会員登録 ログイン ショッピングカート

Today's Story

スタッフ愛用率ナンバーワンの財布

2016年03月02日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

当店ではたくさんのお財布の
お取扱いがありますが、
男女問わず、当店のスタッフの愛用率が
最も高いのが「所作」のお財布です。

「袱紗」と「折方」という日本的なモチーフを
デザインに落とし込み、一枚の革を
縫わずに折って仕上げられています。

一見シンプルですが、開いてみると
特徴的なつくりなんですよね。

今回は当店のスタッフが愛用する
所作の経年変化を写真でご紹介しつつ、
みんなの愛用ぶりをお伝えしたいと思います。

バイヤー 中井の場合

_MG_7035

所作の担当でもある中井は、自らも
所作の財布を6年も愛用しています。
カラーは「ブラック×シルバー」。

先に述べたように、
財布としてはちょっと特徴的な形で、
カバー部分が長めに作られているため、
するするっと広げていく動作は
とても美しいんです。

6年も使っているとさすが慣れたもので、
財布を開けて小銭を取り出すまでの
動作が素早い!
(あまりにも早いので、ちょっと遅めに実演してもらいました)

買い物先でレジ担当の人に、
「今のもう一回やってください」
なんて言われたこともあるそうです(笑)

所作というブランド名は
『お金を包む動作、その人の「所作」を
美しく見せるような財布』というコンセプト
に由来していますが、こうして改めて
中井の手の動きを見ていると、
まさにそれを体言した財布であることが
よく分かりますね。

MDアシスタント 田中(の旦那さん)の場合

最も使い込んでいたのは
MDアシスアタントの田中の旦那さん。

P2250687

愛用歴はちょうど4年。カラーは「ブラック」。
その使い込み具合を新品と比べると
くたっとした、いい風合いになっています。

P2250671

P2250670

購入時はぴんと張りのある革の感じも、
手に馴染むやわらかさに。

購入したきっかけは、「バイヤー中井の
あまりの絶賛ぶりに惹かれて」とのこと。
財布を変えるつもりはなかったのに、
思わず買ってしまったそうです。

P2250666

男女問わず愛される所作の財布。
一枚革が、つかい手の個性を反映
したような育ち方をしていますね。

デザイナー 藤生の場合

P3010754

愛用歴5年半。カラーは「ブラック×レッド」。
長く使える財布を探していたところ、
「金具も縫い目もなく、
使い込んでもほつれたりしない、
所作のお財布に辿り着いた」とのこと。

こうやって壊れずにずっと使い続けられる
からこそ、長く愛用する人が多いんですよね。

彼女が一番気に入っているのは、
「開いた時に見える、大胆なにハッするところ」。

P3010761

支払の時には「素敵なお財布だね」と
声を掛けられたりして、
「一枚革でできているんですよ」なんて
会話のきっかけになったりするそうです。

私が驚いたのは、革の色の変化。
表面の色はもともとブラックですが、
裏の赤色が表に出てきて、
なんともいえない上品な風合いに。

P3010762

赤と黒のコントラストは、漆器の根来のよう。
新品の状態からは思いもよらない
美しさに出会える革でもあるのですね。

つかい手の声もご紹介

当店のスタッフだけではなく、
このお財布を購入されたつかい手さん
からも、素敵な声を多く頂いています。
その中でも、改めて所作の財布の
すごさを感じた声がこちら。

「お金の居心地が良さそうだな!と思い
購入させていただきました。
お金に感謝する気持ちを日々感じさせて
もらえるお財布だと思います」
(北海道 40代男性)

ただ見た目に美しいだけではなく、
お金に対する感謝の気持ちまでも
引き出してしまう、
そんなところに、所作の魅力が
詰まっているように思います。

>>所作の商品ページ一覧はこちら

著者

畠田 有香

スタイルストア新人バイヤー。
その商品のどこが良いのか、なぜ良いのかを、わかりやすくみなさまにお届けしたいと思っています。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧