台東ファッションザッカセレクション

台東区×スタイルストア

会員登録ログインショッピングカート
ログアウトショッピングカート

Squeeze(大関鞄工房)大関 勉 さん

「うちのバッグは決して華美ではないけれど、手にすれば、プロの技を感じてもらえるはず」

『Squeeze(スクイーズ)』は1963年に創業した大関鞄工房の看板ブランド。大関勉さん(43歳)は、5歳年上の兄とともに家業を支える。平日は工房で革裁ちや縫製、ショップの接客に勤しみ、週末は房総の海に出かけ、サーフィンに明け暮れる。『イケメン職人』という呼び方がぴったりな好青年だ。

父の背中を追い続ける、一途な職人兄弟

「ぼくは次男だし、先に兄が父の下で働いていたから、
『家業を継いでほしい』といわれたことはないんです」

父の仕事を間近に見ながら育った勉さんにとって、
バッグ職人になることは、ごく自然な流れだった。

創業者の大関繁さん。78歳になった今でも毎日ミシンに向かい、バッグ作りを続けている。

勉さんが大学生だった1990年頃は、バブルの絶頂期。
同級生は一流企業からの内定をどんどんもらっていたが、
鞄工房の次男は、会社員という安定した道を選ばず、
まず、バッグの問屋に入り、営業の経験を積み、
1年半ほど勤めた後、大関鞄工房に入社した。

「入社した頃は景気がよくて、ブランド物のバッグが
飛ぶように売れていた時代です。
でも、時代が変わって、いまはブランドではなく、
雰囲気や素材感でバッグを買うお客さんが増えました」

「そのせいか、浅草橋あたりの革問屋に行くと、
若いレザークラフトの作家さんをよく見かけます。
自分の好きな物を自由に作れるのは正直うらやましい。
けど、うちはメーカー。職人さんも抱えているので、
個人的に興味のある物ばかり作ることはできません」

そういいながらも、
プライベートでは自転車のサドルバッグなど、
ついつい革で自作してしまうそうだから、
よほどこの仕事が好きに違いにない。

工房の壁には革のサンプルやパーツの見本が合理的に配され、ちょっとしたアート作品のよう。

「入社して19年目になりますが、まだ先代はこえられません。
自分なら『これは糸が切れないから大丈夫』と思う部分も
こっそり後ろから補強していたり・・・。
効率やコストより、『いいものを作る』ことを大切にする、
父の変わらない仕事の姿勢に、いつも反省させられます」

クリッカーと呼ばれる、革の型抜き機を扱う長男の敏幸さん。下町らしい快活な人だ。

親子のあうんの呼吸が高品位なバッグを生む

勉さんの父、繁さんは78歳になるいまも、
毎日ミシンに向かい、革を縫い合わせている。

親子とはいえ、職人同士の間柄、
仕事中に口をきくことはめったにない。
しかし、集合写真のフレームにおさまった3人は紛れもない家族。
下町っ子らしい陽気なお兄さんにつられて、微笑むお父さん。
家族経営らしいのんびりとした雰囲気があるが、
バッグ作りに対してはとてもシビアだ。

たとえば重さ。
普段はバッグの重さなどあまり意識しないが、
勉さんは、使い勝手に大いに影響するという。

「バッグが重いと、知らない間に疲れますからね。
だから『ここのは軽いね』っていわれるとうれしい。
軽くするために強度を損なわないギリギリの薄さまで
薄く漉(す)いた革を使うようにしています」

『スクイーズ』のバッグは控えめなデザインが多いが、それだけに素材や作りのよさを感じる。

一方、兄の敏幸さんは、対面販売の大切さを強調する。

「お店での接客を通して得たお客さんの意見を吸い上げ、
さらによいものを作っていけるのがうちの強みです。
いまは女性物が中心ですが、今後は男性用のちょっと
マニアックなバッグも少しずつ増やしたいですね」

父から受け継いだ仕事と技に誇りを持つ息子たち。
『スクイーズ』のバッグは、繊細でおとなしげに見えるが、
イタリアの職人にも通じる熱いスピリットで満たされていた。

取材・文/松本典子、撮影/横山新一、AD/柳悠介
大関 勉

[Profile]大関 勉 おおぜき・つとむ

1969年東京都生まれ。法政大学経済学部卒業。ハンドバッグメーカー勤務を経て、1993年に大関鞄工房へ入社。以来、約20年間、有名バッグブランドのOEM製造に関わる。オリジナルブランド『スクイーズ』では、OEM製品のデザインからサンプルの試作、製造まですべてを行っている。

メッセージ

培ってきた技術や経験、アイデアを基に、持った人が楽しくなれるようなバッグを作り出したいと思っています。バッグ職人という職業を、これからも残していくためにも、こだわりのある丁寧なバッグを打ち出していきます。少しずつ商品を増やしていく予定ですので、時々ごらんいただけるとうれしいです。

[Brand]Squeeze スクイーズ

2004年にスタートした大関鞄工房のオリジナルブランド。『Squeeze』という言葉の意味は「絞る」。大関鞄工房が1963年の創業以来培ってきた経験や技術を「絞り込んだ」バッグを目指し、製品はすべて国内で製造している。

[Products]今回のご紹介アイテム

『スクイーズ』の強みは、軽さと強度の両立。バッグには、革の風合いが残るギリギリの薄さの牛革を使用し、軽さを実現している。また、中身が見えないようにバッグの開口部にファスナーをもうけるなど、女性にうれしい細やかな作りで定評がある。今回、スタイルストアで取り扱うのは、次の3点。
3アイテムとも世代を選ばないシックなデザインなので、目上の人へのプレゼントとしても好適だ。

Squeeze/Baquette 縦型トート

Squeeze/Baquette 縦型トートA4サイズの入るシンプルな縦長トートバッグ。内側には大きめのファスナーポケットがついている。

Squeeze/Boule 横型トート

Squeeze/Boule 横型トートA4サイズが横向きに入るトートバッグ。内部には両側にポケットがつき、機能性に優れる。バッグ底面には鋲打ちが施されている。

Squeeze/Tabatiere ショルダーバッグ

Squeeze/Tabatiere ショルダーバッグ長財布が入るので普段使いに便利。ショルダーのストラップを取り外せばポーチとしても使える。

アイテムラインナップ

Information

台東ファッションザッカセレクション つくり手ブログ

イベント情報

ファッション雑貨ブランドを展開予定の企業様へ
このページの先頭へ