会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの旅手帖

バイヤー柳沼の旅手帖 八戸&奥入瀬への旅【3】地元の人に愛される、まっすぐな味

2016年12月13日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

八戸&奥入瀬の旅手帖も今日が最終回。
一泊二日の旅は、終わりが近づくと
いつもあっという間過ぎるなーと、
なんだかもったいないような気がする
のですが、同時に、一泊二日でも
こんなに遠くまで足を延ばせるんだな
とも思います。

さて、最終日のメインイベントは
八戸での地元ご飯とプチ観光です。

22

あれ、実物はもっと幻想的だったのに・・・写真イマイチ!?

朝、早起きして渓流沿いをちょっと
散歩。奥入瀬渓流ホテルは、自然を
楽しむアクティビティが充実していて、
渓流沿いの見どころごとに停車する
バスを出してくれています。

今日は出発の時間があるから、
散歩の時間は40分ぐらいかなーと
いう場合は、その範囲内で戻って
来られる渓流沿いのバス停で降り
ると、無理なく朝の渓流散歩を
楽しめるんですね。

23

ホテルの各部屋には苔を観察するためのルーペが装備されています

他にもガイドさんと一緒に朝散歩
をして自然の中でコーヒーを飲んで
くる、とかヨガがセットになった
ものなど、宿泊者の多くの方が
なんらかのアクティビティを
楽しんでいたようでした。

無料バスで八戸へ送ってもらった
後は、八戸線というローカル線に
乗り、陸奥湊(むつみなと)駅へ。
ここに目当ての食堂があるのです。

19

じゃーん、これが「みなと食堂」。

地元の方に愛される、町の食堂
ですが、魚市場エリアにあるため、
早朝6時から営業しているのが特徴。
つまり、昼時に行こうものなら、
人気&お得メニューは既に完売
していることもあるお店です。

しかし、私がぜひ食べてみたかった
のは、みなと食堂の看板メニュー
「ひらめの漬け丼」。

18

ひらめ、びーっしり。
ちなみにひらめの下のご飯もこれまた
すごい量で、小食な婦女子は食べきれ
ないのでは?と思う量(ちなみに私は
この丼とせんべい汁のセットにして
満腹ながらも完食しました)。

ほんのりニンニクの風味がきいた
醤油だれと、ひらめ、卵黄のコンビ
ネーションが最高。ひらめが新鮮
そのものなので、こんなに美味しい
ひらめを、一度にこんなに大量に口に
入れるなんてこと、もうないんじゃ
ないか、なんてことを思いながら
無言でひらめを口に運びました。

24

せんべい山積み!しかし、地元のスーパーの煎餅売場はこんなもんじゃないらしい

八食センターでも大量に売っていた
せんべい。みなと食堂はせんべい汁も
絶品でした。具のシイタケをはじめ、
いろんな出汁がきいていて、家じゃ
再現できなさそうな複雑な味。
特に寒さ深まる今の時期は、本当に胃に
しみる美味しさだろうなー・・・ひらめ
漬け丼ともども、必ずまた食べたいと
思う地元の逸品でした。

20

蕪嶋神社付近の海岸での一枚。砂浜とはまた違った、いい眺め。

みなと食堂を後にし、腹ごなしに
蕪島神社へ。昔は離島でしたが、今は
埋め立てられて陸続きになっています。
蕪島は、ウミネコの繁殖地として
天然記念物に指定されている所。
だいたい3月に来て8月には飛び立つ
というサイクルのようで、ウミネコは
あまりいませんでしたが、それでも
何羽かは目にしました(時期が来ても
旅立たず、蕪島ステイするウミネコが
一定量いるそうです)。

大盛りだったひらめ漬け丼のお陰で、
ちょっと蕪島神社を詣でた程度では
まったく腹ごなしになりませんでした。
が、あっという間に新幹線の時間。
八食センターに渓流のせせらぎ、
奥入瀬渓流ホテルの暖炉など、印象に
残った旅の思い出を反芻しながら
帰路につきました。

21

青森は菊の名産地でもあり、お安くあちこちで売っていました。おひたしにして食べるそう。

次回は是非、新緑眩しい頃に再訪したい
奥入瀬渓流周辺。

ブナの原生林が見られる、と
ガイドさんおすすめの「蔦温泉」も
今度は必ず足を延ばしてみたいと
思っています。

全3回の旅手帖八戸&奥入瀬編、
お付き合い頂きありがとうございました。


柳沼が、今回の旅に持参したもの。

[1]ORIMのストール
[2]いつものポーチ
[3]寒さに備えてインナーダウン
[4]歩くときは靴下のした
[5]旅の財布は極小サイズ


バイヤー柳沼の旅手帖
八戸&奥入瀬への旅【1】
奥入瀬散策の前に行くべき「村」の話

八戸&奥入瀬への旅【2】
キャラメルの香り漂う道

八戸&奥入瀬への旅【3】
地元の人に愛される、まっすぐな味

著者

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧