会員登録 ログイン ショッピングカート

インタビュー

SAVON de SIESTA 附柴彩子さんインタビュー vol.1 石鹸のつくり手になるまで

2017年04月07日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

_MG_3653

スタイルコラムの人気コーナーの一つ、
つくり手インタビュー。今回は、北海道で
手づくり石鹸をつくる
SAVON de SHIESTA(サボンデシエスタ)
代表・附柴彩子さんにお話をうかがいます。

全4回でお届けするこのインタビュー。
第一回は、附柴さんが石鹸を中心とする
スキンケアアイテムのブランド
「サボンデシエスタ」を始めるきっかけと
なったエピソードをお届けします。

ずーっと昔までたどっていくと、そこにあった
のは、幼いころお母さんに読んでもらった
「大草原の小さな家」でした。

子ども時代のワクワクが、石鹸づくりの原点

サボンデシエスタは北海道・札幌市内に
店舗と工房を併設した「シエスタラボ
を構え、熱を加えないコールドプロセス
製法で丁寧に石鹸をつくる会社です。

_MG_3641

その代表を務めるのが、今回ご登場
いただく附柴彩子さん。

14人のスタッフを率いながら、店舗に立ち、
商品を企画し、プライベートでは妻であり、
5歳の娘さんをもつお母さんでもあります。

このインタビューではお話をしてくれる
方の愛用品を紹介していただいており、
附柴さんも北海道からたくさんの品々を
用意してくださいました。

その中には書籍『大草原の小さな家』が。

_MG_3621

西部開拓時代のアメリカを舞台にした「大草原の小さな家」。

実はこちら、附柴さんのお母様が持って
いた本ということで、かなり年季の入った
一冊。

幼稚園に通っていたころ、毎晩少しずつ
読んでもらっていた、思い出の本
なのだそうです。

中でも、ストーリーの中にちりばめられた、
洋服や食べ物などを「自分たちで作る」
というエピソードにワクワクしたと語る附柴さん。

「私もいろいろなものを自分でつくってみたい」
と強く憧れたことを、今でもよく覚えているの
だとか。

「今、石鹸づくりを仕事にしているのも、
そのころに感じた、自分の手で何かを
生み出すことで、胸が高まるような気持ちが
原点になっていると思います」

と、愛おしそうにこの本を見つめる
まなざしが印象的でした。

_MG_3570

「化学変化」への興味を胸に、大学院に進学

ものづくりへの憧れを胸に、幼少期の
附柴さんはお菓子づくりに熱中しました。

ただ、その過程で興味を持ったのは、
「焼きあがるまでの形状の変化」。

「つくったり食べたりするよりも、
クッキーやケーキがオーブンの中で
カタチを変えていく様子を見ているのが
好きでした。だから何十分もオーブンの
前で焼きあがる様子を見つめていた、
ちょっと変わった子だったかもしれま
せん(笑)」

小麦粉と卵とバターが混ざり合い、
熱を加えることで形状が変わる。
そんな「化学変化」に興味を持ち、
大学は北海道大学の理学部へ。
研究に没頭する4年間を過ごし、
さらに大学院に進みます。

休学期間に働いたカフェでの出会いが転機に

しかし、研究は試行錯誤の連続。
答えが見つからず、思ったとおりに事が
進まないという、これまでにない挫折を
味わったことや、研究室にこもりきりの日々
に疑問を感じ、大学院1年生の4月に(!)
なんと一年間の休学を決意。

その一年間で何をしようと考えたときに、
子どものころお菓子づくりが好きだった
ことを思い出したこと、人に喜ばれる
ことを仕事にしたい、との想いを叶える
べく、カフェで働くことに。

ギャラリーを併設したそのカフェでは、
この後の附柴さんの人生観を変える
出会いや気づきがたくさんありました。

shop

直営店シエスタラボの店内からは石鹸づくりの様子を覗き見ることができます。お隣は、北海道の有名珈琲店「モリヒコ」さんのカフェという素敵な立地。

ギャラリーで展示される作家さんたちは、
さんが今まで過ごした大学の
キャンパスの仲間とは、また違う生き方を
していました。好きなことを仕事にし、
輝いている作家さんの姿に、
大きなカルチャーショックを受けると共に、
自分が歩むこれからの人生は、
そんな作家さんたちのようでありたいと
思ったのだそう。

お菓子づくりのワクワクが、石鹸づくりに

とはいえ、具体的に何を仕事にしたいかは
その段階ではわからなかったため、当初の
予定通り大学院に復学。再び研究に
明け暮れる日々に戻りました。

そんなある日、書店で石鹸づくりの本を
たまたま手に取ります。

「そういえばかつて、大学の仲間が
“彩子ちゃん絶対こういうの好きだと思うよ”
と石鹸づくりの本を紹介してくれたのを
思い出しました。そのときは“ふーん”と思う
程度だったのですが、当時ちょうど肌荒れに
悩んでいたこともあって、読んでみたら、
ものすごくハマってしまって・・・
お菓子づくりに通ずるおもしろさを
感じたんです」

_MG_3650

サボンデシエスタの商品たち、原料にはできる限り北海道内のものを使用している3650

小麦粉と油を混ぜてできるクッキーやケーキ
のように、石鹸は、「アルカリ」と「油」を混ぜ
合わせた化学変化によってつくられること。

丁寧に手づくりした石鹸を使い始めたところ、
肌のコンディションが改善したこと。

自分が作った石鹸をプレゼントすると、
お菓子をプレゼントしたときのように
誰もがとても喜んでくれたこと。

点在していた、附柴さんの「やりたいこと」
が一つにつながった瞬間でした。

_MG_3515

「石鹸屋さん」になるためには許可が必要で
あることもわかり、卒業後は大手製薬会社に
就職します。会社員生活の間に薬事法など
を学び、石鹸を製造販売するために必要な
法的手続きの知識を取得。2年で退職し、
北海道に戻って2005年に
サボンデシエスタを立ち上げました。

WEB販売からスタートし、現在では札幌の
人気エリアに店舗を構えるまでに成長。
附柴さんは百貨店の催事や、もみじ市への
出展など引っ張りだこで、また経営者として
札幌と東京をはじめ全国を行き来する、
多忙な毎日を送っています。

top01

附柴さんが「石鹸屋さん」になるまでの
エピソードからは、たくさんの寄り道をしなが
らも、それぞれの場所でしっかりと今に続く
糧となる何かを得ていることがわかります。

寄り道は、ともすると「無駄だった」と
とらえがちですが、どんな経験も今に活かす
ことができるは、附柴さんの素直な人間性
のなせる業のように感じました。

次回は、附柴さんがサボンデシエスタに
込めたフィロソフィーについてお届けします。

なんと、附柴さんが販売したいのは「石鹸」
そのものではないのだそうです!

気になるその理由とは…!?
どうぞお楽しみに。

→SAVON de SIESTA 附柴彩子さん
インタビューVol2はこちらからどうぞ

著者

小林 博子

女性向けのウェブサイトや生活情報誌で、暮らし全般の記事を執筆。妊娠・出産情報サイト「ニンプス」」編集長、AllAbout「マタニティ・育児用品」ガイドも務めています。暮らしを楽しくする、いいもの・かわいいものが大好きです。プライベートでは2児の母。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧