自分の仕事は、公共の利益に貢献している・・・と神に誓えるか?

霞が池2.jpg
プロフェッショナルの語源は,
『プロフェス~神に宣誓する』という意味だそうです。

中世のヨーロッパでは、
『社会の利益に貢献することを神に誓う行為』が
プロフェスであり、

『公共の利益を守るような職務に携わる人々』を
自然発生的にプロフェッションと呼ぶようになったそうです。


『自身の能力で利益を得られる人』= プロフェッショナル
のように、現代では解釈されがちですが、
本来は、社会に貢献することを神に誓う聖なる職業人が
プロフェッショナルなのですね。

その考え方に立つと、どんなに能力が高く、
利益を得られたとしても、※利己主義は、
プロフェッショナルではない。ともいえます。

『自分の仕事は、公共の利益に貢献している・・・と神に誓えるだろうか?』

クリスマス商品の企画を進めながら、
日々の節目に振り返る、一つの問いになりそうです。


※利己主義=行為の善悪や正否のよりどころは
「自分自身の最大幸福」であり
(原則上は)他人に被害があってもかまわない"という考え方。
Facebook コメント)
Twitter
comments

『小さな贅沢があふれる日常』
『一点の曇りもない上質』

小西 敦子
つくり手
小西 敦子
こにし あつこ
プロフィール
印象美プロデューサー  藩政時代から町人の暮らしの中で美意識が育まれてきた城下町・石川県金沢市から、地域の希少資源や美術工芸を活用し『 印象美なモノづくり 』をプロデュースをしています。
それは、『 使う自分が楽しく 』 『 贈られたお相手が嬉しく 』 しかも『 日本の印象が美しくなる 』 そんな作り手の想いがこもった、一点の曇りもないこだわりの作品をお届けします。

【WORDROBE公式オンラインショップ】
http://wordrobe.biz/store/