台東ファッションザッカセレクション

台東区×スタイルストア

会員登録ログインショッピングカート
ログアウトショッピングカート

Creation. - 株式会社Verb Creation -

新ブランドとして、今年スタイルストアに初登場したシューズブランド「Creation.(クリエーション)」。発売してすぐさま人気モデルとなった「ゴアパンプス」や「カンフーシューズ」など、シンプルなデザインの中に、どこかモードな雰囲気を感じさせる靴作りを得意とするブランドです。「Creation.」をはじめ複数の自社ブランドを率いるのは、株式会社Verb Creation の中川社長。いわゆる靴メーカーが作る「靴」とは一味違うものづくりの真髄にせまるべく、浅草にある彼らの工房を訪ねました。

渡英を経て25歳で起業、がむしゃらに靴を作った20代の頃

「13年前、25歳の時に台東区でヴァーブクリエーションの前進となる『ヴァーブ』を起業しました。当時は二束のわらじで別の仕事もしながら、休日や夜に寝る間も惜しんで靴作り。もともと自分はUKロックやファッションが好きだった関係で、高校卒業後に渡英したのです。サビルロウで服作り(テーラリング)をやるつもりが、偶然見た靴作りの光景に魅せられてしまって・・・」

靴作りのメッカ、浅草に工房を構えるヴァーブクリエーション。その生い立ちをにこやかに語るのは、社長の中川宏明さんです。イギリスと日本で靴作りを学び、25歳で個人起業。革小物メーカーで働く傍ら、靴メーカーとして事業をスターとさせ、ほどなくファッションブランドからの仕事を受けるようになります。

「ファッションも靴も好きだったし若かったから、今思うとおかしいぐらいのパワーがありましたね。休みがなくても仕事を頂けることが嬉しかったし『できません』とは絶対言わなかった(笑)25歳で起業したとき、30歳までにちゃんとした会社にしようと決めて、30歳になる前日、株式会社Verb Creationを作りました」(中川社長)

目指したのは、素材、仕立て、デザインのベストバランス

彼らの靴は、職人のセンスを感じさせるデザイン性に加え、国産にして手頃な価格であることも大きな魅力。自分達で材料を仕入れ、靴を作り、販売する。その積み重ねの中で「本当にいい頃合の靴」とは何か、どうしたら自分達のもの作りのなかでそれが実現できるか?
ヴァーブクリエーションが長くテーマとしてきたことの、一つの答えともいえるブランドが、2015年にデビューした「Creation.」です。

「自分が最初学んだのが、一足何十万円〜というオーダー靴の世界。贅沢な条件で存分に靴を作れるかもしれないけど、お金持ちのための靴という感じで、やっぱりリアルではない。どうせならある程度の人数の人たちが喜んでくれるもの作りをしたかった。すごくいい靴だけど重いとか、脚がきれいに見えるけど履いていて痛い、とかよくあるでしょう?真に良い頃合の靴って実はなかなかレアなんですよ。」(中川社長)

著名ブランドの靴作りから、整形靴のオーダーまで

創業以来、名立たるブランドの靴作りを経験してきたことで、「感性や実現力が鍛えられた」という中川さん。今や飛ぶ鳥を落とす勢いの人気ブランドとなった「U.(ユードット)」に続き、スタイルストア先行発売の新ブランド「Creation.」を発表。その傍ら「Verb Fit」というブランド兼ショップ運営も手掛けてきました。これは足に病気や事故などで障害がある人のための「整形靴」のブランドです。

「整形靴は、その方の足のコンディションに合わせてオーダーで靴を制作する、というもの。長さが違ったり、一般的な靴とは制作の条件が大きく異なります。

でも、元々オーダー靴をやりたかったぐらいだから、抵抗はなかった、というよりむしろこれって究極のオーダーシューズじゃないか!って思えたんです。なんとかかわいく作ろう、かっこよく仕上げようとベストを尽くすと、もうめちゃくちゃ喜んでもらえるのも嬉しかった。

一人ひとりの足にあわせてオーダーで制作する、というのは大変な面も少なからずありますが、会社をやる以上、事業を通じて何らかの社会貢献ができたらいいなという気持ちがありますので・・・でも、やっぱり喜んでもらえて嬉しいからやっている、という方が大きいかな」(中川社長)

 Creation.の最新作は大人の足元に似合うレザースニーカー

「Creation.」3作目となる新アイテムはレザースニーカー。大人世代にぴったりのレザースニーカーは、スタイルストアでも長く紹介したいと思っていた靴のひとつです。が、なかなか「これぞ」と思うものが見つからないでいました。

探していたのは、質のいい革を使ったシンプルなデザインのスニーカー。白なら白、黒なら黒一色で、スッキリとしつつ、大人っぽくカジュアル過ぎない装いにも馴染むような一足です。

Creation.のレザースニーカーを見たときに感じた「あ、やっと見つけた」というしっくりくる感覚。その出会いを嬉しく思いながら、数あるレザースニーカーとの違いはどこにあるのかな・・・と思っていると、若手職人の木村さんがこんなことを教えてくれました。

「スニーカーって、たいていブランドの目印としてロゴとかマークがバーンと入っているんですよ。うちのはそれが一切ない。革だけ。ヒモを通す穴にも通常『ハトメ』と呼ばれる金具をつけますが、なるべく異質なものを入れたくなかったので、最低限に抑えています。」

最後、中川社長に社名「Verb Creation」の由来について尋ねました。「Verbは行動、Creationは創造。行動して、ものごとを創造していくんだ、という基本的なアイデンティティを込めた名前です。質の高い靴作りを続けていくために、欠かすことのできない2つの要素だと思っています」(中川社長)

そう聞いて改めて見てみると「Creation.」の靴は、どれもクリエイティブな人たちに愛される佇まいを備えているように思えてきます。時代や性別、年代を問わず、クールな存在感をさらっと添えてくれる一足。これからの彼らのクリエーションからも目が離せそうにありません。

中川 宏明

[Profile]中川 宏明 なかがわ・ひろあき

25歳で起業し、現在はレディス・メンズシューズメーカーの他に、業態の異なる2店舗の直営店を経営。
多種多様な製法、技術を駆使した靴作りは浅草界隈でも珍しく、アパレルブランドを始め、百貨店からのオファーも多い。飽くなき探究心のもと、今できる最高の技術をもって、日々靴作りに邁進している。

[Brand]Creation.

2016年2月に誕生したVerb Creationの新ブランド。あえてデザイナーを立てず、若手職人も含めたチームデザインにより、程よいファッション性がありながらも、世代を問わず履くことができる靴作りを行う。メイドインジャパンにこだわり丁寧に制作される靴は、そのコストパフォーマンスの高さもあって、上質な靴を見極める目を持った大人たちに愛されている。

ラインナップ

アイテムラインナップ

Information

台東ファッションザッカセレクション つくり手ブログ

イベント情報

ファッション雑貨ブランドを展開予定の企業様へ
このページの先頭へ