会員登録 ログイン ショッピングカート

Today's Story

【HERZ×sunao】幸せな出会いに満ちたプロジェクト

2016年07月17日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

スタイルストアの中でも、とっても
思入れのある特別な商品の一つ
グランバロン」とお別れすることに
なりました。
本日2016年9月30日が、このバッグ
のご注文をお受けする最後の日。

最終日に改めて、デザイナーの
河本さんからのメッセージをご紹介
したいと思います。

>>さよなら、グランバロン
バッグでつながるすべての方々に
感謝をこめて

main1

長年このバッグを作ってくださって
いたHERZさんが、今後すべて直接
販売を行うことになり、当店のような
ショップへの「卸し」は2016年9月末日
をもって終了ということになりました。

当店とHERZのお付き合いは、
開店当初の2005年から始まって
いますので、本当に長い間共に
歩んできたブランドです。

10年以上前のその当時から、
熱狂的なファンの多かったHERZ。
その熱狂的なファンの一人が
グランバロンのデザイナーである
sunaoの河本さんでした。

herz146

左 HERZ 根津さん、右 sunao 河本さん、HERZ工房にて

当店のお客さまと、もの作りに
まつわるやり取りをしていた中で、

・仕事でも使えるバッグ
・A4や雑誌が入る
・いかにもビジネス!な見た目はイヤ
・仕事以外でも自然に使える
・軽くて丈夫で長持ちする

こんなバッグが欲しい!との
リクエストを頂いたことをきっかけに
制作したグランバロン。

main4

「仕事に使えます」と謳われている
鞄のほとんどが「横長の長方形」
であることに、一人のつかい手
としてウンザリしていたので、
河本さんのデザインを見たときの
胸がすくような感激は格別でした。

herz068

そして、今も印象に残っているのが
このグランバロンのデザインは
「HERZの哲学と彼らが使う革が
あってこそ、生まれたもの」という
河本さんの台詞です。

過去にグランバロンを購入して
くださったお客さまの中には
「2年迷った!」という方もおられ
ましたので(笑)、今回少し余裕を
もったタイミングで、7月に取扱終了
予定の旨ご案内をさせて頂きました。

予想以上に多くのお客さまから
ご注文を頂けて、改めて嬉しい驚き
がありました。

KTWO0581

グランバロン誕生は2008年冬。
体裁が古いものもありますが、ぜひ
この機会に以下のコンテンツも
ご覧頂けたらと思います。

title_3

■バイヤー中井がgrand ballonを
選んだ理由とは?
>>「50日待ったかいがありました」

■デザイナーsunao 河本さんの
つくり手ブログ
>>HERZ meets sunao 1-10

■「買ってよかった!」
>>グランバロン つかい手の声

今までグランバロンを丁寧に制作
してくれたHERZ根津さんと職人の
皆さん、sunaoの河本さん、そして
グランバロンを愛用してくれている
すべてのお客さまに心から感謝の
気持ちをお伝えしたいと思います。

本コラムのタイトル
「幸せな出会いに満ちたプロジェクト」
は、河本さんがグランバロンの誕生
にまつわるすべてのことを評して
おっしゃった言葉。

出会いの中には、もちろんバッグを
通してつながったお客さまとの
出会いも含まれています。
本当にありがとうございました。

著者

柳沼 周子

大手小売業で服飾雑貨のバイイング、新規ブランド開発を行う。その後活動の場をインターネットに移し、2006年にスタイルストアへ参加。 得意ジャンルは服飾雑貨、最近は地方の名品発掘がおもしろくて仕方がない。モノの背景を知ってこそ見える、真のお買い得品をセレクトする、これが信念です。

LINE@配信開始

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧