会員登録 ログイン ショッピングカート

花一輪

[花一輪]2月24日 ミモザ

2016年02月24日更新

  • facebook いいね!
  • Twitterに投稿

hanaichirin_1

hana_0001

日々暮らしている中で、
お花や植物がそばにあると
少し良い気分で過ごせるような
気がします。

生きているものだから、
刻々と変わっていく四季や
普段は目に見えない「時間の流れ」を
ふと気づかせてくれることも
ありますよね。

hana_0002

お気に入りの花器に、
季節の草花を一輪だけ。

たくさんの種類のお花を飾るのも
素敵だけれど、お家で無理なく
長く続けたいなと思った時、
一輪、もしくは一種類から
気軽にはじめてみるのも
良いんじゃないかなと思いました。

hana_0003

お花屋さんで季節のお花を買ってみたり
お庭から草花を摘んできたり。

ささやかで慎ましくて、
でもちょっとだけ幸せな気持ちになれる、
そんな「お花のある暮らし」の一コマを
綴れたらと思い、このコラムを
はじめることにしました。

hana_0004

この企画は、スタイルストアとも縁が深い
中目黒の花屋 ex.(イクス)
田中 彰(たなか あきら)さんにご協力を
いただいています。

banner_hana_interview

お花のことから田中さんの生い立ち、
お花を活けるコツや愛用の道具まで
いろいろお話を伺いましたので
ぜひインタビュー記事もご覧くださいね。

hana_0005

日めくりカレンダーのように、と
言いたいところですが、
週に1回くらい、のんびりと更新して
いく予定です。これから
お付き合いいただけると嬉しいです。

2月24日 ミモザ

hana_0006

ミモザは、3月から4月のお花。
この時期お花屋さんをのぞくと、
少し早めにミモザが並んでいる姿を
よく見かけます。

小さくて鮮やかな黄色いお花は、
お部屋の雰囲気やそこにいる人の
気分まで明るくしてくれそうです。

花器:VISION GLASS LW

hana0007

終わりの時期を迎えたら、
ドライフラワーにして楽しむのも
おすすめ。

ちょうど10数年前の学生時代、
ヨーロッパでの貧乏旅行中に
フランス ニースでお花のお祭りが
開催されていました。

お祭りの主役のお花だったのがミモザ。
カーニバル後にブーケをいただき、
近くにいたマダムにおすそ分けしたら、
少女のような顔で大層喜んでくれました。

ミモザを見るたび、そんな記憶を
思い出します。

banner_hana

著者

中井明香

百貨店で、インテリア・家具のバイイング、企画、広告編集などを担当。2008年にスタイルストアへ参加。いつもの暮らしがちょっと心地良くなるようなものやこと、つくり手の思いやものづくりのストーリー、その地域ならではの話をお伝えしたいなと日々考えています。

関連記事

新着コラム

新着コラム一覧