台東ファッションザッカセレクション

台東区×スタイルストア

会員登録ログインショッピングカート
ログアウトショッピングカート

eternity(株式会社エタニティ) パタンナー 塩原 直 さん

「職人と肩を並べて仕事するおもしろさをモードの最前線で働く仲間にも教えたい」

「物を作れば売れる時代」から「作ることよりも売ることが難しい時代」になったいま、デザイナーに求められる職能も変わりつつある。かつては企画力が重視されたが、いまは製造や流通、販売にいたるまで広く見渡す力が要求されるようになった。あえて産地の中に身を置き、オールラウンドな革製品デザイナーを目指す若者の姿を追った。

ユーザーの要望を製品に反映するのもデザイナーの努め

「彼はちょっと変わっているんですよ」

エタニティの営業部長、小峰雅彦さん(42歳)は
部下の塩原直さん(25歳)をこう評する。

聞けば、採用募集を行っていないのに、
Eメールでエタニティへラブコールを送り、
その熱意を社長に買われ、入社したという。

「キルショットのファンだったんです。
革も金具もひとつひとつが違う表情をしていて
大量生産品にない魅力がありました。
自分のアイデアを生かせるのはこの会社だ、
そう思い、ダメもとで履歴書を送りました」

『キルショット』は、ベルトメーカーの
エタニティが、2006年に立ち上げた実験的ブランド。
独自のビンテージ加工を施したバッグや革小物は、
海外でも高く評価され、
パリのルーブル美術館で展示されたこともある。

長野県出身の塩原さんは、
地元の高校卒業後、都内の専門学校で
メンズファッションを学んでいたが、
キルショットの斬新な革製品に感銘を受け、
エタニティで働くことを決意した。

その一方でメーカーの現場で働くことに
なんとなくひけめを感じていた。

「同級生は華やかなモードの世界で働いているのに、
ぼくがやっている仕事はなんて泥臭いんだろうと。
頑固な職人さんとけんかしたり、地元の催事では
おばさまたちの長話に付き合わされたり(笑)」

だが、職人のそばで働いているうちに
革の世界の奥深さがわかるようになり、
がぜん仕事がおもしろくなってきた。

台東区千束にある本社には工房が併設され、腕利きの職人が新作のサンプル作りを行っている。

2013年で入社2年目を迎える塩原さんは、
いま3つのジャンルの仕事をこなしている。

1つ目はOEM(相手先ブランド生産)製品企画。
2つ目はキルショットの新作デザイン。
3つ目は催事で販売するノーブランドの製品企画だ。

「OEMは得意先の要望に応えるのが仕事です。
自社ブランドはオリジナリティーが求められます。
ノーブランド製品では、お客さまの生の声を聞いて、
よりニーズに見合った製品を企画しています」

デザイナーにとっては
創意工夫ができる自社ブランドにこそ
やりがいがあるように思える。
だが、塩原さんの答えは否だ。

「ノーブランドの仕事では
お客さまの声をすぐに製品に反映して
それを自分たちで直接売ることができます。
自分の手の届く範囲で物作りができるなんて、
理想かもしれないと最近思うようになりました」

エタニティの主力商品は婦人ベルト。一部は社内で製作している。手前は創業者の後藤安次さん。

コスト重視の仕事だけでは、いつか消費者に見放される

ノーブランドの自社製品は
年々売り上げが伸びているとはいえ、
会社として利益を出すためには
OEMの仕事もないがしろにはできない。
また、日本の高度な職人技を残すには、
実験的な作品にも挑戦しなくてはならない。

「エタニティは中国にも生産拠点がありますが、
会社を築いたのは日本の職人さんのおかげです。
職人の技を残すには、いい物を高く売りたいけど、
それができないからギリギリのコストの中で、
試行錯誤をくり返しているのが実情です」

塩原さんがデザインしたノーブランドのカジュアルバッグ。消費者の生の声が細部に生かされている。

メーカーである以上、
コストを度外視することはできないが、
大量生産の画一的な物作りに
日本の消費者は飽き飽きしているのではないかと
塩原さんは危惧(きぐ)する。

自信を持っていい物を作るためには
デザイナーという仕事に固執せず、
製造現場へこまめに足を運び、
何でも吸収するように努力する――
それが塩原さんの仕事スタイルだ。

「革漉き、コバ磨き、縫いのピッチ・・・
昔は同じようしか見えなかったのに、
目が肥えると、出来不出来だけでなく、
誰が縫ったのかもわかるようになります。
いまは友人にも胸を張って言っています。
『この世界、深いよ』って」

取材・文/菅村大全、撮影/権藤和也、AD/柳悠介
塩原 直

[Profile]塩原 直 しおはら・なお

1987年長野県生まれ。文化服装学院卒業後、2009年に都内のアパレル企業に入社。パタンナーアシスタントを1年間務める。その後、海外へ語学留学するかたわら、個人でバッグのパターン製作を開始。帰国後、2011年にエタニティへ入社、オリジナルブランド「キルショット」をはじめ、OEMのバッグ、ベルト、革小物の企画を手がける。職人と外部のデザイナーをつなぐ、コーディネーターとしても活躍中。

メッセージ

いまの時代は物があふれすぎていて、どんな物がよいのか言い切れません。肩の力を抜いて、手軽に使え、素材とデザインが使う人にとって、ちょうどいい革製品を提案していきたいです。

[Brand]eternity co.,ltd. 株式会社エタニティ

ベルト職人の後藤安次さん(現会長)が1977年に創業。主力商品は婦人物のカジュアルベルト。渋谷の109系ブランドをはじめとするアパレルブランドのOEMを数多く手がける。2006年にオリジナルブランド「キルショット」を立ち上げ、メンズバッグや革小物の製造を開始。2011年から催事を通じ、ノーブランドの自社製品も販売。コストパフォーマンスの高い革製品を消費者へダイレクトに提供している。

[Products]今回のご紹介アイテム

 エタニティの若手デザイナー 塩原直さんがスタイルストアのために選んでくれたのは、ノーブランドの国産お値打ちバッグ3点です。

「2WAYショルダーバッグ」は、5年前から販売されている定番品。横長でなく正方形にしたのは「メンズっぽさをなくすため」。スリムですが、底部はマチ幅が9cmもあり、見た目以上に収納力があります。A4サイズの書類も入るので、女性ならビジネスバッグとしても使ってもOK。本体の正面(外側)には、スーツの裏ポケットをまねたスリットポケットを配置。スマートフォンや定期、財布など、頻繁に取り出す小物はここへしまうと便利です。荷物が多いときは、本体と同じ付属の牛革製ストラップをつければ、ショルダーバッグにもなります。

「ラウンドレザートート」は、2013年に発表された新作。「バタふり」というもみ加工を施した牛革は使い込んだ革のようにやわらかく、肩に掛けたときの体への当たりもソフト。底部にダーツ(切れ込み)を入れてあるので、重い荷物を入れても型崩れする心配はありません。金具を一切使っていないので、くるくると丸めて収納し、旅先のサブバッグとしても重宝しそうです。

「ミニスクエアトート」は、職場でランチバッグとして使ったり、週末の街歩きにぴったりなサイズ。マチ幅が13cmもあるので、コスメ用品も余裕で入ります。本物の牛革で作られた国産品でありながら価格が手頃なのは、「材料の一括仕入れでコストを抑えている」(塩原さん)から。気負わず、がんがん使えるデイリーユースのバッグをお探しの人にぜひおすすめします。

今回ご紹介した商品の購入はこちら

アイテムラインナップ

Information

台東ファッションザッカセレクション つくり手ブログ

イベント情報

ファッション雑貨ブランドを展開予定の企業様へ
このページの先頭へ