台東ファッションザッカセレクション

台東区×スタイルストア

会員登録ログインショッピングカート
ログアウトショッピングカート

pionero(パイオニア)ディレクター 李 宗鎭(イ・ジョンジン) さん

「アジア人とイタリア人では靴作りのDNAが違う。そうわかっているけど、それでも本場に挑みたい」

物作りに限らず、ひとつの分野で成功した人は、若いころによき先輩やライバルに恵まれた人が多い。李宗鎭(イ・ジョンジン)さん(36歳)は、その両方に出会うことのできた幸運な若者だ。人情味あふれる町工場の社長と才能ある同期の存在に刺激され、婦人靴のオリジナルブランドを任されるにまでになった。

靴作りに国境はない。経営者の良心が若き才能を開花させた

李さんは30歳のとき、人生の岐路に立たされた。
大学卒業後、東京のファッション専門学校に再入学、
婦人靴メーカーのパイオニアで企画職の内定を得たものの、
就労ビザが下りなかったのだ。

「在学中はコンテストで賞を何度ももらっていましたが、
それだけでは日本で就職するのは難しいと痛感しました。
就活では靴メーカーを6社受けて5社から断られました。
最後の望みがいまいる会社でした」

アッパーを靴型にかぶせ、成型する「釣り込み」の作業。ピオネロの靴は、アッパーにシワを人工的につける。

夢半ばで韓国へ戻るか、
日本で靴作りの仕事をまっとうするか――
将来を案じる李さんに手を差し伸べたのが
パイオニアの2代目社長、西村博さん(44歳)だった。

社名同様、反骨と進取の精神に富む西村さんは、
専門学校の就職課や行政書士を巻き込み、
入国管理局の判断をなんとか覆させた。
いまに続く2人の信頼関係はここに始まる。

「もし西村社長と出会っていなかったら、
日本で靴作りの道を歩んでなかったはずです」

入社してから最初の1年は研修に費やされた。
自社工場で靴を作り、直営店でお客様に売るまで、
靴メーカーのイロハを身を持って経験させられた。

「一番刺激になったのは同期の存在です。
年下の女性でしたが、センスも技術も私よりずっと上で・・・。
負けたくないから、年配の職人さんに頼み込んで、
仕事が終わった後に靴作りの技を磨きました」

そうした努力が西村社長の目にとまり、
入社2年目には革靴のパターン(型紙)作りを
本場のイタリアで学ぶ機会も得た。
帰国後、李さんは社長の夢がつまった
オリジナルブランドを任されるようになった。

ピオネロの靴に使う革は、ほとんどがオリジナル。中にはヌメ革なのに水洗いできる特注も革も存在する。

相手を思いやる気持ち、もてなしの心が日本の強み

無着色の革に手彩色したピオネロの靴は、
よくいえば、遊び心と創造性に富み、
悪くいえば、買う人を選ぶブランドだ。

「小さな靴メーカーがピオネロのような
個性的なブランドを維持するのは大変です。
でも、ピオネロの靴が並んだ店に行くと、
そのたびに不思議と心が癒やされて、
続けなくちゃという気持ちになるんです」

ピオネロの靴は、筆を使って革を染める。同じカラーでも微妙に色の濃淡が異なるのがハンドメイドの証。

ブランドは続けることに価値がある――
そんな西村社長の考えもあり、
ファッション雑貨のパリコレといわれる
『プルミエール・クラス』に
ピオネロは毎年新作を出し続けている。

「イタリアに留学したとき、
靴作りのDNAの違いを痛感した」という李さんだが、
「いつかイタリアと張り合えるブランドにしたい」
とつねづね思っている。

パイオニアでは20代から70代まで幅広い年代の作り手が働く。難易度の高い靴はベテランに任される。

日本の小さな靴メーカーが
本場で戦うにはどうすればよいのだろうか。

ヨーロッパと日本を外から眺めたとき、
「物を大事に思う気持ちが最も表れているのが
メイド・イン・ジャパン」と李さんは指摘する。

「八百よろずの神が日本にはいると学びました。
人だけでなく、身近な物に対しても扱いが
丁寧なのが日本人の素晴らしいところです。
そうした繊細な日本の物作りを
ヨーロッパに伝えていくのがぼくの役割です」

西村さんが開拓したフロンティアは
青々とした新芽でおおわれつつある。

取材・文/菅村大全、撮影/権藤和也、AD/柳悠介
李宗鎭

[Profile]李宗鎭 イ・ジョンジン

1976年韓国生まれ。文化服装学院卒業後、2007年にパイオニアへ入社。2009年にイタリアへ留学し、革靴のパターン作りを学ぶ。帰国後、ピオネロのモデリストとなり、新作のパターン作りからマーケティングまで一貫して手がける。文化服装学院シューズコース学院長賞、 LINEAPELLE Contest、イタリア GEA社 Cammina con la natura 、ドイツのBASF Group Elastogran など、コンテスト受賞歴も多い。

メッセージ

「履いた瞬間から、幸せになる靴を届けたい」。どの国の靴よりも日本の靴が世界一になる、一足一足丁寧に日本の物作り精神を込めて作り上げるのがパイオニアの靴です。その靴はお客様の笑顔になり、パイオニアの信念であり、日本の未来になると思っています。

[Brand]Pionero ピオネロ

婦人靴メーカーのパイオニアが1998年にスタートしたオリジナルブランド。Pionero(ピオネロ)とは、社名のスペイン語読みで「開拓者」という意味がある。無着色の革を筆を使って染めた靴は、同じ色でも1点1点微妙に表情が異なり、豊富なカラーバリエーションが楽しめる。ファッショナブルな印象だが、紳士靴の製法を応用してあるため、履きやすく、修理しながら長く履き続けられる。

[Products]今回のご紹介アイテム

 シンプル&ベーシックでも、人とはちょっと違う革靴を探している女性におすすめしたいのがピオネロのシューズ。中でもこの「レースアップシューズ」は、カジュアルにもシックにも履きこなせることから、ブランド誕生以来のベストセラーとなっています。
 新品なのにアンティークのような雰囲気が漂うのは、革を染めるのに筆を使って自然な色の濃淡を作り出しているため。また、履き込んだ靴のような深いシワを甲の部分に表現するなど、ハンドメイドらしさを感じる作りとなっています。製造元のパイオニアでは、リフト交換(かかとのゴム部分)、オールソール交換どちらにも対応しているので、長く履き続けられます。

今回ご紹介した商品の購入はこちら

アイテムラインナップ

Information

台東ファッションザッカセレクション つくり手ブログ

イベント情報

ファッション雑貨ブランドを展開予定の企業様へ
このページの先頭へ