会員登録 ログイン ショッピングカート
    さんの所持ポイント:0pt ログアウト ショッピングカート

    和紙のものがたり【越前和紙の雑貨集めました】

    古来より日本随一の和紙産地であり続ける越前。高い品質を誇り、かのピカソも越前和紙を愛用していたと言われます。そして時は めぐり、1500年の伝統の技術にデザインとアイディアが融合した、現代の越前和紙をセレクトしてみました。

    越前和紙とは
    今から1500年前に岡本川の上流に美しいお姫様が現れ、かみ漉きの技術を伝えたという伝説が残る越前。福井県の北側、嶺北地区とも呼ばれる越前地方は、以来、日本の和紙産地の中心として、1661年に日本最古の藩札を発行し、その後も「すかし」の技術を開発し、紙幣や証券用紙などを中心に発展を続けてきました。もちろん今はこうした用紙は機械で漉かれていますが、一方で越前には、今もなお、手漉きにこだわる職人が多数活躍しています。

    楮や三椏などの原料を用途や質感によって使い分け、多くの工程を経て作り上げられるその品質は、織田信長や豊臣秀吉に認められ、また、多くの芸術家たちに愛されてきました。横山大観、東山魁夷といった現代を代表する日本人画家や、あのピカソからも注文があったといいます。奈良の正倉院には1300年前の越前和紙が朽ちることなく保存されており、現代の職人も「2000年残る紙を漉くことができる」と、その品質に絶対の自信を持っています。

    こうした技術は新しい世代に引き継がれ、現在では、海外の展示会に積極的に出展し、海外のデザイナーや新しい技術とコラボレーションを図るなど、越前和紙の伝統と誇りを内外に向けて発信し続けています。

    ドイツ人のデザイナー、ヨルグ・ゲスナーと越前和紙のプロデューサー杉原吉直氏がコラボレーションして生まれたブランド、JOYO。二人の名前の頭文字がブランドネームになっています。純和風の素材でありながら、プロダクトもパッケージもヨーロッパテイストで、ちょっとしたギフトにも喜ばれそうです。

    5代目が送る渾身のコットンペーパー

    職人西野正洋氏は、1888年創業の信洋舎の5代目。伝統的な技法を守りつつも、現代のライフスタイルとマッチした和紙の開発に積極的に取組むリアリストでもあります。そんな彼のアイディアは、インクジェットプリンター用のコットンペーパー。はるばる海外バイヤーが買い付けに来る事からも、そのクオリティーがうかがい知れます。
    フォト和紙 cotton japanese paper

    フォト和紙 cotton japanese paper

    コットンで漉かれたインクジェットフォトプリンター専用の和紙です。手漉き和紙の特徴でもあるふちの部分の不揃いな紙の耳と、コットンペーパー独特の風合いがプリントした写真の雰囲気を不思議な柔らかさに演出。デジカメで撮った写真をご家庭のプリンターで印刷するだけで、思わず人に渡したくなるポストカードが完成します。ウェブではこの質感が伝わりきらないのが残念。是非お試しあれ。

      はがきサイズ10枚

      はがきサイズ5枚


    透かしの技術を活かした新発想

    日本初のお札に始まり、証券や株券などで磨いてきた透かしの技術を活かして出来たちぎって和紙。かわいらしい動物をちぎり出す今までにない行為は、子供はもちろん大喜びですが、オフィスシーンでもアクセントになるかも。そして、プリンターで印刷できるちぎって名刺は、目の前でちぎって渡されるそのインパクトは、とにかく一度体験して欲しいほどです。

    越前市は、世阿弥の謡曲「花筐 ( はながたみ )」のゆかりの地で、今から約 1500 年前、この地から中央に上った男大迹王 ( おおどのおおきみ ) が第 26 代継体天皇を即位するまでの間、長年過ごした地であったといわれています。その後、福井県敦賀市から、富山県(越中)、新潟県(越後)一帯が「越の国」と呼ばれていた大化の改新(645 年)の頃には、都に近く交通の要衝であり、大陸に対して表玄関の役割を果たしていた敦賀にも近かったことから、この辺りに越前(福井県敦賀市から加賀や能登を含む)国府が置かれました。また、政治の中心地として、大陸からやってきた渡来人(帰化人)がもたらした技術により越前はとても栄え、この地で育まれた「和紙」「打刃物」「漆器」「指物」をはじめとする優れた技術は、今も伝統産業として息づいています。

    東京えちぜん物語

    そんな越前から、いまの暮らしにとどける新しいモノづくりをご紹介するイベント「東京えちぜん物語」が2月14-15日に開催されます。こちらでご紹介している商品をはじめ、この地域の刃物・和紙・漆器・木工などが一同に会するイベントですので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

    2011年2月14日月−15日火
    10:30−18:00
    (15日は16:00終了)
    新宿パークタワー
    1階ギャラリー3
    東京都新宿区西新宿3-7-1
    主催:東京えちぜん物語実行委員会
    共催:越前市武生商工会議所
        越前市商工会
    企画:涯NITE
    問合せ先:越前市役所 商工政策課
    TEL:0778-22-3047

    サテライト会場

    インテリアショップMA
    by So Shi Te
    会期:2011年2月16日水−3月8日火
    東京都港区南青山2-19-5
    TEL:03-3401-0922
    デパート小田急百貨店
    新宿本店8階 食器売場
    会期:2011年3月9日水−3月22日火
    東京都新宿区西新宿1-1-3
    TEL:03-3342-1111(大代表)



    このページの先頭へ前のページに戻る


    facebook

    スタイルストアのfacebookページをチェック

    商品カテゴリーから探す

    ファッション
    インテリア雑貨
    家具・収納
    キッチン・食器
    ステーショナリー
    バス・ハウスキーピング
    ベビー・キッズ
    食品
    ギフト・引き出物