台東ファッションザッカセレクション

台東区×スタイルストア

会員登録ログインショッピングカート
ログアウトショッピングカート

coccodrillo(吉沢商店) 代表取締役 荒川 義之 さん

「牛革と比べるとはるかに表情が豊かなのがワニ革。その魅力を女性だけでなく、男性にも知ってもらいたい」

ひと口に革といっても牛革から豚革、馬革、鹿革など、さまざまな種類がある。荒川義之さん(48歳)が率いる吉沢商店が最も得意とするのは、ワニ革(クロコダイル)やオーストリッチなどを使ったベルトだ。2009年に立ち上げたオリジナルブランド「coccodrillo(コッコドリーロ)」では、爬虫(はちゅう)類皮革に縁のなかった人にもよさを伝えるべく、ベーシックなデザインの財布やベルトを手ごろな価格で提供している。

華やかなクロコダイル製品には、地道な作業の積み重ねが不可欠

「私が吉沢商店に入社したころは、
クロコダイルの財布やベルトは高嶺の花で
一部の人がステータスのために持つものでした。
当時に比べると、いまは爬虫(はちゅう)類系の
革製品がずいぶん身近になったと思いますね」

それでも、と荒川さんは続ける。
女性はクロコダイルのハンドバッグや財布に
親近感を持ち、おしゃれに役立ててくれるが、
一般の男性には、まだ縁遠い素材だという。

ショールームに陳列された「コッコドリーロ」のクロコダイル財布。同じ模様がふたつとないのが魅力だ。

爬虫(はちゅう)類系の革は生産量が少ないこともあって、
それを取り扱う革問屋も専門の職人も数が少ない。
製品の安定供給には、長年の付き合いがものをいうが、
常日頃の情報収集も欠かせない。

「特に職人とのネットワーク作りは重要です。
クロコダイルは、革の面積が小さいので、
1本のベルトを作るためには、
小さな革を2、3枚つなぎあわせなければなりません。
100本のベルトなら、つなぐ個所は200以上あります」

「つなぎ目が目立たないように革の組み合わせを考え、
根気よく正確に縫い合わせることができるのは、
ごく一部のベテラン職人だけに限られるんです」

文化服装学院を卒業して吉沢商店に入社した中村裕さん(28歳)。サンプル職人としてベルトや革小物を手がける。

荒川さんは革衣料の問屋を経て、
1988年に父が営む吉沢商店に入社した。

「私は次男ということもあって、
父の会社を継ぐ気はありませんでした。
当時はバブルで景気のよかった時期です。
『このまま会社員でいたほうがよさそうだから、
いまの会社にいるよ』と念のために父に確認したら、
『すぐに戻ってこい』と(笑)」

経営者を目指していたわけではなかったが、
「景気がよかったので何とかなるだろう」と
父の下で働き始めた。25歳のときだった。

オフィスの一角には使い込まれたミシンなどが並ぶ。製造は外部に委託するが、サンプルは社内で製作している。

女性目線で考えたビジネスバッグにも一日の長あり

1990年代に入ると、DCブランドブームは終わり、
海外からの安価な革製品が出回るようになった。
日本経済の大きな転換期の中にいた若き荒川さんは、
ハンドバッグ事業に活路を見いだした。

「不景気より流行が怖かったというのが本音です。
当時の吉沢商店の主力は婦人物ベルトでしたが、
ベルトは流行が終わるとほとんど売れなくなります。
バッグならそれほど流行廃りを気にしなくてすみます」

とはいえ、ベルトの専業メーカーだけに
バッグ作りのノウハウはほぼ皆無だった。
仕入れ先、作り手、売り先、ほぼすべてを
荒川さんはひとりで開拓していった。

「職人さんは気むずかしい人が多いけど、
聞けばいろんなことを教えてくれます。
バッグ作りもわからないことは職人にまず聞く、
そこから新しい仕事をはじめていきました」

得意先の要望を言葉の裏までくみ取り、製品化に生かすには社内での打ち合わせが不可欠だ。

それから20年余りの歳月が過ぎ、
ベルトとバッグ、両方の名手となった荒川さんは
アパレル企業のデザイナーや企画担当者から
深い信頼を得るようになった。

目下、荒川さんが注力しているのは若手の育成。
得意先の高度な注文にも応えると同時に、
爬虫(はちゅう)類皮革製品の技術を継承すべく、
マンツーマンでサンプル職人を育てている。

一方、オリジナルブランドでは
先に述べた、手ごろなクロコダイル製品のほか、
女性のためのビジネスバッグなども手がける。

「レディスの仕事をずっとやっているから、
女性目線で考える癖がついているんです(笑)
営業職の女性に仕事でお会いすると、
書類が多いから大きな男性用の鞄を
仕方なく持っているという感じの人が多い。
働く女性が愛着を持って使えるバッグも
今後はどんどん企画していきたいですね」

取材・文/菅村大全、撮影/権藤和也、AD/柳悠介
荒川 義之

[Profile]荒川 義之 あらかわ・よしゆき

1964年東京都生まれ。大学卒業後、皮革衣料問屋に就職。1988年に父が経営する吉沢商店に入社。1993年にハンドバッグ事業部を設立。2001年に代表取締役に就任。2003年にオリジナルブランド「コッコドリーロ」を立ち上げる。現在は皮革製品の総合メーカーとして、ベルトやバッグ、革小物など幅広いアイテムを展開する。

メッセージ

コッコドリーロは、クロコダイル製品を主に扱うブランドとして誕生しました。クロコダイルのほかにも、コードバン、オーストリッチ、牛革などの素材を使って良質な革製品を製造しています。日本人の丁寧な技で作った革製品をどうぞお手にとってみてください。

[Brand]coccodrillo コッコドリーロ

吉沢商店(1960年創業)が2009年にはじめたオリジナルブランド。「コッコドリーロ」とは、イタリア語でクロコダイルという意味。ワニ革やオーストリッチを使った財布やベルトをリーズナブルな価格で製造・販売している。今後は牛革を使ったビジネスバッグも積極的に展開する予定。

[Products]今回のご紹介アイテム

 今回ご紹介するのは、B4サイズの大きめの書類を持ち運んだり、ノート型パソコンをいつも持ち歩いている人におすすめなビジネスバッグです。
 特徴はB4の書類が入るサイズ。「A4サイズのバッグはたくさんがあるが、業種よってはA4よりも大きな書類を持ち歩く人もいるはず」とあえて大きめにしたと荒川さん。横幅44cmというサイズは、「一般的な電車のシート(7人掛け)の長さを7で割って、少し小さくしたした」もの。なるほど、これなら膝の上にバッグをのせて座っても隣の人のじゃまになりません。
 バッグ内部には低反発のスポンジ材を配してあり、大切なパソコンを衝撃から守ってくれます。15インチのMacBookProをはじめ、大型のノートパソコンが入るので、デザイナー用の仕事鞄としてもおすすめです。
 本体の素材には手触りがソフトで、独特の表情(シボ感)のある水牛革を使用。持ち手にはコッコドリーロの代名詞でもあるクロコダイルの革をぜいたくに使い、さりげない高級感を演出。スタンダードなデザインなので、男女を問わず愛用いただけます。

今回ご紹介した商品の購入はこちら

アイテムラインナップ

Information

台東ファッションザッカセレクション つくり手ブログ

イベント情報

ファッション雑貨ブランドを展開予定の企業様へ
このページの先頭へ