今回は厳しい戦いであった・・・。



ジャパンストールミュージアム@日本橋三越本店 スペース#1 終わりました!!
由緒ただしき、歴史ある三越本店。
佇まいも、風格も他の百貨店とは全く違う。。。田舎者からみてもここは別世界と感じる。
その三越の象徴といえばライオン。
そのライオン口はいってすぐのところに出展できるなんて、思ってもいませんでした。


ドキドキ、ワクワクな気持ちで始まりましたが、今回も、よい出会い、うれしい声、などたくさん頂けました!
また多くの方に手にとって、色んな声を聞き、お求め頂けて私たちとしては感謝感謝の日々でした!





ただ、今回はいままでとは異なり、自分たちでどうすることもできない外的要因、またそれに対する柔軟性の欠如、など厳しい戦い?でした。それは、次の3つ。

厳しい その1:天候

あ~暑かった。まず厳しかったのは天候とのこと。連日の猛暑。。
そして、ライオン口入ってすぐということで、そこから熱風が~~。
館内は冷房がきいていて本来涼しいとはいえ、なんか暑い。。
連日30度超えていたので、ストールは暑ければしたがらないし、関心も薄れます。
ですので、社員さん曰く、客足はちょっと良くないかもしれません、、とのことでした。

暑い中、自撮り。テカってます♪♪


厳しい その2:売場(平置き)

経験の薄い、私たちにとっては売場にも柔軟に 対応せねばなりません。
今回イベントスペースということで、日ごろの陳列とは異なり制約が。。

それは平置き。

高級感出すにはよいのですが、ちょっと触ってみようかな、などしづらい。
ボカシなど色の移ろいや表情、立体感、そして落ち感などをウリにしている絽紗ストールにとっては その良さが伝えきれないのです。
それもあって、試行錯誤しなら色々変化していきました。(これ以上に変化しています)

フェーズ1(準備時の仮置き)


フェーズ2 すこし変えました。目立つように振袖柄を中心に。


フェーズ? ちょっとしまった感じにしてみたり。。。


フェーズ?? 少しさわやかさを出してみたり~~。最終的にはこれに近い感じで落ち着きました。

厳しい3:品揃え

秋冬もの。これが今回の販売メインです。
そして、秋が初めてシーズンということもあり、絽紗がどう受け入れられるのか?という検証もかねていました。
しか~~し、秋物求めるにはまだ暑い。かといって、夏物をいまさら買う時期でもない。
そもそも、あまり夏物をもっていかなかった。
ん~難しいシチュエーション。レベルたかっ!!
その中でも少しさわやかめに切り替えたり、売場イメージを調整しつつ、手探りでした。

そんな中の振袖柄は、ダンゼン1番人気でした!まさに繊細で可憐!
いくつになっても女性はオトメ♪なのですね。

そして、墨流し。
このナイトレインボーが人気。明るい色と墨色がマッチして、顔周りを引き締めつつ明るくします!


暑いときは絽より紗ですね!!!
なでるようなやさしさが特徴の絽より、ハリがありシャキッとした立体感が特徴な紗。
季節などに応じて求めるものも違うと分かりました。
中央の藍染はこれからのオリンピックに向けて注目!!外国人のギフトにもでましたよ。
左右の墨流しは、色数を抑えたシンプルタイプ。特に右のゼブラモチーフの墨流しは、斬新で、使いやすく、完売。



まぁこういう想定外(十分想定できたことでしょうけど・・・)のことに臨機応変に対応していくのがプロですよね。
今回は百戦錬磨の販売員の方からアドバイスいただき、売場構成や商品構成を逐次変更したりとか、なんとかやりくりしました。
あ~私ひとりだったら、そうはできなかっただろうな。

あと、もっと涼しかったらな~~、そうしたらもっと多くの方に見て頂けたのかな~、とか思ったりもしますが、
今回の中で多くの方に出会い、お求めいただけた方には大変感謝ですし、長いお付き合いができればいいな~と思っています。
人間、欲をだすと良い事ないので。笑

とにかく、日々、勉強ですね、周りの方に助けられた経験を次に活かしたいと思います!
でも、秋物の検証がまったくできていないぞ、どうする??笑

 ───・───・───・───・───・───・───・───
白生地に、みらいをのせて。
株式会社 横正機業場(YOKOSHO)
URL : http://yokosho.co.jp
Facebook:https://www.facebook.com/yokosho.gosen
お問合せはこちら

オリジナル絹ストールブランド「絽紗 (ROSHA)」
URL : http://rosha.jp
Facebook:https://www.facebook.com/rosha.gosen/
───・───・───・───・───・───・───・───
Facebook コメント)
Twitter
comments

全国三大白生地産地として栄える五泉。良質な絹糸を丹念に操って織り上げる絹織物。200年余の間、大切に培われてきた五泉の伝統産業です。水清らかな繊維のまち五泉に伝わる『伝統の技術』と『織りの心』でお客様に感動の華を咲かせる白生地をつくります。
取扱:紗、絽、羽二重、塩瀬、綸子、襟、等

Web : http://yokosho.co.jp

横野 弘征
つくり手
横野 弘征
よこの ひろゆき
プロフィール
㈱横正機業場(YOKOSHO)専務取締役。新潟県五泉市で絹織物白生地製造を行っています。2013年に36歳でシステムエンジニアから兄と共に家業を継承するため転職。『伝統継承と革新への挑戦』がテーマ。製品(素材)の素晴らしさはもちろん、「100年企業」として培ってきた歴史を支えた職人さんこそが最大の商品として魅力を発信していきます。経済産業省認定 ITストラテジスト取得。