会員登録 ログイン ショッピングカート

みんなの知恵袋

【みんなの知恵袋】研ぎ師直伝!驚くほど切れるようになる、包丁の研ぎ方講座

2016年11月28日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

0

毎日使う包丁は、気をつけていても、
徐々に切れ味が落ちてくるもの。
メーカーに研ぎ直してもらうこともでき
ますが、自宅でもこまめにメンテナンスを
しておくと、切れ味は全然違ってきます。

刃物の産地、岐阜県関市で料理人の方
などプロの包丁を蘇らせる「研ぎ師」の
方に、家で包丁を研ぐときの手順とコツを
教えて頂きました。

砥石(といし)について

包丁を研ぐには、「砥石(といし)」
を使いますが、砥石は、包丁に
使用されているステンレスや鋼など
よりも硬い粒子を固めたもので、
この硬い粒子と包丁がぶつかることで
包丁が削れていきます。

砥石には「荒砥」「中砥」「仕上砥」の
3種類がありますが、一般的な家庭では
「荒砥」や「中砥」が使いやすいでしょう。

では早速具体的な手順に入ります。

包丁の研ぎ方

【1】砥石を水に浸す
これは、包丁と砥石が擦れて生じる
摩擦熱を抑えたるためです。
水を張った桶などに砥石を沈めます。

re06

砥石から気泡が出なくなるまで十分に水を浸み込ませます。

【2】砥石を固定する
十分に水を浸み込ませた砥石を
水中から取り出し、研いでいる最中に
滑らないよう、専用台などを使って
固定します(台がなければ、下に布巾
などを敷いてご使用ください)。


【3】包丁を研ぐ
まずは荒砥を使用して包丁を研いで
いきます(荒砥がなければ中砥から
始めても大丈夫です)。
刃を手前に向けて右手の中指、薬指、
小指で包丁の柄をしっかりと握ります。
右手親指で包丁の根元を抑え、
左手で刃先を軽く抑えます。

re05

柄を手前に45度向け、砥石の水平面に
対して刃を少し起こします。

re04

コイン2~3枚ほどの高さが目安です。

re03

角度を一定に保ち、ゆっくりと動かします。

起こした際の角度が浅いほど、切れ味が
長続きする良い刃がつきますが、
研ぎの難易度は高くなります。

包丁をうまく研ぐコツをご紹介しますね。

1、砥石に対する角度を一定に保つ。

2、手前から奥に向けて、刃先から順に
根元へゆっくりと動かす。

3、砥石の偏摩耗を避けるため、砥石
全体を使って研ぐ。

4、少量ずつ水を掛けながら研ぐ。
こうすると、砥石の減りが抑えられます。


【4】刃先に刃返りがでるまで、繰り返す
20回ほど前後させると、下の図のような、
わずかに反り返ったような「刃返り」が
でてきます。この刃返りがでるまで
繰り返し研いでいきます。
re02

指で触りながらザラザラとした
引っかかりがあれば「刃返り」がある
証拠です。
部分的に刃返りが出ていない場合
は、その部位を左手で軽く抑えながら
集中的に研いで、均一に刃返りを
出します。

【5】裏面を研ぐ
包丁をひっくり返し、右手で刃を奥に
向けた状態で握ります。表面と同じく、
砥石に対して角度を固定し、左手で
ブレードを軽く抑えた状態で、奥から
手前に動かします。

re01

表面とは逆に、手前に引くときのみ力を入れます。

【6】中砥で仕上げる
中砥に替え、【1】から【5】の工程を
繰り返して、仕上げます。

【7】刃返りをとる
研ぎ終えた包丁を新聞紙の上で払う
ように擦り、刃返りをとります。
表面と裏面を交互に繰り返し、刃返りが
すべて取れたら終了です。


手順を丁寧に教えてくださったのは、
pommeや「ゆり」と「やまと」でお馴染み
志津刃物さんがお付き合いされている
研ぎ師さんです。

WEBで検索すると研ぎ方の動画なども
見つかりますので、参考になさってみて
くださいね。

著者

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧