会員登録 ログイン ショッピングカート
    さんの所持ポイント:0pt ログアウト ショッピングカート

    寒さは「窓際」から防ぐ − 【ウィンドーラジエーター】「暖気のカーテン」で窓の冷気を遮断、暖房効率もアップ −
    スクラップブックに入れる
    RSSRSS
     冬の寒さ対策で見落としがちなのが、窓や建物のすき間からの冷気による、住まいの断熱。特に、窓からの熱の損失は大きく、一説には、「建物から逃げる熱の約30%は窓から」といわれます。この窓の冷気を遮断して、部屋の暖房効率をアップさせる、新発想の補助暖房を紹介します。2009年の冬からは、よりリーズナブルなシリーズも登場しました。
    【カーテンを閉めていても窓際が寒いのはなぜ?】
    ウィンドーラジエーターの開発に関わった、森永エンジニアリングの土肥明人さん。
    ウィンドーラジエーターの開発に関わった、森永エンジニアリングの土肥明人さん。
     冬場、厚手カーテンを閉めているのに、窓のそばにいくとヒヤッとしてしまう。そんな経験をしたことありませんか。これは冷たい窓ガラスに触れた室内の空気が下降気流を生み出して、カーテンと窓ガラスの間を通り、床面に流れ出しているため。これを専門用語で「コールドドラフト」と呼びます。
     紹介するのは、このコールドドラフトを遮って、室内の暖房効率を高めてくれる便利な窓用の補助暖房です。本器の開発に参加した森永エンジニアリングの土肥明人さん(機器事業部課長)に、商品化のきっかけをうかがいました。
     「最近は、北海道や東北以南の住宅でも断熱や気密対策がなされるようになりました。ところが、窓の断熱性能は、床や壁と比べると、まだ十分とはいえない状況です。実際に、弊社が行った調査でも、窓際の冷気に悩ませられている人が多いことがわかりました。そこで、温水パネルヒーターを長年、扱ってきたノウハウを生かし、窓からの冷気を遮断する補助暖房を開発しました」
     一般住宅向けということで、開発に際しては次の3点を重要視したと土肥さんはいいます。(1)窓際においても違和感のないシンプルなデザイン。(2)持ち運びできるよう軽量であること。(3)窓枠ぴったり設置できるよう伸縮ができること。
     東京電力が主宰する「スイッチ・ザ・デザイン・プロジェクト」の商品にも選ばれた、ウィンドーラジエーターは、2005年10月に発表されるやいなや、多くの新聞や雑誌で取り上げられたので、ご存じの人もいるかもしれませんね。
    暖房効率のテストでは、ウィンドーラジエーターを使った場合は、そうでない場合と比べて、足元の温度が2℃ほど高くなったと証明された(メーカー調べ)。
    暖房効率のテストでは、ウィンドーラジエーターを使った場合は、そうでない場合と比べて、足元の温度が2℃ほど高くなったと証明された(メーカー調べ)。
    ※建物やガラスの断熱気密性能で変わります。
    【「暖気のカーテン」で冷気をシャットアウト】
    シンプルな外観なので、窓際に設置しても違和感を感じない。
    シンプルな外観なので、窓際に設置しても違和感を感じない。
    おだやかな熱を発する4枚のアルミ板に、空気が触れると上昇気流が発生する。
    おだやかな熱を発する4枚のアルミ板に、空気が触れると上昇気流が発生する。
     では、どうやって窓の「コールドドラフト」を防ぐのか。その仕組みを説明します。本体は、6mmの間隔で設置された4枚のアルミ板からなっています。このアルミ板は、中が空洞になっていて、内部に「炭素繊維ヒーター」が埋め込まれています。この繊維に電気が流れると、おだやかな熱を発します。すると、本体から上昇気流が発生して、窓際に「暖気カーテン」を作ります。これにより、前述のコールドドラフトを防ぎ、足元に流れ込んでくる冷気を遮断してくれます。
     電気代は、1日8時間使ってもわずか19円ほど。本体の表面温度は、55〜60℃くらいまでしか上がらないので、カーテンが直接触れても発火したり、小さなお子さんがほんのちょっと触れてもヤケドする心配もありません。
     「弊社が行ったテストでは、ウィンドーラジエーターを使った場合とそうでない場合は、足元の体感温度が2℃アップすることがわかりました。足元が寒くなくなれば、エアコンの設定温度をむやみに上げなくても暖かさを感じられるので、電気代の節約にもつながります」(土肥明人さん)
    【窓ガラスの結露対策としても効果を発揮】
    できるだけ窓際によせて設置するとより効果が高い。長さ調節できる伸縮タイプと固定タイプをご用意。
    できるだけ窓際によせて設置するとより効果が高い。長さ調節できる伸縮タイプと固定タイプをご用意。
    通電時は、本体の側面のLEDライトがオレンジ色に輝くので、消し忘れも防げる。
    通電時は、本体の側面のLEDライトがオレンジ色に輝くので、消し忘れも防げる。
     もしかすると、窓の冷気以上に深刻かもしれないのが、窓ガラスの結露。ひどい場合には、サッシや床まで水滴でびしょびしょになってしまうことも。そんな悩ましい結露の軽減にも、ウィンドーラジエーターは役立ちます。結露は、外気で冷やされたガラスに部屋の暖かい、湿った空気が触れると生じますが、本器を設置すると、窓際の極端な温度差が軽減できるので、結露しにくくなるのです。
     無駄を排したミニマムなデザインも評価したいところ。これは、温もりのあるウッドクラフトや家具のデザインで知られる小泉誠さんによるもの。「家電というより家具を意識した」という言葉の通り、窓のサッシ付近におくと、さりげなく周囲に溶け込みます。
     これまで見過ごされていた、住まいの悩みをスマートに解決してくれるウィンドーラジエーターは、幅70〜100cmまで伸びるショートタイプと幅1200〜1900cmまで伸びるロングタイプの2種類があり、自由に長さを調整できます。さらに2009年には、60、90、120、150cmと、長さ調節はできませんがリーズナブルな固定タイプが登場しました。
     あくまで補助暖房なので、エアコンやストーブと併用しなければ本来の効果は発揮できません。とはいえ、一度使ってみると、あるとなしとでの差は歴然。冬の快適生活を支える「縁の下の力持ち」をわが家へ呼んでみませんか。
     

    facebook

    スタイルストアのfacebookページをチェック

    商品カテゴリーから探す

    ファッション
    インテリア雑貨
    家具・収納
    キッチン・食器
    ステーショナリー
    バス・ハウスキーピング
    ベビー・キッズ
    食品
    ギフト・引き出物
    こまものや七緒オンラインショップ
    • こまものや七緒オンラインショップ
    • COCOMOオリジナルカタログギフト
    • 台東ファッションザッカセレクション