会員登録 ログイン ショッピングカート

スタイルストアまとめ

「オンリーワンは必ずある」使いやすい財布を探そう

2017年07月10日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

「使いやすさ」は財布を選ぶ際に大事なポイント。大きさ、色、デザイン、ブランドなど、求めるものが異なります。スタイルストアにはさまざまなお財布がありますが、その中でも「使いやすい財布」をピックアップしてみました。お気に入りの1つが見つかりますように。

コイン重視の使いやすい財布

革を育てる楽しみも味わえる財布

イタリアの老舗革メーカー「TEMPESTI(テンペスティ)」の三角コインケースは、普段使いにぴったりと評判の使いやすい財布です。約10cm×10cmとコンパクトで2,160円とリーズナブル。お財布をちょっと傾ければコインもすっと出てくる合理性が評価されています。

革の財布は細かな傷が目立ちやすいのですが、経年劣化で味わい深い色へと変化していきます。TEMPESTIの三角コインケースで“革を育てる楽しみ”を味わいましょう。

キーリング付きがうれしいコインケース

「財布1つで出かけたい」場合に重宝するのは、「POMTATA(ポンタタ)」のキーリング付きの小銭入れ。お財布の中に鍵とコイン、お札が収納できるので、バッグやポケットが膨らまず、省スペースになるのがメリット。お子さんに持たせる財布としても便利です。

小銭入れの素材は豚革で、手にしっかり馴染む良さがあります。価格も4,212円と革製品にしてはリーズナブルですよね。ホワイト地に箔がほどこされた上品なデザインは、大人の女性にもぴったり。

ポケット収納に便利な使いやすい財布

ある程度コンパクトでポケットから出し入れしやすい財布なら、「mic(ミック)」のヒップポケット財布がおすすめです。9.8cm×11cmだから、女性もののパンツポケットにもすっと入るサイズ。片手で取り出しやすいように右上にループがついているのは心憎い演出です。男女ともに使える形&カラーは、ペアで持つのも素敵ですね。

ヌメ革は使い込むほどに色が濃くなります。オンリーワンな財布への変化を楽しみましょう。

あっと驚くデザインを楽しみたい財布

縦に使えるおもしろデザイン財布

一級建築士兼革製品デザイナーである村上雄一郎さんが手がけるブランド「m+(エムピウ)」からは、縦に使用するおもしろい財布をご紹介します。一度の開封でお財布内がすべてわかる、使いやすい財布です。

MILLEFOGLIE ORIGINAL オレンジ25は、ビビッドなイエローオレンジの内布仕立て。ナイロンシャンタンモアレを使用しています。つるっとした質感でお札やコインが滑りやすく、取り出しやすい設計になっています。お財布の表面はイタリアの最高級なめし革を使っており、しっかりした見た目。合理的でありデザイン性も高く、男性へのプレゼントにも使えます。

りすとどんぐりのがま口財布

がま口デザインのお財布は、ぱちんと開け閉めするのが楽しく、デザイン性と気密性も兼ねていますよね。かわいいものが好きな人なら「SAKURAYAMA(さくらやま)」のお財布を手にとってみてください。

りすの長財布は、がま口部分がりすとどんぐりになっています。それだけでも充分素敵ですが、中を開くとカードスポットは14箇所、お札入れスペースは4つ、真ん中に小銭を入れるケースがついています。使いやすい財布候補には収納力も大事。20cm×10cm×2.5cmのプチバッグサイズですから、小脇に抱えてお出かけもおしゃれですね。

デザインがとにかく美しい所作のロングウォレット

まるで折り紙のようなお財布をご存じですか?日本のわびさびを意識して造られた「所作(しょさ)」のロングウォレットは、使うたびに清々しい気持ちになれるおしゃれなアイテムです。スタイルストア限定のデザインで、一枚革を縫わずに折って仕上げてあります。

職人が通常の5倍以上もの時間をかけてのばしたタンニン革は、水染めという技法も施されています。革の芯まで染まっているため、ひび割れやカビも防いでくれるのも良いですね。日本らしいデザイン、きめ細やかな配慮がほどこされたこだわりのお財布です。

とにかくコンパクトな使いやすい財布

中身ありと中身なしで変化を感じない財布

お財布はカードや小銭が多いとぐっと膨らむタイプが多い中、中身なしと中身ありで見た目が変わらないものもあります。「m.ripple(エムリップル)」の二つ折り財布は、小銭とお札、カードがすっきりまとまる一枚革造り。手に持った時に縫い目があたらないず、持ちやすくてコンパクトになります。

使用している革は上質の牛革で、使い込んでいくと色が濃くなり、どんどんと渋みを増していきます。カードもコインも内袋の中に入れる仕様。おもしろいデザインですね。男性へのプレゼントにも人気があります。

1万円札がぴったり納まるお財布

長財布の場合、お札の大きさよりも若干大きめに造られていることが多いですが、「sahuji(サフジ)」のミニ長財布は1万円札ぴったりのサイズです。ヒップポケットにも入れやすく、男女に人気のあるかたち。コインの出し入れはスナップボタンを開けるだけ。さっと100円玉も取り出せますね。

ミニ長財布の考案者は、All Aboutガイド納富廉邦さん。男のこだわり雑貨を担当しているだけあり、使いやすい財布を開発しました。霞がかった表革は、イタリア革のナッパネビアを採用しています。シックな雰囲気は女性にも好評です。

L型財布はコンパクトなお財布

三角コインケースで紹介した「TEMPESTI(テンペスティ)」は、他のかたちのお財布も人気があります。L型財布は12cm×9cm×2cmとコンパクトなのに、お札もコインもカードもしっかり収納できるのが強み。小銭入れは真ん中に、カードとお札はサイドに。おもしろい使い方をしていますよ。

ポケットはもちろん、小さなトートバッグやパーティーバッグにもすっと入る大きさです。旅行用のお財布としても重宝しそう。

持つだけで華やかな気分になれるお財布

花柄がモチーフのイタリア製お財布

お会計の時にさりげなく注目を浴びる、装飾性に溢れたお財布は、「Coquette(コケット)」というブランドのもの。芸術の都イタリア製だけあり、上質な革とぱっと目を引くデザインが特徴です。

フルールと名付けられた長財布は、華やかな花柄が型押しされたおしゃれさが魅力。凹凸の凸部分に箔がのっていて、上品な輝きを放ちます。

和を感じさせるsunaoの力作

おしゃれなのに使いやすいデザインが人気の「sunao(スナオ)」からは、和をモチーフとした極小財布をご紹介します。西陣織を使用したお財布は、小銭だけでなくお札もカードも入ります。10cm×7.5cm×3cmとコンパクトで1万円をきるプライス。着物でのお出かけの際に持つミニ財布にも重宝しますね。海外の方へのおみやげにも需要があるそう。

たくさん入る大きなお財布も使いやすい

お財布というとどうしてもコンパクトなものを求めがち。「ENTREZ(アントレ)」は真逆の発想をいく大きめサイズを開発しました。

オーバーサイズパースと名付けられたお財布は、取外し可能なストラップがついた、まるでバッグのようなフォルム。収納力は抜群で、カードだけで50枚入るという容量です。バッグを持たずとも財布1つでかけられるため、結婚式やパーティーでの使用に適しています。

使いやすい財布の定義は人ぞれぞれ。TPOに合わせ、オンリーワンをじっくり探してみてくださいね。

著者

akiko

『日々の暮らしを丁寧に』。つくり手の気持ちを考えながらアイテムを選ぶのが大好きなフリーランサー。趣味はカフェ巡りです。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧