金澤ジェンヌたちの新しい嗜み ~ 手紙に添える香りの芸術 

文香201603251.JPG

〜 金澤文香(かなざわふみこう)
『芸術文化』と『おもてなし』の國・金澤
この街に生まれ育った女性たち(金澤ジェンヌ)が、  
『 香りの手紙 』を送ることを、
新しい嗜み(たしなみ)としたならば、
世界はどのように変わるだろうか。

SNSで一瞬のうちに繋がる時代だからこそ、
ひとの手と手を繋げるように、
大切に届けられた手紙は、
お相手を思いやる『おもてなし』となります。

そして金澤ジェンヌは、さらにひと手間、
手紙に『香り』を添えるのです。

満開に咲き誇る桜のように、
手紙を受け取った人の手元で花ひらいた香りは、
そのひととき、心を躍らせ、夢を見る

・・・・ そして時とともに儚く自然に還ります。

儚さ(はかなさ)は、有終の美しさ
いつしか、するりと消えゆくものにさえ、
芸術性を追求し、

消して消えることのない心を届けようとするこだわり。

『クリエイター文化』と『おもてなし文化』の融合

それこそが、金澤ジェンヌが伝えてゆきたい
『 私たちの美意識 』

この街に生まれ育ち、暮らす女性たちの
ライフスタイルや、心の美意識が
この街のブランドとして、地域の印象を創造する未来。

『金澤文香‐かなざわふみこう』は、
そんな新しい世界を繋げる翼となります。



By ISHIKAWA文香project
Facebook コメント)
Twitter
comments

『小さな贅沢があふれる日常』
『一点の曇りもない上質』

小西 敦子
つくり手
小西 敦子
こにし あつこ
プロフィール
印象美プロデューサー  藩政時代から町人の暮らしの中で美意識が育まれてきた城下町・石川県金沢市から、地域の希少資源や美術工芸を活用し『 印象美なモノづくり 』をプロデュースをしています。
それは、『 使う自分が楽しく 』 『 贈られたお相手が嬉しく 』 しかも『 日本の印象が美しくなる 』 そんな作り手の想いがこもった、一点の曇りもないこだわりの作品をお届けします。

【WORDROBE公式オンラインショップ】
http://wordrobe.biz/store/