会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの愛用品

国産の贅沢なオイルで、フェイスケアデビューしました。

2016年12月27日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

2016年もいよいよ残り数日となりましたね。

あぁ、クリスマスのローストチキン
美味しかったな・・・そして、
大晦日の食べ納めは何にしようかな・・・と、
食べ物のことばかりを考えながら残りの
日々を過ごす、Webデザイナーの藤生です。

今年は、秋を感じる間も無く、
冬が到来したように思えます。

なので、お肌も調子もちょっとくるってしまい、
乾燥しがちになり、忘年会が重なったりすると、
肌のハリまでなくなり・・・。

そんな中、スキンケアにおいて、
意を決してデビューしたことがあります。

それは、「フェイスオイル」です。

今回ご紹介するのは、
QUON(クオン)の天然美容オイルと、
化粧水・乳液・美容液が一つになった
オールインワンセラムです。


スキンケア選びのポイントは2つ。

もちろん、身体のマッサージやアロマオイルなど、
生活にオイルを取り入れてはいます。
ただ、唯一、顔のスキンケアとして、
オイルは使ったことがありませんでした。

今回、フェイスオイルデビューとして、
このQUON(クオン)を選んだ
理由は2つのポイントでした。

ポイント1:国産

直接肌に触れるスキンケア、
30歳を超えてからでしょうか・・・、
できるだけ肌に負担なく、
生産元がわかるものを
選びたいと思うようになりました。

このQUON(クオン)は、
奈良県の都祁(つげ)の里で、
「耕さない、除草しない、肥料を与えない」
とした、自然農法で栽培された「大和茶」の
茶葉や茶実が配合されているんです。

標高500mという風土で栽培された大和茶の茶葉・茶花・茶実が、主原料となっています

高い比率で国産の自然原料を
使用しているところが、
高品質で安心して使えるポイントです。

ポイント2:ワイルドクラフトコスメ

このQUON(クオン)のスキンケアは、
なんと「天然成分100%」「化学成分完全フリー」の
製品づくりをしているんです。
つまり、日本初の国産ワイルドクラフトコスメ。

「ワイルドクラフト?」と、
ネットで検索してしまった私・・・。

“ワイルドクラフトとは、農薬や肥料を
一切与えない無農薬・自然農の
自然栽培方法のこと。”

なるほど、オーガニックより進んだ
農法なんですね。

この2つのポイントがあるコスメだからこそ、
今回のフェイスオイルを使ってみよう!
と、決めることができたんです。

いよいよ、フェイスオイル デビュー!

QUON(クオン)のオイルエッセンスは、
肌質や目的に合わせて3種類あります。

・透明肌(お肌のくすみ・紫外線ケア)・・・ バイタルエッセンス
・美肌(お肌のつかれ・エイジングケア)・・・ エターナルエッセンス
・潤い(お肌の乾燥・高保湿ケア)・・・インデプスエッセンス

わたしは(年齢的にも)
エイジングケアとしてハリも欲しく、
エターナルエッセンスをセレクト。

透き通った琥珀色のオイル

ドキドキと期待感を抱きつつ、
蓋をあけ手のひらに垂らしてみると・・・、
琥珀色のオイルが手に。

「わー、キレイ!」と、こころの中で叫びつつ、
手のひらで揉み広げて、顔につけてみました。

さらっとした感触でこってりしすぎず、
フローラルと柑橘系の香り、
リッチな気分にさせてくれます。

オイルを塗った後のツヤ感を
見ていただきたく、手で試してみました。
右手がオイルを塗った手です。

いかがでしょう?

ベトベトになるのかな・・・、
と思っていたのですが、
このようにちょうどいいバランスで
肌の艶が出てきます。

手に余ったオイルは、
もちろん、もったいないので、
爪や髪のケアへと使っています。



あと、この冬の時期だと、
マスクにもちょっと手に余ったオイルをつけて、
香りを楽しむのもオススメですよ。
一日中、オイルの香りと一緒です。

翌日の朝、起きてすぐに鏡で顔をチェック!
「わ!これは・・・」と、
翌日朝には塗った直後の艶感から、
ハリ感を実感することができました。

シンプルな成分表

このエターナルエッセンスは、

美肌へと導くザクロ種子油や
アルガニアスピノサ(アルガン)核油などの
天然植物油が、大和茶の茶実油と
ブレンドされています。

なので、成分表もこの通りとてもシンプルです。

わたしの母親(60代後半/仕事柄毎日
バッチリフルメイク)にもプレゼント
してみたところ、「鼻の皮脂がすごいから、
さらにテカテカにならない?」と
言っていたのですが、実際使ってみたら、
「逆に皮脂が抑えられ、化粧崩れ
しにくくなったよ」と。

カサってしまう肌質の方、
テカってしまう肌質の方、
どちらの方にも使っていただける
美容オイルだと思います。

手軽で時短にも。オイル使いの応用編とは?

先日、社内のフェイスオイルを使っている
先輩から、「クオンなら、
アクチュアライザーも買うべき!」という、
アドバイスもらったんですよ。

このアクチュアライザーは、
「化粧水」「乳液」「美容液」が一つになった
オールインワンセラム。
オーガニックコスメの中では、珍しいとのこと。

通常は、洗顔後アクチュアライザーで
ケアした後、オイルをつけるのですが、
もっと手軽な方法が・・・

それは、アクチュアライザーとオイルを
混ぜて使うんです!

下の写真左のように、まぜまぜすると、
やさしいクリーム色にになります。

まぜまぜすると、ふわっとアクチュアライザーの柑橘系な香りが広がります

アクチュアライザー自体は、
さらっとしたみずみずしい乳液のような
潤い感があり、とても使い心地がさわやか。

オイルの浸透がスーッと早まるような感じ。
肌への浸透がより深まり、
エイジング効果もさらに期待できますね。

アクチュアライザーとオイルのダブル
使いなので、香りもより一層高まります。

ハンドプレスをして、ぐいぐい肌に浸透させます。

何より、保湿と艶とお手入れが
ワンステップで終わってしまうなんて・・・、
すごいですよね。

なお、このアクチュアライザー一本でも、
日常のスキンケアとしては十分なアイテムです。

ハンドプレスすると、手と顔の肌がすいつくぐらいしっとり保湿できます

こちらのスキンケアアイテムも、
レビューがついており、
ファンの方も多いようですね。

贅沢だけど手軽。自分に合わせた使い方を。

平日のある朝はバタバタしがち、
夜は一刻も早く寝たい・・・、
そんなお勤めの方はもちろん、

自分の時間がなかなかとることが難しい
お子さんのいるママにも、
ぜひこのワンステップのみで終わる
応用使いをおすすめしたいです。

休日など時間がとれる夜は、
スペシャルケアとして、
アクチュアライザーの後にオイルを塗ります。

それぞれ塗った後にハンドプレスし、
かっさなどでフェイスラインをマッサージすると、
翌日の朝、顔のむくみが取れ
ハリ感も上がっています。

ツボ押しコリネットを使い、フェイスラインをごりごり。オイルの滑りがいいので、マッサージしやすいです

同じスキンケアブランドだからこそできる、
この混ぜるという使い方。
贅沢だけど手軽で時短できる
そんな応用編なスキンケア、
試してみてはいかがでしょうか?

香りを楽しむことも、スキンケアのひとつ

初めてQUON(クオン)のスキンケアを使い
ハリや潤いといった効果はもちろん、
それ以外で強く感じたことがあります。

それは、「香りの質の高さ」です。
やはり安心できる成分で作られたものなので、
香りが人工的なではなく、
安心して香りを楽しむことができるんです。

柑橘種な香りなので、この冬の時期にはぴったり

なので、こうやって深呼吸して、
香りを身体にいっぱい吸い込んで、
リラックスすることも、
わたしのスキンケアの一つになりました。

パッケージに詰めた想い

そして、最後にお伝えしたいこと。
それは、このパッケージです。
アクチュアライザーの箱を開けた時、
ハッとしたのです。
箱裏の色が緑色なんです。

パッケージの淵には切り取りの線があり、箱が開きやすくなっています

初めて化粧品を使う時の、
ワクワク感や期待感が高まる仕掛け、
すごいなって思いつつ・・・

箱の中に、メッセージが書いてあるんです。
パッケージを開きやすいよう、
切り取りの線もあります。

商品の想いを伝えることに、
とても丁寧でその想いが大切なことが
パッケージから伝わってきました。

パッケージ素材は、森林保護のために特定の山から間伐材を切り出し、その木を使った紙をパルプから製造しているとのこと

そして、QUON(クオン)というブランド名は、
「遠い過去と未来」「あることが
いつまでも続くこと」という、
日本に元々ある言葉「久遠(くおん)」に
由来しているとのこと。

ロゴは、非時香実(ときじくのかぐのこのみ)」をイメージ。非時香実とは、ミカン科のタチバナの実のようです。シンプルで可愛いですね

発売している株式会社クレコスさんは、
1993年から20年以上、
オーガニックコスメを販売・製造。
食材と同じく生産地や生産者が見えると、
とても安心してスキンケアできますよね。

何よりコスト的にも嬉しい

また、コスト的にも
アクチュアライザーとオイルを使い始めて、
結果として化粧品が少なくなり、
スキンケアの工程も短縮されました。

オイルは20ml、アクチュアライザー50ml。
毎日朝晩使っても1〜1.5ヶ月はもつとのこと。

アクチュアライザーと合わせて使ったとしても、
先にお伝えした通り化粧品の数も少なくなり、
結果として、スキンケアコストがダウンするんです。

ボトルやパッケージのデザインが素敵だと、気分も上がりますよね

なお、QUON(クオン)のスキンケア商品の
とりこになってしまい、
リップバームも使いはじめました。
唇につけるものなので、
余計に成分は気になるところ。
なので、QUON(クオン)はぴったりなんです。

こちらも香り高く、固形ですが指ですくって唇にのせると、スッと伸びます

QUONで、スキンケアの時間が上がる!

初めてのフェイスオイルデビュー、
オイルはベタベタしてしまうのではないか・・・と
正直心配していました。

ですが、このQUON(クオン)のオイルは、
その心配を払拭してくれました。
肌に艶とハリを与えてくれて、
香りで気持ちまで上げさせくれるアイテム。

朝と夜のスキンケアの時間が、
今まで以上に贅沢になり、楽しみになりました。
また、きちんと作られたものは、
使うときの気持ちもシャンとします。

朝は、忙しいけど、手抜きはしたくない。
オールインワンで贅沢な手抜きって、
あったんですね。

年末年始、仕事でさらに忙しくなる方、
アクチュアライザーとオイルで
簡単だけどワンステップなスキンケアで、
肌にご褒美をあげてください。

帰省や旅行などでゆっくりされる方、
このタイミングで基礎化粧品を変えて、
じっくりとスキンケアの時間を
かけてみてください。

QUON(クオン)で、
スキンケアの時間をぐっと上げて、
年末年始をお過ごしください。

著者

藤生 朋子

Webデザイナー。サービス全般のWebデザインを担当しています。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧