会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの旅手帖

バイヤー中井の佐賀探訪 前編 - 60代・70代からの挑戦 -

2017年01月11日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

saga2

前回は、長崎県 波佐見町の
窯元さんを訪ねた時のことを
綴りましたが、今回の地方探訪
コラムは佐賀編。

地域に根ざしたものづくりを
されているつくり手さんのことや、
その土地ならではの風景や人、
食べものについてなどを
ご紹介したいと思います。

職人さんの姿勢から伝わってくること

saga9

毎月1回、朝7時すぎの羽田発の飛行機に乗って向かいます。

ご縁をいただき、佐賀県の5社さんの
商品開発のお手伝いをさせて
いただくことになったのが2016年の
夏頃。

それからは毎月1回、県内のつくり手さん
の工房を定期的に訪れています。

saga1

その中のお一人が、鹿島市で
ものづくりをされている、
「中原恵峰工房」の中原さん。

saga6

近くで見ると、今にも動き出しそうな迫力があります。

普段は、県指定の伝統的地場産品の
浮立面(ふりゅうめん)をはじめ、
兜・お雛様・菓子型など様々なものを
彫刻で作られています。

saga7

浮立面は、佐賀県を代表する
民俗芸能「面浮立(めんぶりゅう)」を
踊る時に使われるお面。

面浮立は、鬼面を被り、笛や太鼓
などのリズムに合わせて
五穀豊穣や雨乞を祈願して踊る
伝統芸能です。

その起源は諸説あるようですが、
約400年ほど前の時代の戦勝踊りが
元になっていると言われている
そうですよ。

saga5

木材は主に楠を使われているそうで、
工房の中は、思わず深呼吸したくなる
さわやかな良い香りに包まれています。

saga3

木の塊から、形を掘り出していったところ。どんな作品が完成するのか、今から楽しみです。

日当たりの良い静かな工房で、
黙々と形を掘り出す。

御歳78歳、その道の第一人者の
職人さんが、「新しいことに
挑戦していきたい」という思いで
木や道具と真摯に向き合う背中
からは、いろいろなものが
伝わってきて、その姿を見るたびに
いつも気持ちが引き締まります。

saga8

こちらは中原さんの仕事道具たち。
息子さんと、親子で作品を彫られて
いらっしゃいます。

「ホー ホー」という哀愁のある笛の音

saga13

「テテップゥ」と呼ばれる鳩笛。一番左の子はまだ目を入れる前。

こちらは「尾崎人形」。伝承によると、
「1281年、蒙古来襲の際(!)、
捕虜になった蒙古軍の兵隊が
人形を作って、遠い祖国を偲んで
吹き鳴らしていた」とのことです。

saga11

こちらの写真にうつっている男性の方が、
つくり手の高柳さん。
佐賀一品堂の城島さんと一緒に
作られています。

saga12

1点ずつ型に土を入れて焼き、
絵付けされています。

高柳さんは元々ものづくりに近い
ところにいらっしゃったそうですが、
尾崎人形については、伝承のために
60歳頃から受け継いだのだそうです。

saga14

私もワークショップに参加。

今回は色作りからしてみました。

気に入った色に近い色を作ることが
できましたが、ムラなく塗ったり、
愛らしい目を入れるのはやっぱり難しい。
最後は仕上げていただきました・・・!

saga16

紙のわしゃわしゃを敷いて、鳥の素風に。

「夏には何度か熱中症になって
いるからさぁ・・・」と仰る高柳さん。
(あぶないあぶない、本当に。)

セレクトショップでのお取り扱いも
増えて、ますます忙しくなっている
ようなので、これからもくれぐれも
体調に気をつけてものづくりを
続けていっていただきたいなと
思っています。

歳を重ねながら新しいことに
生き生きとチャレンジされている
大先輩方の背中。
毎回、いろいろな学びがある時間を、
ありがとうございます。

こぼれ話:震えるほどおいしい絶品ポテサラ

saga17

スナック街の中にある、おいしい家庭料理をいただけるお店。

魚、肉、野菜、何でもおいしい佐賀
ですが、「ポテサラ」を愛してやまない
私が、震えるほどおいしいポテサラに
出会いました。

それが、佐賀市内にある
「旬菜台所 あ・うん」のポテサラ。

saga20

やさしい口当たりでありつつ、
塩加減がぴたっと決まっていて、
引き立ての黒胡椒がピリリ。
一言でいうと、酒飲みのための
ポテサラなのです。
(決して甘くないやつ。)

saga18

どのお料理もとってもおいしく、
器、盛り付け、酒器、全てが素敵。
オーナーの中林さんのお人柄も
魅力で、県内外のお客さまが
集うそうです。

saga19

いつもは白い割烹着を着て
いらっしゃる中林さん。

使っていらっしゃる道具や器が
実は同席したつくり手さんの
先代が制作されたものだった(!)
なんてこともあり、佐賀県の
ものづくりの歴史をここでも
垣間見ることができました。

さて、次回は佐賀探訪 後編。
どうぞお楽しみに!


【バイヤー中井の地方探訪シリーズ】

波佐見編 その1 「白ねこオブジェが生まれるまで

波佐見編 その2 「スワンができるまで

静岡編「あの蔦の中に


 

著者

中井明香

いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧