも日本国内で作られており、シンプルながら美しいデザインで機能的。暑い季節にはバッグに入れて、いつでも持ち歩きたいアイテムです。 保冷も保温もOKで季節を問わず一年中活躍してくれる水筒は、日本製らしく機能的な真空二重構造で、外側と内側のあいだに真空の層を作っていることで熱が伝わらないしくみになっているそうです。水筒を持ち歩くときに困る結露がつくことがなく、バッグへの出し入れにも安心です。温度が上がることによる食中毒も防ぐことができますね。 ワンタッチ開閉できる中栓つきで360度注げるのも便利。なんといっても手ざわりのいい木製のコップに日本らしい優しさが感じられる水筒です。

密封性にすぐれた東屋の茶筒

使えば使うほど味わいある風合いに変化していく「東屋(あづまや)」の茶筒は、職人の技が光る東屋が新潟県燕市の新光金属とともに作った一品です。 継ぎ目がひとつもなく、ぴったりと蓋が閉まる精密さと開け閉めもしやすい考えられた造りが職人の技というものなのかもしれません。密封性が高いので茶葉の香りが逃げず本来の味をひきたててくれるので、大好きなお茶を最後まで美味しくいただくことができます。 作り手の誠実さが伝わる茶筒は、暮らしの中にゆとりさえ与えてくれ、銅本来の色合いが美しいろう塗り仕上げは高級感があり、持つ人の心まで落ち着かせます。サイズは3つあり、用途に合わせて使えます。ひと味違う、錫めっきもおすすめです。

シンプルホワイトの蓋つき容器はおかずにもお菓子入れにも

波佐見焼の「白の器」シリーズの中でも、普段使いにも特別な日のお料理にも使える蓋つきのオーバルボックスは、シンプルなホワイトが器に入れた食材をひときわ美味しく見せてくれます。 お客様のおもてなし料理の器としても、記念日に集まった子供たちのために作ったお菓子を入れても、日常の暮らしに便利に使えてスタイリッシュな演出をしてくれる器として重宝します。オーバルボックスは重ねて使うこともできるので、お正月のお重としても品があります。 食卓から離れて小物入れとして使うのもOK。インテリアスタイリストと雑貨プランナーから生まれた「h+(エイチプラス)」は「あったらいいな」をカタチにするブランド、というのが納得のあったらうれしいボックスです。

便利に使えてお洒落。キッチンにひとつは欲しい蓋つきキャニスター

キッチンはもちろん、暮らしのさまざまなシーンに「これ、ぴったり!」と置き場を選ばない蓋つきのキャニスター。安定感があり、キッチンにもデスクまわりにもちょうどいい大きさ。上品な縦縞模様と口のあいだの鎬(しのぎ)がフリースタンドのアクセントになっていて、小さな取っ手が存在感をアピールしているように感じます。 パッキンのついた蓋があるので、シュガーやコーヒー豆などを入れてもいいし、物入れとしてはキッチンでは大き目サーバーや菜箸などを立てておくのにぴったり。自宅で仕事をするデスクまわりに置くなら文房具入れにもいいですね。 白山陶器の器は、愛着がわく理由があります。デザインや品質はもちろん、どこでどんなふうに使われるかを想像して作られているような機能性があるので、使っていてレパートリーが増える楽しみもありますよ。大切な人が使うシーンも想像して、贈り物にしても素敵です。

蓋が変身!シンプルで機能的なブレッドボックス

忙しい朝には手軽にパンを食べる人も多いですね。菓子パンや調理パンもいいけど、アレンジがきくのはやっぱり食パン。でも、食パンって袋のままだと格好良く保管しにくいですよね。 そこでおすすめしたいのが、「RIG TIG」というデンマークのブランドから届いたブレッドボックス。大きさもじゅうぶん2斤のパンが入ります。入れ物にいれるなら大きな器でも・・・と言われそうですが、ブレッドボックスの蓋に理由がありました。裏返したらカッティングボードとして使える便利技。裏面にほどこされた溝がパンくずを拾ってくれるから周りを汚さないという心配りも素敵です。パン専用のカッティングボードなら食中毒にも安心ですね。 ボックスにいれるほどのパンがない時には、ほかの食材の収納にも使うと便利です。キッチンだけでなく、リビングでもシンプルおしゃれな収納ボックスとして活躍してくれますよ。

絵になる出しっぱなし収納ボックス

「MOHEIM(モヘイム」)の「TIN BOX」は、3段階の大きさで暮らしの細々したものを収納できる便利ボックス。マットな塗装がシンプルだけどかわいいブリキ缶は、つい出しっぱなしになったり、置いた場所を忘れそうなものの収納場所として、リビングの一角に並べておきたいアイテムです。 デザイナーと熟練職人の技で、ひとつひとつ丁寧に手作りされた「シンプル」なボックスには緻密な作りで、密閉性の高い内蓋つき。湿気や日差しから大切なものを守ってくれる役割もしてくれます。 ブリキの上から風合いある色を塗装しているので、丈夫で劣化しにくく長く使えるのも嬉しいですね。深みのあるネイビーとグレー、ホワイト。キッチンで使うなら茶葉やナッツ入れ、そのほかにも深さによって入れるものを工夫してみるといいですね。

イタリア発のおしゃれな機能性ガラス保存容器

ボルミオリロッコ」は、イタリアの老舗ガラスメーカーが作ったキッチンにはぜひ欲しいガラス保存容器。広口の瓶で使い勝手がよく、ゴム製のパッキンとワイヤーがあるのでしっかりと密閉できます。梅酒やレモン酒などの果実酒を作るのに最適。 ほかには粉類やピクルスなどを入れるのにもぴったりです。キッチンで幅広く使えて大活躍する保存容器で、菌の繁殖が気になる夏には特に臭いが付きにくいのも嬉しいです。広口でお手入れがしやすいので、大きさを変えて揃えたくなるキッチンアイテムです。 ボルミオリロッコの保存瓶は、500CCから3000CCまでバリエーション豊かにそろっています。

食材を保存するのに、欠かせない「保存容器」。今回ご紹介した保存容器を活用して、食中毒の予防や保存食をおしゃれに楽しみましょう。

著者

リップ

「日常をおしゃれに」をテーマに生活しているライターです。日々の生活で得た知恵をみなさまに紹介していきます。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧