会員登録 ログイン ショッピングカート

きものデビューへの道

第五回 自力で着物を着てみる 後編

2016年11月16日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

05_banner

前回、とりあえず自力で着物を着てみよう、と
長着までをなんとか身につけたハタダ。

最後に、いよいよ帯を結びます。
結ぶのは、名古屋帯で「お太鼓結び」という
最も基本的な形。

基本的・・・とは言え、
教則本では写真約40コマ、
ページにして4ページに渡る長さで、
工程がとにかく複雑です。

05_kagami

大事な「お太鼓」の部分は
自分の背中側で形を作っていくのですが、
前屈で膝までしか手が下りない程
とにかく身体が固いハタダ、
なんと背中まで手が上がらない!

首も回らないので、
後ろ手に鏡を見るのもつらく、
途中、何度も腕が攣りそうに・・・

結局、全て着終えるまでに
かかった時間は
・下着・長襦袢層 30分
・着物 1時間
・帯 2時間

なんと計3時間半・・・!!

そして、ようやく完成した着姿がこちらです。

05_cyakuyou

半衿も綺麗に出ていない、
衣紋が詰まっている、
帯も曲がっている、
全体的にシワシワ・・・と
着姿もかかった時間も酷いもの。

でも、一度着てみることで
「どうやって使うの?」と思っていた
着物道具の役割もよくわかったし、
着物関連の本を見ても
「ああ、この部分のことを言ってるのね」と
内容がわかるようになったので、
少し進歩はしたのではないでしょうか。
やってみるって、大事。

05_parts

それにしても、着物って本当に
部品が多いんですね。
着終えた姿はすごく優雅で美しいけれど、
その下は、タオルや大量の紐で
こんなにも身体をぐるぐる巻きにしているとは。
これは着るだけじゃなくて
脱ぐのにも時間がかかりそう・・・

そんなことを思いながら、
初の着物姿をぱしゃぱしゃと
写真におさめていたところ、

05_obi

お太鼓が崩壊。
(きちんと締められていなかったようで・・・)

まだまだ着物でお出かけまでの
道のりは遠そうです。

絵:chihiro kawata


banner

知識ゼロのハタダが着物と格闘する日々、
そっと見守っていただけますと幸いです。

nanao_banner

着物の季刊誌「七緒」のウェブショップ、
こまものや七緒」の運営もしています。

著者

畠田 有香

スタイルストア新人バイヤー。
その商品のどこが良いのか、なぜ良いのかを、わかりやすくみなさまにお届けしたいと思っています。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧