会員登録 ログイン ショッピングカート
    さんの所持ポイント:0pt ログアウト ショッピングカート


    2009年6月に開催されたインテリアライフスタイル展で、「All About Style Store Award」を受賞した「FUTAGAMI」。掛けほうきやTOTONOEでお馴染みのデザイナー大治 将典氏が手掛けた真鍮の生活用品ブランドです。注目のラインナップをいち早く当店で先行販売。素朴な佇まいの中に、職人技に裏打ちされた美しさが垣間見える栓抜きと鍋敷きをご覧ください。


    素地の素朴な美しさが映える、栓抜きと鍋敷き


    宇宙を感じるキッチン道具
    宇宙を感じるキッチン道具
    「銀河」「太陽」など個性的な名前がつけられた真鍮の鍋敷き。製作の過程で、型から取り出した鋳物をほぼそのままに仕上げた無垢の状態です。塗壮などの後処理をしないからこそ、鋳造技術が問われる、いわばごまかしのきかないもの作りから生まれた鍋敷きたち。
    熱をうまく逃がすデザインと、程よい重みがもたらす安定感がつかいやすさにつながります。




    センヌキの新しいかたち
    センヌキの新しいかたち
    一見栓抜きとは思えぬような斬新なデザイン。ところが実際に使ってみると、手への収まりのよさ、意外なほどのつかいやすさに驚きます。いずれのモデルも、ミリ単位でのサイズ調整を幾度も繰り返して完成しました。
    「日食」は鍋敷きと同じ、真鍮の素地そのままの質感をいかした仕上げ。「三日月」と「枠」は切削面のつるっとした美しさが魅力です。





    大治氏に聞く、真鍮の日用品の魅力


    デザイナー 大治 将典氏。「日食」「銀河」など印象的な商品名は、真鍮の神秘的な光り具合に由来する。
    デザイナー 大治 将典氏。「日食」「銀河」など印象的な商品名は、真鍮の神秘的な光り具合に由来する。
    大治さんとFUTAGAMIの出会いを教えてください。
    最初のきっかけは、山崎 宏さんと栓抜きを作りたいねと話していたところにさかのぼります。昨年の春ぐらいかな。その後、富山のワークショップで二上さんとご縁があって、鋳肌のままの真鍮を使った生活用品を一緒に作ろうという話になったんです。
    その素朴でやわらかな質感が好きだったのと、経年変化してからの真鍮は木と相性がいいんですよね。そんなことから、栓抜きと鍋敷きといったテーブル周りで使う日用品をデザインすることになりました。

    商品化まで、何度も試作と調整を重ねたそうですね。
    栓抜きが一番難しかったです。栓を引っかける部分が少しでも変わると使用感に大きな違いが出ますし、特に「三日月」と「日食」の重みや佇まい、使いやすさのバランスを取るのに苦労しましたね。鍋敷きだと「銀河」が、これは鋳造の面で二上さんが苦労されたアイテムです。粘り強く製作に取り組んで頂いて感謝しています。
    「All About Style Store Award」を頂いたお陰もあってか、販売前から商品のお問い合わせを多く頂いてびっくりしています。「FUTAGAMI」の次なる新商品も計画中ですので、楽しみにして頂ければ嬉しいです。
    2009年6月、ブランドのお披露目となったインテリアライフスタイル展での展示風景。
    2009年6月、ブランドのお披露目となったインテリアライフスタイル展での展示風景。





    このページの先頭へ前のページに戻る


    facebook

    スタイルストアのfacebookページをチェック

    商品カテゴリーから探す

    ファッション
    インテリア雑貨
    家具・収納
    キッチン・食器
    ステーショナリー
    バス・ハウスキーピング
    ベビー・キッズ
    食品
    ギフト・引き出物
    こまものや七緒オンラインショップ
    • こまものや七緒オンラインショップ
    • COCOMOオリジナルカタログギフト
    • 台東ファッションザッカセレクション