会員登録 ログイン ショッピングカート
    さんの所持ポイント:0pt ログアウト ショッピングカート

    【affordance】タフな作りとゆるさが同居した、ユニセックスなレザーブランド

    「人が物を選ぶのではなく、物が使う人を選ぶ。
そのくらい存在感のある革の作品を作りたい」affordance ブランドプロデューサー 小川弘記さん」

    職人というと、ぶっきらぼうで、ちょっとおっかないイメージがあります。でも、それは昔の話。いま、手工芸(クラフト)の世界をリードしているのは、自らの表現の手段として、もの作りの道を選んだ若者たちです。小川弘記さん(29歳)も、そんな新世代のつくり手の一人。ファインアートとハンディクラフトという異なる世界を行き来しながら、ニュアンスのある革のバッグや財布を生み出しています。

    アフォーダンスの作品は、革の裁断から縫製まで、小川さんが一人で仕上げる。材料であるタンニンなめしの牛革は、重量を少しでめも軽くするため、耐久性を失わない薄く剥(す)いた革を使用している。最下段の写真に見えるミシンのような機械は、小川さんが愛用している革剥き機。

    アフォーダンスの作品は、革の裁断から縫製まで、小川さんが一人で仕上げる。材料であるタンニンなめしの牛革は、重量を少しでめも軽くするため、耐久性を失わない薄く剥(す)いた革を使用している。最下段の写真に見えるミシンのような機械は、小川さんが愛用している革剥き機。

    ファッションの世界に幻滅し、抽象画を描いていた青春時代

    「修業時代の苦労は?」という質問は、職人やクラフト作家にインタビューする際の決まり文句ですが、小川さんは、「正直、苦労らしい苦労はしたことない(笑)」と実にあっさり。独立前に勤めていた工房もインターネットで探したという、いまどきの青年です。
     しかし、いったん作業台の前に立つと、その姿は真剣そのもの。タンニンなめしの牛革に、太いステッチを入れた作りは、一見すると武骨。でも、じっくり見ると柔和な印象に変わっていきます。あたもつくり手の人柄のように。
     小川さんは、高校卒業後、故郷の福岡を離れ、上京。デザインの仕事を目指して、ファッション系の専門学校に入学します。転機は、在学中に三宅一生の展覧会を美術館で見たことで訪れました。似たり寄ったりのファッションブランドに違和感を感ていた小川さんは、絵画のような三宅一生の作品に感銘を受け、デザイナーから画家へと志望を転換。卒業して3年ほどは、アルバイトを続けながら、抽象画を描いていたという異色の経歴の持ち主。そんな彼が、なぜレザークラフトの世界に足を踏み入れるようになったのでしょうか。
    「個展を開いていたギャラリーが、絵画だけでなく革小物も扱っていたんです。同じ空間で絵と革小物の両方を見て、自分の感性とリンクするものを感じました。平面と立体で形は異なりますが、どちらも丸や線などのシンプルな要素で組み合わさっているところが同じだと思いました」
     最初は、趣味の延長として革小物づくりを始めたものの、次第にその魅力にとりつかれ、アーティストではなく、クラフト作家を目指すことを決意。プロとしての技を磨くべく、都内にある革製品の工房で4年間修行を重ね、2009年12月にレザーのブランド『アフォーダンス』を立ち上げます。

    小川さんは、学生時代から抽象画の作品を描き続けている(最上段写真)。革のバッグや財布は直線的なデザインのものが多いが、小川さんは絵画の線のように、あえて画一的でないフォルムのもの作るように心がけているという。作品には、ブランドのロゴが1点、1点、手作業で刻印される(中段左写真)。

    小川さんは、学生時代から抽象画の作品を描き続けている(最上段写真)。革のバッグや財布は直線的なデザインのものが多いが、小川さんは絵画の線のように、あえて画一的でないフォルムのもの作るように心がけているという。作品には、ブランドのロゴが1点、1点、手作業で刻印される(中段左写真)。

    絵画のような曲線の美しさをナチュラルな革で表現したい

     革製品とは不思議なもの。革を使って、袋状に縫い合わせる。基本はそれだけなのに、できあがるものは、つくり手(ブランド)によって表情がまったく異なります。
    『アフォーダンス』のバッグや財布の特徴をひとことでいい表すならば、「線」にあるといえます。それも定規でひいたまっすぐな線ではなく、ゆるやかにカーブした線です。
    「革製品というのは、普通は定規で型紙を切っていきます。そのほうが歩留まりもいいし、作りやすいからです。でも、ぼくは絵画のようにほんの少し崩した微妙な線を革製品でも表現したいと思っています。そのために、アフォーダンスの製品では、フリーハンドで書いた型紙を一部に取り入れるようにしています」
     例えば、トートバッグの口の部分。通常は直線ですが、小川さんが作ったバッグは、左右非対称のカーブを描いています。こう書くと、なんでもないことのように思えますが、作品になると、ヌメ革のタフな素材感とあいまって、男性的とも女性的ともつかない雰囲気を醸し出します。独特の「ゆるさ」に魅了される人が多いと小川さんはいいます。
    「ブランド名のアフォーダンスとは、心理学者が考えた造語で、物事や環境が動物の行為を促しているという考え方をさします。例えば、黒と茶色の財布があって、ある人が黒い財布を選んだら、それは財布がそのように働きかけたと考えます。ぼくが作ったバッグや革小物を見て、何かを思い出したり、感じてもらえたらうれしいと思って名付けました」
     今後は、「日本の伝統色で染めた革や、器のように筆で絵付けした革小物の製作にも取り組みたい」という小川さん。「芸術」と「工芸」。ふたつの幸福な出会いが、これからどんな世界を見せてくれるのか、楽しみです。

    文・写真/フリーライター 菅村大全

    ボーダーライン
    小川弘記
    クリエイター
    小川弘記おがわ・ひろき

    1981年福岡県生まれ。専門学校在籍時から独学で革のバッグや小物を作りはじめる。2005年に革鞄工房の『ヘルツ』に入社し、革職人としての技を磨く。2009年にレザーブランド、affordance(アフォーダンス)を設立。ライフワークとしてアクリル絵の具による抽象画を描き続け、関東を中心にライブペイントや個展も開催している。

    つくり手からのメッセージ

    例えば、目の前に1つのおにぎりがあります。おにぎりはあなたに“食べる”という行為をひき出します。目の前にいくつかのおにぎりがあります。1つはあなたの大切な人がにぎったおにぎりです。大切な人があなたに“食べたい”という感情をひき出します。affordance(アフォーダンス)の鞄を見て・触れて、何かの感情・行為をひき出せると幸いです。

    ブランド
    affordance(アフォーダンス)

    小川弘記さんが2009年12月に設立したハンドメイドのレザーブランド。ハンドメイドの味わいを生かしたスローな雰囲気のバッグや革小物に定評がある。材料は、国内のタンナーがなめした、タンニンなめしの牛革のみを使用。東京・目黒にあるアトリエで、革の裁断から縫製までを一人でこなしている。アフォーダンスとは、心理学者J・J・ギブソンが作った造語。行為を引き出す全ての“物事”、“環境”が“動物”の行為をうながしているという考え方を指す。


    プロダクツ
    今回のご紹介アイテム

     余計な装飾を省き、作品の線(フォルム)によって存在感を強調するのが『アフォーダンス』のスタイル。通常はクロスで覆うことが多い、バッグ内張りもあえて省き、金具も必要最低限にとどめている。足し算ではなく、引き算によって生み出されたバッグや革小物は、当然ながら素材感が際立つ。つくり手の小川さんが使うのは、国内のタンナーが植物性のタンニン(渋)でなめした牛革。それも表面に特別な加工を施していない、素のままの革を使用しています。使い始めは固く感じるかもしれないが、使ううちに柔らかくなり、手になじんでくる。同時に色に深みが出て、つやも増してくる。
     現在、当店では同ブランドのバッグ6種類を販売しているが、今回は新たに2種類のバッグと、財布やカードケースなど6種類が仲間入りした。中でもいち押しは、小川さんが女性のために作ったという「シンプルトート」。定番の形を生かしながら、左右非対称の微妙なカーブを取り入れることで、ソフトな印象に仕上がっている。タウンユースに適した手ごろなサイズで、手に持っても腕に通しても使いやすい。
     同様に『アフォーダンス』らしさを感じるのが「ギボシ止めの小物入れ」。角部分に丸みをもたせ、2個の金具(ギボシ)で留めただけのシンプルな作りで、携帯音楽プレーヤーとイヤホンを入れたり、スマートフォンを入れるケースにもちょうどよい。 どのアイテムも普段使いとして気軽に使って、「自分色」へと革が変化していく様を楽しみたい。

    ご紹介した商品の購入はこちらから

    affordance/2WAYトートバッグ 小 ナチュラル

    affordance/2WAYトートバッグ 小 ナチュラル

    ■価格 :¥40,500(税込)

    ■在庫 :4


    affordance/2WAYトートバッグ 大 ナチュラル

    affordance/2WAYトートバッグ 大 ナチュラル

    ■価格 :¥44,280(税込)

    ■在庫 :5


    affordance/ミニショルダーバッグ 縦型 ナチュラル

    affordance/ミニショルダーバッグ 縦型 ナチュラル

    ■価格 :¥27,000(税込)

    ■在庫 :1


    affordance/シンプルトートバッグS ナチュラル

    affordance/シンプルトートバッグS ナチュラル

    ■価格 :¥25,920(税込)

    ■在庫 :15


    affordance/長財布 ナチュラル

    affordance/長財布 ナチュラル

    ■価格 :¥27,000(税込)

    ■在庫 :0


    affordance/長財布 チョコ

    affordance/長財布 チョコ

    ■価格 :¥27,000(税込)

    ■在庫 :1


    ボーダーライン
     

    facebook

    スタイルストアのfacebookページをチェック

    商品カテゴリーから探す

    ファッション
    インテリア雑貨
    家具・収納
    キッチン・食器
    ステーショナリー
    バス・ハウスキーピング
    ベビー・キッズ
    食品
    ギフト・引き出物
    こまものや七緒オンラインショップ
    • こまものや七緒オンラインショップ
    • COCOMOオリジナルカタログギフト
    • 台東ファッションザッカセレクション