台東ファッションザッカセレクション

台東区×スタイルストア

会員登録ログインショッピングカート
ログアウトショッピングカート

THINly(ミヤ・レザークラフト)/ブランドマネージャー 石井仁さん

「会社員時代は何百もの財布を企画してきたけど、自分の思いがこれほどつまった商品はほかにない」

「セカンドスタート」という言葉をご存じだろうか。定年を迎える前にみずから退職し、新たな人生を歩む出すことをいう。石井仁さん(59歳)はみずからのブランドを立ち上げるため、5年前にセカンドスタートに踏みきった。作りたかったのはカードの収納に特化した財布。実用新案を取得した独自のデザインで、マスメディアや百貨店のバイヤーから注目を集めている。

30年間つとめた大手問屋を辞め、50代で勝負に出る

いまどき転職や独立はめずらしいことではないが、
石井さんがブランドを立ち上げたのは54歳のとき。
年齢を考えれば、無謀といわれてもおかしくない。

「妻は納得してくれましたが、
商店の経営者だった父には猛反対されました(笑)。
でも自分の能力を求められている場がほかにあれば、
それにこたえたくなってしまうものです」

以前は財布やベルトなどの革小物の問屋で働いていた。
得意先は全国の百貨店や大手のアパレル企業。
ライセンスブランドやOEM(相手方ブランド生産)の
財布やベルトを次々と企画しては得意先を開拓した。
その手腕を買われ、39歳の若さで役員に就任した。

左側が石井さんの盟友である、ミヤ・レザークラフトの宮晶弘さん。国内外に提携工場を持つ財布作りのプロだ。

「ところが経営陣の一員になったとたん、
以前のような充実感がなくなってしまったんです。
商品企画の仕事が私の天職だったんだとわかりました。
自分の仕事人生をあらためて見つめなおしていたときに、
ある財布メーカーの社長が声をかけてくれたんです」

その人はミヤ・レザークラフトの宮昌弘さん。
国内の市場が縮小していくなかで
付加価値の高い財布をプロデュースできる、
有能なパートナーを宮さんは求めていた。

「会社員時代は何百という財布を企画しました。
ですが、今回は第2の人生をかけた商品開発です。
あらゆるプランを検討しましたが、
最後は一番思い入れのある商品にしぼって
財布のブランドを展開しようと決めました」

スィンリーの財布は日本と中国で生産される。高級ラインは熟練の技を持つ日本の職人が手がける。

夢を抱いている人間はいつまでも若々しい

ミヤ・レザークラフトと試作品開発をくり返すこと1年。
カード収納に特化した財布「スィンリー」が誕生した。

男性は女性と違い、ジャケットやズボンの尻ポケットに
財布をしまう人のほうが多い。
ところが日常生活でカードを使う場面がふえるにつれ、
財布の厚みはどんどん増すばかり・・・。
不粋なばかりか、座ったときの圧力でカードが変形するなど、
財布作りにかかわる者としてずっと不満をいだいていたという。

そこで石井さんが思いついた解決策が、
「カードを重ねたまま縦向き2列で収納する」方法だった。
こうすればカード収納ポケットの厚みも減らせるし、
従来の2つ折り財布のように中央がふくらむことも防げる。

「単純な発想かもしれませんが、実際に試すと
一般的な2つ折りの財布より3割ほど薄くなり、
収納枚数は2倍以上ふえることがわかりました。
これならいけるぞと思い、実用新案も申請しました」

まずはメディア関係者に知ってもらおうと、
試しにプレスリリースを配信してみたところ
業界新聞や情報誌に商品が掲載され、
全国の消費者から問い合わせの電話が相次いだ。
展示会に出展すると大手百貨店のバイヤーから
すぐに取引の申し出があった。

縦向きにカードを重ねて収納することで、カード同士、革同士の重なりを極力減らし、携帯性を向上させた。

「私と同じ悩みを持つ人はやっぱりいたんだと、
とても勇気づけられましたね。
滑り出しは順調でしたが、発表から時間がたつにつれて、
ひとつのブランドを継続する大変さを痛感しています」

セカンドスタートに踏みきって今年で5年目。
あえて険しい道を選んだことに後悔はないのだろうか。

「仕事のやりがいはいまのほうがずっとあります。
営業も経理も、ひとりでやらなければなりませんが、
努力した結果がすべて自分に返ってきますから。
マーケティングの実力をもっとつけたら
メイド・イン・ジャパンの技術を結集した、
ラグジュアリーなブランドにも挑戦したいですね」

取材・文/菅村大全、撮影/権藤和也
石井 仁

[Profile]石井 仁 いしい・ひとし

1954年東京都生まれ。都内の大学を卒業後、1977年に革小物の製造卸会社に入社。ライセンスブランドやアパレル企業のOEM(相手方ブランド生産)に従事。その後、海外ブランドの輸入業務にもたずさわる。 1997年に取締役に就任。2007年に退職。2009年にオリジナルブランド「スィンリー」をリリース。

メッセージ

私は財布の企画製造販売という仕事に40年以上かかわってきました。ファッション同様、財布にもトレンドがり、時代時代で求められるものが変わりますが、消費者に一貫して求められるのは使いやすさです。「スィンリー」では機能的で独創的な財布をメンズ、レディースを問わず、プロデュースしています。

[Brand]THINly スィンリー

カードの効率的な収納を考える財布ブランド。製造問屋で財布の企画・流通に長年たずさわってきた石井仁さんがデザインと流通を手がけ、ミヤ・レザークラフトが製作をになう。ブランド名の由来は、thin(薄い)という英語にちなむ。メンズ、レディースとも大量のカードを収納してもかさばらないよう工夫がほどこされている。

[Products]今回のご紹介アイテム

 携帯端末は小型化、軽量化がすすんでいるのに財布は旧態依然のまま。そればかりか消費税の導入以降、小銭入れはいつも満杯になり、ふえつづけるカード類のおかげで、はちきれんばかりにふくらんだ財布を持ち歩く人をよく見かけるようになりました。
 そこで生まれたのが最大30枚ものカードと紙幣を無理なく収納できる、スィンリーの財布。従来の財布はカードポケットを個別にもうけてありましたが、スィンリーの財布は複数のカードが入るスロットを縦4列に配置してあります。この構造(実用新案取得済み)によって最大30枚ものカードを収納しながら財布の厚みを3割ほど軽減することに成功。また、財布の中央がわずかに屈曲するため、ポケットに入れても違和感が少ないのが特徴です。
 ラインナップも充実しています。当店で販売するのは男性用の2種類と女性用の3種類。男性用はカードと紙幣だけを入れる「札入れ」の大小2サイズ(4色)を用意。こちらは小銭入れがないので、市販のコインケースとの併用がおすすめです。
 女性用は3種類(3色)から選べます。本体をファスナーで開閉、小銭入れもファスナーで開閉できる「ラウンドファスナー束入れ」。本体をボタンで開閉し、小銭入れはファスナー仕様になった「アオリ付きラウンドファスナー束入れ」。本体をボタンを開閉し、小銭入れのがま口の金具がついた「アオリ付がま口束入れ」。カードの収納枚数はアイテムによって大きく異なるので、各商品の販売ページでご確認ください。

今回ご紹介した商品の購入はこちら

アイテムラインナップ

Information

台東ファッションザッカセレクション つくり手ブログ

イベント情報

ファッション雑貨ブランドを展開予定の企業様へ
このページの先頭へ